31日間無料トライアル実施中!


『羊と鋼の森』ネタバレと感想!あらすじや上白石姉妹の初共演作が話題に!

映画マニア、管理人です。

本屋大賞に選ばれる作品はたいてい映画化されますが、この作品もですね。

2016年の「本屋大賞」受賞作、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』が映画化し、2018年6月8日に全国公開されます。

2016年の出版業界は話題作が多く、『火花』や『君の膵臓をたべたい』など、いずれも映像化された小説はこの年に出版されています。

今作『羊と鋼の森』はそれらを抑えて「本屋大賞」を受賞しており、読者のみならず書店員からも熱く支持されたことが伺えます。

主演を現在大注目の俳優・山崎賢人さんが務め、作中に出てくる双子のピアニストを上白石萌音さん・萌歌さんの姉妹が演じることも話題になっていますね。

そこで、今回は映画『羊と鋼の森』についてネタバレやあらすじ、キャストもご紹介します。

Sponsored Links

映画『羊と鋼の森』あらすじ

主人公は、北海道の山村で育った外村(とむら)直樹という青年です。

外村が高校生のときに、先生に頼まれて案内した板鳥(いたどり)という調律師との出会いから物語は始まります。

板鳥が調律した体育館のピアノの音は、外村が育った山村の「森」の匂いがしました。

そんな不思議な感動を覚えた外村は、高校卒業後に調律師の専門学校に通い、その後、調律師として板鳥が所属している楽器店に就職します。

突然ですが、皆さんはピアノが音を鳴らす仕組みを知っていますか?

ピアノの鍵盤を押すと、ピアノの内部にある、羊毛のフェルトで覆われたハンマーが、鋼(はがね)・金属の弦を叩きます。それで音が鳴るんですね。

そして、ピアノで多く使われている材質が木材です。

羊=ハンマー

鋼=弦

森=ピアノ

ということで、『羊と鋼の森』というタイトルはピアノそのもの、そしてその音を調整する調律師のことを表しているんですね。

それだけではなく、作中「森」という言葉は、様々な事柄を指し示すキーワードとしても登場します。

それは人生であったり、音楽そのものであったり、調律師としての道であったり。

主人公の外村が育った場所にも「森」があります。

「森」という言葉が、作品の中でとても重要な役割を果たしているんですね。

さて、入社したばかりの外村はまだ見習いのため、先輩調律師の柳の補助役として、調律先に着いて行くようになります。

そこで出会ったのが、ピアノを演奏する高校生の双子の姉妹でした。

姉の和音(かずね)と妹の由似(ゆに)は外見はそっくりですが、明るく弾むような音色の由仁に対し、和音は端正でつややかな音を奏でます。

妹の由似の演奏の方が周囲の評価は高いのですが、外村は和音の音を好ましいと思っていました。

その後、引き続き柳の補助につき調律師として修練を重ねるものの、外村はなかなか思うようにならない自分の腕に落ち込みます。

「調律ってどうしたらうまくできるようになるんですか」と問う外村に、板鳥は愛用のチューニングハンマー(調律に使う道具)を譲ってくれ、自分が目指す音を静かに教えてくれます。

小説家の原民喜(たみき)が残した、「明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のように確かな文体」という言葉。

それが、板鳥が理想としている音だというのです。

それを聞いて、外村はまたこつこつやっていこうと決意を新たにするのでした。

Sponsored Links

原作『羊と鋼の森』ネタバレ!

・ ・ 羊と鋼の森 ・ #山﨑賢人 #羊と鋼の森

A post shared by かな ☻ (@k.e.n.t.o.s) on

ある日突然、双子の姉妹の妹、由似(ゆに)がピアノを弾けなくなってしまいました。

普段の生活に支障はないものの、ピアノを弾く時にだけ指が動かなくなる病気です。

由似は今後ピアノの道を諦めざるをえないことになり、姉の和音(かずね)も同様に落ち込んでピアノに触れなくなってしまいました。

和音は、由似のポジティブさと華やかな演奏にジェラシーを抱きつつも、由似の演奏が誰よりも大好きで、憧れを持っていたんですね。

そんな妹が演奏できなくなると知り、誰よりも落ち込んでしまったのです。

この、自分の兄弟姉妹への葛藤は、外村も同じく出来の良い弟に対して持っており、物語の中では和音の気持ちにリンクしながら外村が少しずつそのコンプレックスを手放していく様子が描かれています。

