31日間無料トライアル実施中!


『IT/イット』ペニーワイズ役(ピエロ)ビル・スカルスガルドの演技評価!感想も

今年最高傑作のホラー映画が誕生するかもしれません。

それは『IT/イット』という映画です。

シンプルなタイトルですがトラウマになりそうなくらいの怖さです。

そして今回紹介させて頂くのは今話題になっているホラー映画「IT/イット”それ”が見えたら終わり」に出演しているビル・スカルスガルドさんです。

不気味なピエロ役を見事に演じています。

こんな人が近づいてきたら絶対逃げますよね。

絶対会いたくない雰囲気の人です。

こんな難しそうな役を演じているのです。(動画は後半にあります。)

ビル・スカルスガルドさんは現在公開中のシャーリーズ・セロン主演の「アトミックブロンド」で主人公ロレーン(シャーリーズ・セロンを手助けする謎の諜報員メルケルとしても出演しています。

こちらの作品でのビル・スカルスガルドさんはとてもスマートで紳士な役で世間からはイケメン!と密かに話題になっています。

今作は1986年にスティーブン・キングさんが小説を発表し、「ハロウィンIII」などの監督で知られるトミー・リー・ウォーレスさんが小説を基に1990年に映像化した『IT/イット』が2017年版としてリメイクされたものです。

ジャンルとしてはホラーで不気味な雰囲気やサイコホラーなストーリーとなっていますが、ホラーの要素をなくすとどこか切ない青春映画のようなストーリーにも注目して観ていただけたらと思います。

そして今作で凶悪なピエロを演じるビル・スカルスガルドさんについてご紹介させていただきたいと思います。

Sponsored Links

『IT/イット』ペニーワイズ役(ピエロ)ビル・スカルスガルドさんはどんな人?

1990年8月9日生まれの27歳でスウェーデン・ストックホルム出身の俳優さんです。

4人兄弟の末っ子で父と兄2人も俳優をしている芸能一家です。

モデルのような整った顔立ちに192cmという高身長!

とにかく脚が長いです!

ビル・スカルスガルドさんはカメレオン俳優とも言われており役によって雰囲気、風貌などがガラッと変わり役柄で様々な演技も高い評価を得ています。

そして父であるステラン・スカルスガルドさんがすごい経歴の持ち主で、あの「パイレーツオブカリビアン」シリーズでお馴染みのウィル・ターナーの父親役ビル・ターナーを演じてます。

そして「アベンジャーズ」シリーズでも知られるエリック・セルヴィグ教授役でも出演しています!

大作に続々と出演していますね!

他にはダヴィンチコードシリーズ「天使と悪魔」やアルツハイマーの研究でサメを被験体に実験していたがサメに思わぬ知能がついてしまい次々と襲われて行く「ディープブルー」にも出演しています。

誰もが一度は聞いたことある作品ばかりです。

兄の「バトルシップ」に出演しているアレクサンダー・スカルスガルドさん(写真右)、「ウェイバック -脱出6500km-」に出演しているグスタフ・スカルスガルドさん(写真左)も俳優界で活躍されています!

もう1人のお兄さんはお医者さんです。

頭もいいし、芸能一家でタレント性は抜群ですね!


ビルさんの恋人は、スウェーデン女優さんで年上のアリダ・モーバーグさん。

合間を縫ってスウェーデンへ会いに行ったりアリダさんがビルさんに同行したりと順調のようです。

『IT/イット』ペニーワイズ役(ピエロ)ビル・スカルスガルドさんの経歴は?

10代の頃からスウェーデンの映画やTVドラマなどに出演しており2010年に公開した「シンプルシモン」では主役に抜擢。


その後もNetflixで人気のドラマ「ヘムロックグローヴ」に2013年から2015年まで出演しています。

2016年にはシリーズ化している「ダイバージェント」の3部の前編「ダイバージェントFINAL」にも出演。

今年の2017年には今作や「アトミックブロンド」にも出演しており、これからもどんな作品に出るのか、またどんな役柄として映画に出演するのか期待が高まります。

個人的にオススメの映画は上記でも紹介している2010年に公開されたビル・スカルスガルドさんが主演を務めている「シンプルシモン」ですね。

Bill skarsgård #simplesimon

Bill Skarsgård LatinoAmericaさん(@billskarsgardlatinoamerica)がシェアした投稿 –

アスペルガー症候群を抱える少年シモン(ビル・スカルスガルド)は人とのコミュニケーションを取ることが苦手で毎日同じことを同じ時間にすることを習慣づけている。

嫌なことがあるとすぐにロケット型のドラム缶に閉じこもってしまう。

そんなシモンの良き理解者である兄のサムとサムの恋人であるフリーダはシモンと一緒に住み始めるが、フリーダはシモンに嫌気がさし出て行ってしまう。

落ち込んでるサムを元気づけようとシモンはサムの「完璧な恋人」を探し始めます。

常に無表情であるものの、ある女の子との出会いで変化している自分に気付けないシモンやシモンが兄のサムを誘拐(?)しサムの好みである女の子とのデートを恋愛映画を見習い一生懸命プランニングするシモンが可愛いです。

そしてすごくロマンチック!映画の雰囲気もカラフルでポップな可愛い世界観です。

ビル・スカルスガルドさんがなんとも愛らしいキャラを演じているので気になる方は一度見てみてください。

Sponsored Links

『IT/イット』ペニーワイズ役(ピエロ)ビル・スカルスガルドさんはどんな役?

