31日間無料トライアル実施中!


『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ』ネタバレや感想!日本公開日も

「3億円の金塊を奪い取れ!!」フランス映画界の至宝、リュック・ベッソン原案!

ど派手なアクション・アドベンチャーがついに日本上陸。

『ファイナル・デッドブリッジ』『イントゥ・ザ・ストーム』のスティーブン・クォーレが監督。

ど派手で楽しい映画との評判ですので今から楽しみですね。

Sponsored Links

『ネイビー・シールズ ナチスの金塊を強奪せよ!』どんな映画?

1995年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争下のサラエボ。

危険な任務に就くネイビー・シールズのならずものチームがひとつの情報を手に入れる。

重さ27トン、時価3億ドルに及ぶナチスの金塊が敵陣にある湖に沈められている。

5人のメンバーのうちの一人が困窮する避難民と恋に落ちたことを機にこの金塊を手に入れて避難民たちを助けることを思い立つ。

予測不可能な5人が計画したこの金塊の奪還計画は敵陣のど真ん中を突破し8時間で戻ってくるというはちゃめちゃなものだった。

ところでネイビー・シールズって何?

そのままのネーミングの映画

これも主役はネイビー・シールズ。

話題になりましたねぇ。

この前はゾンビとも戦っていました。

yさん(@ykn0498)がシェアした投稿

映画の中でよく聞く単語。ネイビー・シールズ何となくは知ってるけれど、よく考えるとどんな組織?ということで調べてみました。

Navy SEALs アメリカ海軍の特殊部隊 1962年、ベトナム戦争の際に発足。

2つの特殊戦グループ、8つのチームに分かれて編成されている。

SEALsという名称は、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)の頭文字をとったもので、個々のチームはSEAL(シール)。

複数チームでシールズと【s】が付く。

陸海空問わず行動を行える。

その任務は、非正規戦、心理作戦、沿岸部での偵察活動、敵地での特殊作戦の策定及び遂行のための情報活動、対反乱作戦などと多様で、高度な訓練をされ作戦遂行能力が高いといわれています。

また入隊資格が甘く試験が厳しいということでも知られています。

訓練風景

厳しい訓練を経た精鋭です。

Sponsored Links

主演とキャスト スタッフは?

主演を務めるのはサリバン・ステイプルトン。

1977年生まれ、オーストラリア出身の俳優。

国内で地道な俳優活動を続けていましたが、2010年に出演した『アニマル・キングダム』で国際的に評価され、『L.A. ギャング ストーリー』や『殺し屋チャーリーと6人の悪党』などに出演。

代表作は『300 スリーハンドレッド 帝国の進撃』での主役テミストクレス。

イケメンですね。

他のキャストはこちら

チャーリー・ビューリー

イギリス人俳優。代表作は『トワイライトシリーズ』のヴァンパイア、ディミトリ―。

ツイッターからはトッテナムの熱烈なファンであることが伺えます。

独特の目力が印象的。

シルビア・フークス

聞き覚えがない名前な気がしましたが、『鑑定士と謎の依頼人』の謎の美女クレア役やただいま絶賛公開中の『ブレードランナー2049』でレプリカント役のラブなど最近頭角を現しています。

元モデルでオランダ人なのですごく綺麗です。

彼女に頼まれれば金塊目指して敵陣突破もうなづけます。

J・Kシモンズ

あのセッションの鬼が今度は主人公たちの上司役に!

セッションでのアカデミー助演男優賞受賞以来出演が増えている気がします。

Sponsored Links

公式サイトとトレーラー

公式サイトはこちら

サイト

今の所、トレーラーしか情報がないのですが、まさしく陸海空を縦横無尽に暴れまわる姿が確認できます。

キャラクター別けもしっかりしていて魅力的な印象です。

ヒット次第ではシリーズ化もあるかもしれませんね。

Sponsored Links

海外の評価

アメリカの老舗映画サイトIMDBでの評価は5.6と普通。

ですが評価の内容を見てみると7~8点つけている人と、3点くらいの人が半分半分という印象です。

好きな人にははまり、ダメな人にはダメな映画ということですね。

褒めている人は会話が軽妙で面白い、ダメな人はアクションシーンがそれほど良いとはいえない。

と語っているようですね。

リンク先

そういえばこんな映画も!

兵士が金塊を探しにいくといえば『スリー・キングス』

イラク戦争終結時にひょんなことからイラクの隠し財産のありかを知った兵士たちの冒険映画。

ジョージ・クルーニーが日本に知られるきっかけとなった作品です。

公開時期も真冬でしたし、お金を難民に渡す流れも同じ。

もしかしたら原案だったりして?

因みに相手役はまだまだ売れる前のマーク・ウォルバーグ。

兵士たちの友情といえば『ワイルド・ギース』

古い映画ですのでアクションとかはちょっと・・・なんですが、兵士たちの熱い友情といえばこの作品。

様々な分野のプロフェッショナルな傭兵たちが依頼をうけて要人救出作戦に向かうというもの。

ラストに隠し財産を発見するくだりもあります。

1978年のイギリス映画ですが、それ以降の戦争映画に多くの影響を与えた名作です。

公開日とまとめ

さて、『ネイビー・シールズ ナチスの金塊を強奪せよ!』は1月12日から全国公開。

個人的には好きそうな映画ですし、配役された役者がけっこう期待のできるメンバーですので楽しみです。

なにより愛する女性のために無茶する兵士という設定は気持ちがいいと思います。

公開までもう少し待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)