31日間無料トライアル実施中!


『十年』(オムニバス映画)ネタバレやあらすじは?キャストや杉作花の見所・演技評価は?

最新作『万引き家族』が今年のカンヌ国際映画祭コンペティションに出品された
是枝裕和監督がプロデューサーを務める映画の芯企画が発表されました。

『誰も知らない』で柳楽優弥が最優秀男優賞を受賞、
『そして父になる』は審査員賞を受賞するなど、実績もあるので、期待が高まります。

是枝監督は監督業はもちろんプロデューサーとして伊勢谷友介の『カクト』
西川美和監督の『蛇イチゴ』『ゆれる』、砂田麻美監督の『エンディングノート』などを
プロデュースしている実績もあります。

Sponsored Links

映画『十年 Ten Years Japan』の見どころは?

オリジナルは香港で社会現象になったオムニバス映画香港映画『十年



www.tenyears-movie.com/ 
オリジナルの『十年』は映画が制作された2015年から10年後の近未来の香港を描いた5つのショートストーリからなるオムニバス映画です。

返還20年を迎えた香港の今と未來・不安と希望が描かれた作品で、香港ではわずか一館からの公開ながら、じわじわと映画のすそ野が拡がり社会現象となった作品でした。

日本版『十年 Ten Years Japan』プロデューサーは『万引き家族』が公開待機中の是枝裕和監督

オリジナルの持つ社会的・政治的な挑戦性に強く惹かれた是枝監督がこのプロジェクトに手を挙げました。

この辺りはもともとドキュメンタリー畑出身の是枝監督らしいですね。

また、オリジナルと同じようにオムニバス映画形式ですが、これは若手映画人に映画を創る場所を提供するという意味もあります。

是枝監督は「若手に作る場所をどういう場所を提供するのかということを考えた時、日本は金銭的にも全く足りていないですし、(中略)まずはそういった精神的な面での支援はできるのではと考えています」と語っています。

オムニバス映画といえば話題を呼んだ『クソ野郎と美しき世界』もありましたね。

映画『十年 タイ』(仮)『十年 台湾』(仮)も決定

今作は国際共同プロジェクト「十年 Ten Years International Project」の第一弾でこの後も『十年 タイ』(仮)『十年 台湾』(仮)の制作も決定しました。
タイ版には『プンミおじさんの森』でカンヌ映画祭最高賞パルムドールを受賞したアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の参加が決まっています。
タイ版、台湾版も楽しみですね。

Sponsored Links

映画『十年 Ten Years Japan』のメインキャストは?

杉咲花

あれ? 今週一本目? もう金曜日だぞ‼#無限の住人 #映画無限の住人

A post shared by Ken_tarou Muramatsu (@kentaroumuramatsu_osonerampo) on

『湯を沸かすほどの愛』『無限の住人』に続き、目下ドラマ『花のち晴れ』で主演中、映画『BLEACH』『パーフェクトワールド』も待機中で、子役的・脇役的立ち位置の美少女から一気に主役級のヒロインにジャンプアップ中です。

大賀

『ゆとりですがなにか』のゆとりモンスターでブレイクして、ディーンフジオカとの共演作『海を翔ける』も公開待機中の若手演技派の一人。

第69回カンヌ映画祭ある視点部門審査員賞を受賞した『淵に立つ』などの深田晃司監督組の常連俳優でもあって若手ながらもキャリアが豊富です。

池脇千鶴

映画『ジョゼと虎と魚たち』で映画女優として確固たるポジションを獲得、是枝裕和の『万引き家族』にも出演、稲垣吾郎×長谷川博己の『半世界』にも出演が決まっています。

半世界の場面写真解禁✨ おぉ😍炭焼き吾郎さま~✨渋~い💕 長谷川さんとの共演、個人的に熱望してたから楽しみやわ~🎶👍✨ (つか炭焼き吾郎って、なんか珈琲みたい💦 炭焼き職人ね、炭焼き珈琲職人ではありません(笑)❗) 半世界、公開日、、、2019年❗❗❗ 勝手に今秋ぐらいだと思ってたのに、まさかの来年ですかっ💦💦💦 ガビチョス😱→久々言うたw もしかしたらクソ野郎第2弾公開の方が早いんじ ゃねw 吾郎さん風に言うと「もうちょっと、待っててね」ってことかwww また、キノフィルムズさんってのがうれしいね😂 来年まで大人しくまちましょ🍀 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆ 『半世界』 2019年に全国公開 監督・脚本:阪本順治 出演: 稲垣吾郎 長谷川博己 池脇千鶴 渋川清彦 小野武彦 石橋蓮司 配給:キノフィルムズ #稲垣吾郎 #半世界 #映画 #阪本順治監督 #長谷川博己 #池脇千鶴 #渋川清彦 #小野武彦 #石橋蓮司 #キノフィルムズ #culen #新しい地図 #SMAP #2019年公開 #もうちょっと待っててね #ななにー #ゴローの日