由似に同情しつつ、外村は和音にはピアノをやめてほしくないと思っていました。

しかしその後、事態は急展開を迎えます。

和音が「ピアニストになりたい」とピアノを再度始めたのです。

その演奏は、以前にも増して素晴らしいものとなっていました。

由似のことがきっかけで、和音の中に眠っていた才能が開花したのです。

その演奏の見事さに、周囲は驚くばかり。

和音が、出来の良い妹の陰から飛び出し、自らの道を歩む決意を持ったのです。

コンプレックスを克服していく和音の姿は読者の胸を打ちます。

でも、外村は以前から和音の音が持つ素晴らしさを知っていたんですよね。

和音の変化をきっかけに、妹の由似にも新たな夢が生まれます。

「調律師になって、和音が演奏するピアノを調律したい」

演奏者と調律師。道は違っても同じ音楽という「森」の中を歩んで行く。

本作は、それぞれの人生の成長物語としても味わい深い作品なんですよね。

原作の結末は、外村の先輩調律師・柳の結婚式で、外村が調律したピアノを和音が演奏するシーンとなっています。

いつもとは違う環境の中、今まで培った技術を総動員し、自らが理想とする音と、和音に一番ふさわしい音を探して調律する外村。

そのピアノで美しい演奏を披露する和音。

迷い、もがきながらも森の中で美しさを丹念に拾い集め、これからもこの先を歩んでいこうという優しい余韻に満ちた結末です。

Sponsored Links

原作『羊と鋼の森』の感想は?

それでは、ここで原作『羊と鋼の森』のSNSでの感想を見てみましょう。

かなりの読書家さんたちに支持されているのが伝わってきました。

コメントも書評も静かで落ち着いていて、原作の雰囲気をよく表していますね。

原作『羊と鋼の森』はクラシック音楽に詳しくない方でも全く問題なく楽しめる本となっています。

また、山崎賢人さんの主演に期待する声が多かったです。

ビジュアルポスターの出来も素晴らしかったですからね。

これは期待できますよ。

女性

何もやりたいことが無かった北海道の田舎暮らしの主人公が、偶然にも学校のピアノの調律師と出会い、調律師の道を歩んでいくストーリーです。
一人前になりたい気持ちが募る一方、実力が伴わず失敗し、葛藤しながらも着実に前に進んでいく主人公の姿が印象的でした。
どんな仕事をしていても辛いことはあるけれど、めげずにひたむきに前を向いていれば、積み重ねてきたものが報われる日がくる・・そんなメッセージを感じます。
また、エンディングで流れる久石譲×辻井伸行の音楽はやはり期待を裏切らず素晴らしかったです!
欲を言えば、もっと辻井伸行さんのピアノ演奏を劇中に散りばめてほしかったなぁと思います。

<男性>

ストーリーの中で大きな役割を果たしている佐倉和音・由仁に、実際の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌がキャスティングされているのが魅力的でした。
対照的なふたりのピアニストの性格と共に、山崎賢人が演じている主人公の調律師・外村直樹を巻き込んで繰り広げる葛藤には印象深いものがありました。
姉の和音に調律を合わせていくことによって、妹の由仁がコンクールでピアノを弾けなくなってしまうシーンには胸が痛みます。
天賦の才によって姉を圧倒的し続けてきた由仁が、クライマックスで下した意外な決断には強く心を揺さぶられました。

Sponsored Links

キャストは?上白石姉妹の初共演!

