31日間無料トライアル実施中!


『散り椿』(映画)ネタバレやあらすじは?岡田と西島のアクションが激しすぎる!

映画マニア、管理人です。

イケメン二人の共演!

女性ファン必見ですよ!

そこで、「散り椿」のあらすじやネタバレ、気になる情報をご紹介していきます。

亡き妻との最期の約束を叶えるため、1人、故郷に戻った男が哀しき剣を振るう…。

監督は、過去に日本アカデミー賞最優秀撮影賞を5回受賞した経歴をもつ木村大作監督。

直木賞作家の葉室麟の名作「散り椿」(角川文庫)が、2018年9月28日に公開がスタートします!!

Sponsored Links

「散り椿」あらすじは?

享保15年。

藩の不正を訴え出たために、時の権力に負け藩を追放された男、瓜生新兵衛(岡田准一)。

追放後、連れ添い続けた妻の篠(麻生久美子)が病に倒れ、死を迎えようとした折、最期の願いを新兵衛に託す。

「藩に戻りて、榊原采女様(西島秀俊)を助けてほしい」というものだった。

新兵衛にとって采女は、かつては良き友であり良きライバルであり、また篠を巡る恋敵でもあった。

そして新兵衛の藩追放に関わる大きな因縁をもつ2人であった。

妻の最期の願いを叶えるため、新兵衛は過去の藩の不正事件の真相とその裏に隠された妻・篠の本当の気持ちを突き止めようと奔走する。

篠の妹・坂下里美(黒木華)とその弟・坂下藤吾(池松壮亮)は、戻ってきた新兵衛に戸惑いながらも、亡くなった篠を一筋に想いやる姿や、侍としての不正を正そうとする凛とした生き方にいつしか惹かれていく。

そして、ある確証を得た新兵衛は、かつての親友の采女と対峙する。

そこで過去の事件の真相や妻が遺した願いの苦しくも切なくも愛に溢れた本当の想いを知ることになっていく…。

しかし、その裏では大きな力を持ったものが新兵衛を襲おうとしていた…。

Sponsored Links

原作「散り椿」ネタバレ!感動の結末

本復した政家が正式に家督を継ぐ。

藤吾は美鈴と夫婦になり、政家の計らいにより出世。

また、生前の采女が口添えしていたこともあり、新兵衛もまた藩の剣術指南役として迎えられることとなった。

しかし…

里美がふと見ると、旅姿の新兵衛が椿を見入って立ち尽くしている。

「新兵衛殿、そのお姿は何故でございましょうか」

「また旅に出ようと思うたまででござる」

「なぜにございますか」

このままでは新兵衛がいなくなってしまう気がする。

里美の胸がざわついた。

「わしはすでに散った椿だ。残る椿は藤吾だけでよい。藩の行く末にかけた采女の想いは、藤吾が引き継いでくれるであろう」

歩き出す新兵衛にすがるように、里美が声をかけた。

「藤吾は新兵衛殿を父親のように慕っております。それに、お慕い申しているのは、藤吾だけではございませぬ。

わたくしの胸の中には姉がおります。姉が新兵衛殿にここに留まっていただきたい、と申しております」

里美は溢れそうになる想いを始めて口にした。

新兵衛と共に生きたい、それがいまの里美の願いだった。

「里美殿の言われることは、よくわかる。国許に戻ってから、里美殿が篠に見えたことが度々あったゆえな」

「ならば…」

新兵衛は微笑したままゆっくりと首を横に振る。

「だからこそ、でて行かねばならんのだ」

言い終えるや踵を返した。

妻へ殉じる想いをひたすらに守ろうとしている新兵衛の背中に迷いは感じられなかった。

「また椿の花が見たいとお思いにはなられませぬか」

「いずれ、そのような日がくるかもしれぬな」

「この屋敷でその日が来るのをお待ちいたしております」

新兵衛はなにも答えず、裏木戸から出ていった。

里美は後を追えず、袖で顔をおおって立ち尽くした。

しばらくのあと、はっとした里美が裏木戸から外へ出て新兵衛の姿を捜すが、どこにも人影は見当たらない。

秋の日に照らされた、目に鮮やかな紅葉が道に影を落とすばかりであった…。

Sponsored Links

「散り椿」キャストは?

