31日間無料トライアル実施中!


『響 HIBIKI』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストの平手友梨奈やアヤカウィルソンの評価とは?

『響 HIBIKI』が2018年9月14日に劇場公開されます。

今作はマンガ大賞2017で大賞を受賞した作品『響 ~小説家になる方~』の映像化したものとなっています。

主演は欅坂46の平手友梨奈さんで、映画初出演であり初主演となる作品です。

マンガが好きな方も、アイドルが好きな方も要チェックの作品になっていると思います。

今回は映画『響 HIBIKI』のあらすじやキャストの評価など紹介していこうと思います。

Sponsored Links

『響 HIBIKI』はどんな映画?

監督は、2016年の本屋大賞で第2位を獲得した人気小説の映画化作品『君の膵臓をたべたい』で監督を務めた月川翔さん。

脚本は、映画『小野寺の弟・小野寺の姉』で原作・脚本・監督を全て務めた西田征史さんです。

原作は、柳本光晴さんのコミック作品『響 ~小説家になる方~』で、マンガ大賞2017では大賞を受賞した作品です。

また、今作の実写化の権利については映画会社やテレビ局など合計10社が争奪戦を行うほどの人気だったそうです。

Sponsored Links

『響 HIBIKI』のあらすじは?

公式サイトより、簡単にあらすじを紹介します。

スマートフォン・SNSの普及により、活字離れは急速に進み、
出版不況の文学界。

そこに現れた一人の天才少女、彼女の名は『響』。

15歳の彼女の小説は、圧倒的で絶対的な才能を感じさせるもので、
文学の世界に革命を及ぼす力を持っていた。

響は、普通じゃない。
彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。
世間の常識と慣習に囚われた、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。
響がとる行動は
過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、
様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変えていく―。引用元

新人賞の公募を行っていた文学誌「木蓮」の編集部へ、応募要項を無視した作品が届きます。

それは15歳の天才小説家であり女子高生の鮎喰響が書いた「お伽の庭」という作品で、編集者の1人である花井ふみがその作品に目を留めたことから物語が展開していきます。

文芸作品とそれに関わる人々がテーマになっている作品のようです。

中でも小説を主軸として描かれる作品はあまりないように思いますし、どのように物語が進んでいくのかが楽しみですね。

Sponsored Links

『響 HIBIKI』のキャストは?

平手友梨奈(鮎喰響 役)

#平手友梨奈

A post shared by k46 techi only (@k46_techi_only) on

2001年生まれ、アイドルグループ欅坂46のメンバーです。

2016年に発売された欅坂46での1stシングル『サイレントマジョリティー』から6thシングル『ガラスを割れ!』までセンターを務めています。

今作で映画初出演ということで、注目が集まっています。

また、鮎喰響役を演じるにあたって、このようなコメントを出しています。

このオファーを頂いたときに、最初はどうしようかすごく悩みました。
でも、原作を読んで、この物語の主人公、鮎喰響という女の子にひかれてしまったのと、彼女の生き様を届けたいなと思ったので、やってみようと思いました。
それでも初めてのことばかりで、不安もあるし、役を演じるけれど、演じている人間は平手友梨奈なので、もしかしたらいろんな人を困らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりするかもしれないけれど、鮎喰響という女の子が大好きで、この子のことを伝えて、観てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいなと思っています。引用元

映画初出演ということですが、平手友梨奈さんは欅坂46のMVやバラエティー番組などで何度も演技を経験されています。

twitterではこのようなコメントが見られました。

https://twitter.com/pomm_tu/status/973528233399369728

演技力に関しては、心配がないようです。

かっこよさも可愛さも兼ね備えている平手友梨奈さんの演技に期待です。

北川景子(花井ふみ 役)

#北川景子 #keikokitagawa

A post shared by 北川景子 (@kitagawakeiko0822) on

1986年生まれの女優さんです。

夫はBREAKERZのボーカルやタレントとして活躍するDAIGOさんです。

過去には『悪夢ちゃん The 夢ovie』や『映画 謎解きはディナーのあとで』など著名な作品に多く出演されています。

また、花井ふみ役を演じるにあたって、このようなコメントを出しています。

原作を読んで、圧倒的な才能を持つ15歳の少女が文学界の大人たちを震撼させてゆく様子がとても楽しかったです。私は、花井ふみという若く情熱に溢れた編集者を演じます。天才新人作家・鮎喰響をなんとかして有名にしたい、文学界を変えたいという熱意を表現したいと思いますし、見た目も似せられるだけ似せたいと思っています。また、常識を覆すほどの圧倒的な才能とオーラ、そして何者にも囚われない天才的な、無軌道なキャラクターの響を平手さんが演じると聞き、ぴったりだと感じました。アイドルとしての絶対的な存在感が響と共通すると思います。一緒にお芝居するのがとても楽しみです。月川組にしっかり参加させて頂くのは2回目となり、今回は出演者の中でも年長になると思うので、月川組の中でも引っ張っていけると良いと思います。月川監督とは信頼関係が築けているので、コミュニケーションを取りつつ、良い撮影が出来ると思うので、今から楽しみです。引用元

見た目も似せていきたいと意気込んでいる北川景子さんですが、今までも多くの役を演じてきたこともあり、見ていて安心できる女優さんなので今回も楽しみですね。

アヤカ・ウィルソン(祖父江凛夏 役)

. Good morning🌞 missing you ❤️ .

A post shared by アヤカウィルソン Ayaka Wilson (@ayaka_0803official) on

1997年生まれのカナダ出身で、女優やタレントとして活動されています。

映画『パコと魔法の絵本』で主演を務め、歴代最年少で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞されています。

また、祖父江凛夏役を演じるにあたって、このようなコメントを出しています。

普段なかなか漫画を読まないのですが、この原作は、面白くて、ががーと読みきってしまいました。
私の演じる祖父江凛夏は、常に笑顔でなんでもできる無敵女子に見えますが、周りには見せない複雑な感情を抱えているという印象です。
自分自身、本当に不器用ですが、凛夏は自分と重なる部分もあるので、うまく表現できたらいいなと思います。
平手さんが演じる響ちゃんは見応えたっぷりだと思います。
平手さんにはまだ数回しかお会いしてないのですが、本当に可愛くて早く仲良くなりたいです!
また、年上の方に囲まれる現場が多いので、とても新鮮です。
月川監督の感性にとっても魅力を感じていたので、久しぶりの映画出演で、監督の作品に参加できることが本当に嬉しいです!
実は、ずっと学園もの、高校生役を演じたかったので、素敵な共演者に囲まれ、味のある役をいただき、原作の凛夏の様に現場でもムードメーカーになりながら撮影を楽しみ、頑張りたいと思います。引用元

念願の学園ものの高校生役ということで、非常に気合が入っているようです。

twitterではこのようなコメントが見られました。

あまり良いとは言えないような意見が多く見受けられました。

ですが、最近ではアヤカ・ウィルソンさんの演技をテレビや映画などで見れる機会が少なくなっていたので、成長した姿を見ることができるかもしれません。

アヤカ・ウィルソンさんの演技にも注目です。

Sponsored Links

まとめ

今回は『響 HIBIKI』について紹介しました。

マンガ大賞を受賞した作品の映画化ということで、期待度が非常に高いですね。

また、欅坂46の平手友梨奈さんの映画初出演、初主演ということでとても楽しみです。

映画は『響 HIBIKI』2018年9月14日公開です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)