Derry’s not like any other town. @playboy declares “#ITMovie has a lot more to offer than clown nightmares.” Tickets in bio.

IT Movie 🎈さん(@itmovieofficial)がシェアした投稿 –

今作のあらすじを簡単にご紹介させていただきます。

ある日アメリカのメーン州のデリーで幼い女の子が何者かに殺害される残酷な事件が起きました。

このメーン州では過去に6人の子どもが原因不明の失踪で死亡していました。

図書館の司書として働いているマイクは今回の事件の内容から昔のある事件を思い出し急いで子供時代に仲が良かった6人に連絡を取り「あいつ(イット)が現れた」と伝える。

町をでていた6人は子供の時の恐ろしい記憶が蘇るのであった。

27年前、7人の内のビルの弟も「イット」の被害にあっており、対象は全て子供。

ビル達は行方不明になったビルの弟の探索を始めるが、次々とビルや仲間達を襲う「イット」の正体とは一体何なのか?

ビル達は「イット」を食い止められるのか?

ちなみに黄色のレインコートをきているのがビルの弟であり今回の物語の始まりとなるのです。

#pennywise #It #billskarsgård

Paulineさん(@paulinedixonrovia)がシェアした投稿 –


「イット」の正体はペニー・ワイズという凶悪な殺人ピエロです。

古来よりデリーに27年の周期で現れ、住人の子供を襲っていた。

相手が恐怖と感じる物の姿に変化し、子供達の過去のトラウマであるものに変化して恐怖に怯えさせ襲うのです。

なので対象は皆弱い子供です。

今回メインの子供達である7人は学校ではいわゆる負け組のいじめられっ子集団で全員何かしらの弱点があるのです。

つまり心に何かしら弱いところがあるということです。

皆子供ながらに辛い経験が多くどこか切ないですね。

こういうところをピエロは狙っていくというのが本質です。

ネタバレになるかもしれませんが、そういう恐怖になった心をピエロは餌にしているというわけです。

そんなルーザー達が恐怖に打ち勝ちペニーワイズに立ち向かうストーリーとなっています。

@irfany19がシェアした投稿

何と言ってもペニー・ワイズ役のビル・スカルスガルドさんの演技が凄まじい迫力で前作のペニー・ワイズを超えたと高い評価もついています。

ペニー・ワイズが目が別の方向にギョロギョロ動かすシーンがあるのですが、監督はCGを使って演出するつもりだったのですが、ビルさんは「それなら僕出来るよ!」と実際にやってのけたそうです!

凄いですね…。

今作は幼少期の物語が中心となっており、大人パートの続編が2019年に決定しているとのことです。

子役達のオフショットが仲睦まじく可愛らしいですね。

Sponsored Links

「IT/イット”それ”が見えたら終わり」でのビル・スカルスガルドのネットの演技評価は?

現在公開中のもあって「アトミックブロンド」から流れてくる人も多そうです。

しかし「アトミックブロンド」の役とは真逆のホラーなので躊躇する方もいそうですね。

すでに拝見している管理人としては映画館であれを見ると頭から離れなくなりそうです。

特に子供さんとは行かないほうが無難です。

ビル・スカルスガルドさんの美しい容姿、話題作の殺人ピエロの怪演を楽しみにしてる方も多いです!

動画であるようなシーンがたくさんありますよ。

ホラー映画なのでそういった描写もありますが、思春期特有の切なさや悲しい出来事を仲間達と支え合いながら立ち向かう健気さに泣けてくるとの声も多く上がってます。

ただのホラーではなくストーリー性も重視してほしい作品ですね。

中にはこんな悪質なイタズラをする人達もいるみたいですね…。

このイタズラの被害に合った人達の恐怖心は計り知れないですね。

ちなみにこの風船は映画中に何度か出てきますよ。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は今波に乗ってる若手俳優、ビル・スカルスガルドさんについてご紹介させて頂きました。

話題作にもたくさん出演されていますし、今作でもずっと演じたいと願っていたこの役柄を獲得した後も、演じきれるかどうかという不安はあったそうです。

ただはっきり言って申し分ない演技力だったと思います。

原作の小説を隈無く読んで、ペニー・ワイズを分析することに没頭し、ペニー・ワイズの声のトーンやペニー・ワイズの役柄に役に立ちそうな所をマークして全て書き出したそうで全身全霊を注いだと語っています。

そんなビル・スカルスガルドさんが主演を演じる「IT/”それ”が見えたら終わり」は2017年11月3日に公開されます!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)