31日間無料トライアル実施中!


『ピッチ・パーフェクト3』ネタバレやあらすじは日本公開日を予想!

映画マニア、管理人です。

管理人はアメリカの学園モノはあまり見ないのですが、ピッチパーフェクトはかなり面白いと思います。

そんなパッチパーフェクトの最新作が公開されているようです。

女子アカペラグループ「ベラーズ」の奮闘を描いて人気となった作品の第3作が全米公開となりました!

これまで以上にパワーアップしたベラーズが送る名曲の数々、今回も期待が持てそうです。

ネタバレやあらすじなどを考察してみるとともに日本公開日なども予想してみようと思います。

Sponsored Links

『ピッチ・パーフェクト』ってどんな映画?これまでのおさらい!

音楽プロデューサーになりたかったベッカは父親が音楽の道に進む条件として大学に行くことを約束し進学、その大学には名門アカペラチーム「ベラーズ」がありました。

ベラーズは前年度の大会で、大失敗をしてしまい部員不足になやんでいます。

ひょんなことから参加することになったベッカをはじめとする寄せ集め部員で今年の全国大会を戦うことになるというのが第一作目。

そのスマッシュヒットを受けて二作目が製作されました。

二作目もキャストはほぼ変わらず、ベラーズは世界大会を目指すという話になっています。

どちらの作品もヒット曲を大胆にアレンジしたアカペラでの歌唱が話題となり、サウンドトラックも人気があるのがこの作品の特徴となっています。

映画の最初のユニバーサルのロゴが流れる時のテーマソングからアカペラで表現されているのは圧巻です。

<一作目予告>

<二作目予告>

予告を見ただけでもっちょっと面白いかも?って感じませんでしたか?

ピッチパーフェクトにはそんな魅力があるのです。

Sponsored Links

『ピッチ・パーフェクト3』のあらすじは?

世界大会を制したベッカたちベラーズの面々も大学を卒業し、就職してそれぞれの道を歩んでいます。

それは期待通りの生活とは言えず、そんな時に後輩たちから同窓会に呼ばれ、かつての衣装を身にまとい、意気揚々とでかけていきます。

しかし、自分たちの出番はなく後輩たちの輝かしいパフォーマンスを見せつけられるのでした。

でもそれと同時に、また皆で歌いたいという気持ちがあふれてきたベラーズはスペインの米軍基地への慰問コンサートに行くことを決めたのです。

『ピッチ・パーフェクト3』日本公開日を予想!

12月22日に全米公開された『ピッチ・パーフェクト3』ですが現時点で、日本公開は未定となっています。

2月や3月のラインナップの中にはなりそうなので、日本でもし公開されるとしたら、4月か5月あたりが濃厚ではないでしょうか?

Sponsored Links

『ピッチ・パーフェクト』のキャストは?

前作までのキャストがほぼ続投となっています。

1~3作目までを通して中心的な存在にいるエイミーと、主人公ベッカをご紹介していきましょう。

アナ・ケンドリック/ベッカ

主人公ベッカを演じるのはアナ・ケンドリック。

「マイレージ・マイライフ」でジョージ・クルーニーについてリストラを通達する仕事に悩む役を好演したことで、アカデミー助演賞にノミネートされた実力派です。

彼女が一作目で歌ったCupsはコップを使ってリズムを刻みながら歌う姿が印象的で、それを真似た動画が世界中で作成されました。

日本でもリトル・グリー・モンスターがこの曲をカバーして歌っています。

レベル・ウィルソン/エイミー

You can't teach that talent. #PitchPerfect3

A post shared by Pitch Perfect (@pitchperfectmovie) on

この作品でコメディパートをすべて引き受けているといっても過言ではない、エイミーを演じるのはレベル・ウィルソン。

大柄な体から想像もつかないようなキレッキレのダンスとハイトーンを得意とする歌唱力で、今作も見せ場がたっぷりなピッチ・パーフェクトに欠かせないキャストです。

Sponsored Links

『ピッチ・パーフェクト3』ネタバレ感想

再結成してスペインに向かったベラーズを待っていたのは、実力派ぞろいの他の出演者たちでした。

バンド形式が多く、アカペラだけでは負けてしまうと自信を失ったベラーズの面々。

共演者の中で有力なプロデューサーであるDJに取り入ろうとするもののうまくいきません。

そのころエイミーは幼いころに生き別れた父親と再会。

昔と違い善い人になったかに思えた父親でしたが、相変わらず悪事に手を染めていました。

それを嫌ったエイミーは父親と決別。

しかしエイミーのことが忘れられない父はベラーズの面々を誘拐。

そのころDJからソロデビューの話を持ち掛けられていたベッカはベラーズの一員だからと一度はその話を断ります。

DJと話していたため難を逃れたベッカと、事態を知ったエイミーの二人はベラーズのみんながとらえられている父親のクルーザーへと乗り込むのでした。

この船での救出シーンから作品が始まるため、一体何の映画を見に来たのか?とあっけにとられて始まりました。

しかし全編通して使われている音楽が素晴らしくピッチ・パーフェクトらしさは健在の作品となっていました。
 

まとめ

今回は、2017年12月22日に全米で公開された映画『ピッチ・パーフェクト3』をご紹介しました。

海外の映画批評サイトのロッテントマトでは30%とかなり評価は低いです。

あまりいい評価を受けていないようです。

女の子たちがとてもかわいく、パワフルでそして何より耳が幸せになる歌声にあふれたこの映画。

日本公開日はまだ未定ですが、劇場で大きな音で聞きたいで作品なので劇場公開になることを祈って待ちたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)