31日間無料トライアル実施中!


『天 天和通りの快男児』(ドラマ)ネタバレやあらすじは?アカギ役のキャストや主題歌は?

今回紹介するのは、秋からテレビ東京などで放送されるテレビドラマ『天 天和通りの快男児』です。

原作は『賭博黙示録カイジ』で有名な福本伸行さんの同名漫画で、麻雀をテーマとした作品になっています。

主演は数々のドラマや映画作品に出演されている岸谷五朗さんです。

そんな『天 天和通りの快男児』のあらすじやネタバレ、キャストについて紹介していこうと思います。

Sponsored Links

『天 天和通りの快男児』ってどんなドラマ?

原作は、1989年から2002年まで連載されていた、福本伸行さんの同名漫画作品です。

同じく福本さん著の漫画作品『アカギ ~闇に降り立った天才~』と福本さんが原作などの協力をした作品『HERO -逆境の闘牌-』は、今作から派生した作品となっているそうです。

今作をドラマ化するにあたって、2017年に放送された福本さん原作の初ドラマ化作品『銀と金』の制作スタッフが再集結したそうです。

監督は、ライブやPVなどの演出を手掛ける二宮崇さんなどが務めます。

『天 天和通りの快男児』の主題歌は?

現時点では、主題歌や主題歌を務めるアーティストなどの情報が公開されていません。

ですが、今作では福本さん原作のテレビドラマ『銀と金』の制作スタッフが再集結したということで、『銀と金』で主題歌を担当したアーティストが再起用される可能性もあるのではないかと思われます。

『銀と金』の主題歌はamazarashiの「ヒーロー」でした。

ですので、amazarashiの新曲が『天 天和通りの快男児』の主題歌になることもあるかもしれません。

Sponsored Links

『天 天和通りの快男児』のあらすじは?

あらすじについて簡単に紹介していきます。

麻雀の「理」に対して深い造詣を抱き、雀荘で素人相手に荒稼ぎをしていた井川ひろゆきは、ある日、麻雀の請負業(=代打ち)を営む天貴史と出会う。無類の勝負強さを誇る天に憧れ、麻雀の世界に没入していくひろゆき。やがて2人は、神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげる、関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らと出会い、日本の裏麻雀界の頂点を決める戦いに挑んでいく。引用元

『天 天和通りの快男児』は麻雀がテーマとなっているのですが、至って普通の麻雀ではなく、「裏」麻雀を取り扱っています。

今作は、理詰めで麻雀を打っていた井川ひろゆきが、天貴史と出会ったところから物語が始まります。

そんな2人が裏麻雀を極めていく中で、同じく福本さんの漫画作品『アカギ ~闇に降り立った天才~』の主人公である赤木しげるや、関西の最強の打ち手である原田克美などと出会い、成長していくといったストーリーのようです。

『天 天和通りの快男児』のネタバレ!

原作漫画作品『天 天和通りの快男児』のネタバレについて、簡単に紹介していこうと思います。

原作は、1~3巻までと東西戦編と通夜編に分けることができます。

1~3巻までは井川ひろゆきと天貴史が出会い、赤木しげるとの戦いまでが描かれています。

3~15巻の中で描かれている東西戦編は、浪人生であった井川が大学生になり、東と西に分かれて行われる裏麻雀の「東西戦」に参加するストーリーです。

16~18巻の中で描かれている通夜編は、東西戦から9年後、サラリーマンになった井川に赤木の通夜の連絡が入ったことから物語が展開していきます。

通夜編は麻雀漫画であるにも関わらず、麻雀について描かれていないことで有名です。

また、安楽死問題についても触れられており、ファンの中でも話題になった章です。

Sponsored Links

『天 天和通りの快男児』のキャストは?

公式に発表されているのは、天貴史役の岸谷五朗さんのみです。

ですので、他の役については予想していこうと思います。

岸谷五朗(天貴史 役)

1964年生まれの俳優さんです。

妻は、ガールズロックバンドのプリンセスプリンセスのVo./Gt.の岸谷香さんです。

1983年に劇団スーパー・エキセントリック・シアターに入団し、俳優デビュー。

その後はテレビドラマ『恋空』や『ぼんくら』など、数々のドラマや映画作品に出演されています。

林遣都(井川ひろゆき 役)

#林遣都

A post shared by jari (@knth126) on

1990年生まれの俳優さんです。

中学3年生の頃にスカウトされ、芸能界デビュー。

映画初出演となった『バッテリー』で、第31回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞されました。

井川ひろゆきというキャラクターは、理詰めで麻雀を打つタイプということで、真面目な表情が印象的な林遣都さんが適役ではないかと思われます。

本郷奏多(赤木しげる 役)

. 🙏🏻💓❤️🌟 . #本郷奏多 #HongoKanata #KanataHongo #本乡奏多

A post shared by 本郷奏多 (@hongo_kanata_no_inudori) on

1990年生まれの俳優さんです。

幼稚園の頃からキッズモデルとして活動。

2002年に映画『リターナー』で俳優デビューを果たします。

その後『テニスの王子様』や『シネマの天使』などの映画作品に出演されています。

本郷奏多さんは『アカギ ~闇に降り立った天才~』のテレビドラマ作品に赤木しげる役として出演されていました。

ですので、今回も赤木しげるは本郷奏多さんが演じるのではないかと予想しました。

Sponsored Links

まとめ

今回は秋から放送開始のテレビドラマ『天 天和通りの快男児』について紹介しました。

福本伸行さんの漫画作品の中で隠れた名作と言われている『天 天和通りの快男児』の映像化ということで、見逃せない作品となっているのではないかと思われます。

原作の、どの章が描かれているのかも見どころです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)