31日間無料トライアル実施中!


『絶対零度』2話感想と3話あらすじ!突き落としたのは誰?桜木のノートになぜ井沢が?

先週より始まった『絶対零度』の新シリーズ!

前シリーズファンだけでなく、今回から見始めても、楽しめます。

特に、本田翼のアクションに対しても、注目が集まっています。

Sponsored Links

『絶対零度』1話のおさらい

進化したAIの解析によりこれから事件を起こしそうな人物を

特定することが出来る『未然捜査班』略して『ミハン』に

山内が異動を命じられた。

そこには公安のエリートと呼ばれていて井沢もいた。

テストケースの中から選べれた人物は、

AIの予想通り犯罪を起こしていた。

当初はミハンの捜査に非協力的だった山内だったが、

実際に犯罪を起こしていたということもあり、

徐々に捜査に加わるようになる。

山内の異動後、初めてのテストケースの

犯人確保を終えると、そこに山内の元バディの

桜木がベトナムで殺害されたと報告があった。

Sponsored Links

『絶対零度』2話のあらすじ

桜木はベトナムで何者かに追われており、

その後捕えられ、焼死していた。

ベトナムで桜木が殺された事を元バディの

山内に伝えた東堂は山内を心配する。

桜木の死は、ミハンの他の刑事にも伝えられた。

今回AIが挙げた犯罪のある可能性のある人物は

有名料理店の料理長を務める藤井だった。

彼女は海外から毒殺に使われる油を

取り寄せており、さらには遺言状を作成し、

死を覚悟している様子があるため捜査線上に挙がったのだ。

井沢と小田切が藤井の勤め先に潜入捜査に。

山内が藤井の自宅へ行くと、過去にあった

女子高生殺害事件の犯人である津田に関する

資料があった。

調べていくと、藤井の勤め先に、津田の

起こした事件の被害者がいたことが判明。

そして藤井は津田の居場所を突き止め

接触し、殺せるタイミングがあったにも

関わらず殺さなかった。

そして過去の記録を探っていくと、

津田の被害者だった七海は

藤井の実の娘だったのだ!

捜査の途中で、ふとした時に桜木のことを

思い出しいつもと様子の違う山内を、

ミハンのメンバーは心配していた。

先日の津田との接触の際、藤井が

ボイスレコーダーで津田の声を

録音していたことが分かる。

また接触した際に、七海を殺害した事を

聞いたが津田は殺害を否認。

有力な手掛かりだった七海からの最後の

電話の音声と、津田の音声を照合したが

不一致していた事実を検察は取り扱わず、

七海の事件も津田の犯行だとしていた。

藤井は音声データを踏まえて、その事実を

突き止め、真犯人を見つけ、その後殺害を

しようとしていた。

いくつかの手掛かりを基にミハンが割り出した

七海殺害の犯人は、元最高裁総裁で、

いまは政治家として活動している小松原だった。

小松原は藤井の経営するお店への予約をとっており、

近日中に、藤井は小松原を殺害すると、ミハンは

断定した。

藤井が犯行を行うと予想していた当日、

小松原の予定が変更となり毒殺出来ないと

知った藤井は、小松原の街頭演説に現れた。

ミハンが駆けつけて藤井の犯行を止め、

藤井を説得した。

藤井が実の母親だと気付いていた七海は

最後の電話で微かに、「お母さん」と

呟いており、それを聞いた藤井は凶器を

手放した。

そして東堂が主となって、桜木の再捜査が

行われることとなり、山内は桜木の遺品に

井沢の名前が残されていたことを知った。

東堂の持っているデータに、次の犯行を

ほのめかす犯行人物として、井沢の名前があったのだ。

Sponsored Links

『絶対零度』2話の感想

今回は、実の娘を殺された母親の復讐劇でした。

ミハンの捜査に協力的になってきたと思われている

山内ですが、桜木の死を受けて、仕事に

逃げているような様子も伺えます。

しかしSNS上でも、本当に桜木が亡くなったのか

分からない、という意見も多く、今後の展開が

楽しみですね。

https://twitter.com/kiiiiiiil8/status/1018841083437109248

それにしてもエレベーターに真犯人を落とした人は誰なのでしょうね?

顔が見えなかったですよね。

調べてもわからなかったんですが、後半のキーパーソンなのかも?

多分視聴者もちょっとモヤモヤしたかもね。

でももしかしたら井沢の仲間が正義の執行みたいなことをしているとか?

Sponsored Links

『絶対零度』(ミハン)の3話あらすじ

井沢範人(沢村一樹)らは、「ミハン」システムが割り出した新たな危険人物・若槻真帆(柴田杏花)の捜査を始める。
真帆は、エリート大学として知られる私立栄明大学の学生だったが、1年前、大学近くの雑居ビルから飛び降り自殺を図り、現在も意識不明のまま入院中だった。その間、真帆の通信記録や銀行口座の出入金記録など個人データに動きはなかった。だが、先週になって真帆のスマートフォンから彼女が所属していたテニスサークルのSNSグループに「復讐してやる」というメッセージが送られたという。しかも、同じスマートフォンから大量の医療用ニトログリセリンが購入されていた。

井沢は、昏睡状態の真帆にはメッセージを送ることもニトロを買うこともできないことから、真犯人は真帆に成りすまして自殺の復讐をしようとしている可能性に言及し、小田切唯(本田翼)と田村薫(平田満)を入院先の病院へ潜入させる。そこで小田切は、真帆の父親で、プラスチック製品専門の町工場を経営する周作(遠山俊也)に接触する。

一方、山内徹(横山裕)は、大手企業の御曹司で、テニスサークルの代表を務める湯川司(佐野岳)が学生起業したカフェバーを訪れる。その店は、サークルメンバーのたまり場で、自殺未遂騒動の後、周作も訪れていた。

真帆がなぜ1年前に自殺未遂したのか。そこに今回の危険人物を見つける鍵がある――小田切は過去のトラウマから、この事件にのめりこんで行く。山内やミハンメンバーはそれを心配するのだが……。
引用元

本田翼の作品紹介についてはこちら

『絶対零度』(ミハン)の見逃し配信は?

「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第2話」期間限定無料配信中!

FODで公開されています。

もし期間が終了してしまった場合は、FODプレミアムに登録して無料期間で見ちゃいましょう。

無料期間内に解約すればお金は発生しませんのでご安心ください。

まとめ

今回は1話で話題になった、

本田翼のアクションはありませんでしたね。

しかし桜木のノートに残された井沢の名前を、

こんなに早く山内が知り、展開の早さに

驚きますね。

まだ2話ですが、そんなに早くシリーズの確信に

近付いていいのか・・・!?

そして物語中に独身である井沢が見せた

家族の写真が今後に繋がりそうです。

本田翼演じる小田切が、背後から迫られた時の

トラウマのような映像も繋がってきそうです。

意外とミハンのメンバーは過去に大きなトラウマ

を抱えているメンバーが集まっているのではないでしょうか。

来週も楽しみですね。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)