今回、かなり豪華な俳優陣が出演されています。

なんといっても主演が岡田准一となると面白くなりそうなのは誰もが予感するところだと思います。

瓜生新兵衛/岡田准一

一刀流平山道場「四天王」の1人。

道場仲間采女の父、榊原平蔵の不正を訴え、藩を追放され、妻・篠と共に8年の流浪の旅の末、妻を亡くし最期の願いを果たすため藩に戻ることになる。

岡田准一さんは、百田尚樹さん原作の「永遠の0」で主演を務め、2014年度日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。

同じく主演を務めた「海賊と呼ばれた男」においても日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しており、アイドルでありながらも彼の演技力は非常に高く評価されています。

榊原采女/西島秀俊

一刀流平山道場「四天王」の1人。

思慮深く、文武両道を絵に書いたような男。

父が不正に関わり殺されたことで、1度は藩から冷遇されるが、持ち前の明晰さで藩主の使用人として頭角を表す。

西島秀俊さんは、黒沢清監督の「ニンゲン合格」、北野武監督の「Dolls(ドールズ)」など10作品以上に出演しており、日本映画には欠かせない存在となった。

一方、「リアル・クローズ」や「ジェネラル・ルージュの凱旋」などテレビドラマでも幅広く活躍している俳優さんです。

坂下里美/黒木華

新兵衛の妻・篠の妹で、源之進の死後は弟の藤吾と2人暮らし。

黒木華さんは、三浦しをんさん原作の小説を映画化した「船を編む」に出演し、新人女優賞を受賞した事をきっかけにブレイクした女優さん。

2016年には、岩井俊二監督による「リップヴァンウィンクルの花嫁」で主演を務め、現在もっとも人気のある実力派女優のお1人です。

坂下藤吾/池松壮亮

不正の責を負わされた源之進の切腹により、減封され、坂下家再興のため出世を目指すが、瓜生新兵衛が現れたことで歯車が狂っていく。

池松壮亮さんは、トム・クルーズ主演「ラストサムライ」で映画デビューを果たし、三浦大輔監督作「愛の渦」で注目を浴びました。

その後、「MOZU」や「海を感じる時」「セトウツミ」などでその高い演技力を見せ、今や映画・ドラマに問わず引っ張りだこの若手俳優さんです。

https://twitter.com/SskIkmt_Info/status/947364832352681984?ref_src=twcamp%5Eshare%7Ctwsrc%5Em5%7Ctwgr%5Eemail%7Ctwcon%5E7046%7Ctwterm%5E1

Sponsored Links

岡田准一と西島秀俊のアクションが激しい?

岡田准一さんが出演する時代劇映画は5作目となります。

時代劇での本格的なアクションシーンのある作品は少なかったようですが、今回は確かな腕前で相手に怪我を負わせ、命までは取らずに勝利し続けるという人情深いサムライ役。

追ってと激しく戦うシーンや藩の道場で真剣勝負をしたり、西島秀俊さんと刀を交えるシーンもあるようです。

この「散り椿」での殺陣の稽古で3カ月の期間を費やしたそうです。

西島さんは、「殺陣の稽古でお会いした時、まさに侍のようなたたずまいですごみがあり、とても心強い存在だと思いました」と話しています。

このお2人の斬り合うアクションシーンは、とても貴重なものになりそうですね。

お2人の有志を見るのが今から楽しみです!

まとめ

藩の内政の裏に潜む政争、1人の女性を巡る男たちの思惑、そしてその女性の真の願い。

それらを物語の軸としながら、さらに登場人物それぞれが物語に彩りを添えて奥行きのある内容の濃く詰まった小説「散り椿」。

ネタバレ感動の結末を読んだら、何が起こったのか内容が気になる…

という人はぜひ、映画化「散り椿」を見てみてください。

というか気にならない方はいるのでしょうか?

新兵衛が岡田准一さん、采女が西島秀俊さんで、しかも監督があの木村大作さんということもあり、間違いなく素晴らしい作品になるんじゃないかと思っています!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)