https://twitter.com/__kento_y3/status/940756903914639360

ここでキャストをご紹介します。

外村直樹:山崎賢人

👀

A post shared by 山﨑賢人 (@kento__yamazaki) on

主演の外村直樹を山崎賢人さんが演じます。

同世代の俳優さんの中では飛び抜けて大活躍している俳優さんですね。

2017年だけでも、映画『一週間フレンズ。』『ジョジョの奇妙な冒険 』『斉木楠雄のΨ難』『氷菓』の4本で主演を務めています。

現在はドラマ『陸王』にも出演して話題となっていますね。

上白石萌音さんとはなんと兄妹役で出演しています。

また、『orange』や『オオカミ少女と黒王子』『四月は君の嘘』などの漫画原作の実写化作品にも多く出演しており、実写化には欠かせない俳優となってきました。

ドSなイケメンから心優しい青年まで幅広い役を演じられる山崎さん。

今回の物静かな調律師の青年の役どころも楽しみですね。

佐倉和音・由似:上白石萌音・萌歌

なんと言っても今作の話題は上白石姉妹の初共演ですね。

情報が発表されるやいなや、ネット上ではものすごい話題となりました。

ピアノを弾いている左が妹の萌歌さんで、右が姉の萌音さんです。

上白石萌音・萌歌姉妹は、2人同時に2011年の東宝シンデレラオーディションを受け、萌音さんは審査員特別賞、萌歌さんはグランプリを受賞しました。

萌音さんは現在19歳で、萌歌さんは17歳です。

姉の萌音さんは2016年に大ヒットした映画『君の名は。』でヒロイン・宮水三葉の声を演じて大ブレイクしましたね。

映画『ちはやふる』でも重要なキャラクターに出演し、その演技力には定評があります。

初めて原作を読み、何度も涙が出そうになりました。匂い、音、温かみ、それらが文字から伝わってくる不思議な原作で、繰り返し読みました。
今作の和音という役、私と似ている部分がたくさんあります。姉として「しっかりしなきゃ」と思う気持ち、由仁に対してジェラシーを感じる姿など、私も妹の心の強さ、ポジティブさを羨ましく思う時があったので、役と繋がりながら演じました。姉妹として、ピアニストとしてお互いを意識して高め合える和音と由仁は、「理想の姉妹だね!」と妹とよく話しています。
引用元

妹へのジェラシーと羨望、そこから抜け出し開花していく少女の姿を見事に演じてくれるのではないでしょうか。

妹の萌歌さんは、2011年から10代前半の女の子向けファッション雑誌『ピチレモン』の専属モデルを務め、2012年にドラマ『分身』で女優としてデビューしています。

2016年に、ミュージカル『赤毛のアン』の主演・アン役を、姉の萌音さんから引き継ぎました。

現在放映されているキリン「午後の紅茶」のCMでは、スピッツの「楓」をカバーして透明な歌声を披露していますね。

一度聞いたら忘れられない声です。

台本を読んだ時、こんな詩のような台本があるのかと感動しました。また、原作の舞台である北海道で撮影したことで、肌で感じる新しい感覚がたくさんあり、すごく気持ちが入りました。
姉と初めて一緒にお芝居をしましたが、台本の読み合わせを家で一緒にできたのは面白かったですね。お互いに意見を出し合ったり、有意義な読み合わせができました。
ピアノの練習も重ねていきましたが、由仁は和音と違って跳ねるような音色を奏でるので、そのような曲のピアノの音色を聴くことで役作りをしていきました。役の中で、姉と自分のピアノを比較したり、意識したりする部分があり、そういうところは妹として実際に共感する部分がありました。連弾のシーンで、練習してきたピアノの個性を、姉とぶつけ合うのが楽しかったです。
引用元

役柄と同じく天真爛漫さが伝わってきますね。萌歌さんの演技も期待できます。

SNSでの期待度の高さといったらすごいですよ。

気持ちはとてもよくわかりますね。

早く姉妹の初共演をスクリーンで見てみたいです。

そのほかのキャストは、外村の人生を大きく変える調律師・板鳥を三浦友和さん。

先輩調律師の柳を鈴木亮平さん

外村を優しく見守る祖母を吉行和子さんが演じるなど、脇役のキャスティングも間違いがありません。

上白石姉妹のほか、佐野勇斗さんや森永悠希さんなど、フレッシュな俳優さんの演技も見どころとなっていますよ。

まとめ

今回は映画『羊と鋼の森』についてご紹介しました。

原作の素晴らしさ、キャストの話題性・演技力、どれも文句なしの話題作です。

上白石姉妹の共演は絶対見逃せませんよ。

公開は2018年6月8日です。

優しい音楽の広がる「森」をぜひスクリーンで観たいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)