A post shared by 草山 (@ksym24405_6smile) on

國村隼

韓国映画『哭声コクソン』の演技で韓国でも激賞された日本映画を支えるベテラン。

こないだ観たDVD #哭声 #コクソン 韓国のホラー?!オカルト?! — 平和なある村にやってきた、得体の知れないよそ者の男。男が何の目的でこの村に来たのかは誰も知らない。村じゅうに男に関する噂が広がる中、村人が自身の家族を虐殺する事件が多発する。殺人を犯した村人に共通していたのが、湿疹でただれた肌に、濁った眼をして、言葉を発することもできない状態で現場にいることだった。この事件を担当する村の警官ジョングは、自分の娘に殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。娘を救うためにジョングがよそ者を追い詰めるが、ジョングの行動により村は混乱の渦が巻き起こってしまう。(映画.com) — 私には合いませんでした😅 呪術とキリスト教を まぜまぜ。人々の心を試す悪魔と天使。 日本人を悪魔とする反日映画だの、なんだのと言う意見も多数あるようですが、私あんまり気にならないタイプなんで、その日本人を不可解にグロく演じ切った國村隼の演技の面白さに、興味があったなー。 #映画#movie#dvd鑑賞 #映画好きな人と繋がりたい #國村隼

A post shared by norinori (@nori1053) on

豪華キャスト集結の異色時代劇『パンク侍、斬られて候』も間もなく公開です。

『十年 Ten Years Japan』監督は?

『愚行録』の石川慶監督他、注目の若手木下雄介監督、津野愛監督、早川千早監督、藤村朋世監督が抜擢されました。

Sponsored Links

『十年 Ten Years Japan』の内容は?

自衛隊徴兵制が義務化された日本を舞台にした石川慶監督の『美しい国』、AI知能で道徳を刷り込まれた特殊学区の子ども達を描く木下雄介監督の『いたずら同盟』、家族の個人データをデジタル遺産として受け継いだ一家の物語となる津野愛監督の『DATA』、75歳以上の高齢者に安楽死を奨励するという未来版“姥捨て”を紡ぐ早川千早監督の『PLAN7』」、母娘が大気汚染によって地下への移住を強いられる藤村朋世監督『その空気は見えない』の5作品で構成されています。

このうち『DATE』に主演するのが杉咲花で、記憶の受け取り手を演じています。

『美しい国』の主演は太賀で、徴兵制のキャンペーンを請け負った高校代理店の社員役です。

Sponsored Links

杉咲花の魅力とこれから

杉咲花は文字通りこれからどんどん大きくなっていく可能性を秘めた女優です。

2010年代前半はやはり“子役”的・“○○の娘役”的な役どころにとどまっていましたが、
ここ数年『無限の住人』『メアリと魔女の花』『BLEACH』『パーフェクトワールド君といる奇跡』などでヒロイン側の一番手を連続で担当するようになっています。

アイドルグループやモデルから女優に転身する人たちも含めて10代後半から20代前半の若手女優は群雄割拠状態ですが、広瀬すず・土屋太鳳に続く存在になりつつあります。

あの『花より男子』のnext season『花のち晴れ』のヒロインに!


井上真央、松本潤、小栗旬。松田翔太などなど、当時の若手キャストを総動員して
2シーズンドラマの後に完結編として映画化もされた『花より男子』
そのnextseasonとして現在ドラマ放映中なのが『花のち晴れ』

このドラマでヒロインを演じることになった杉咲花ですが、“抜擢”という表現が多く使われていますが、起用は抜擢ではなく順当ではないかとも思います。!https://www.instagram.com/p/BiiFb_7hXOe/?hl=ja&tagged=杉咲花 

愛莉役のみおみこと、今田美桜ちゃんと。 漫画から本当に飛び出てきたと思うくらい、 そのもののような 愛莉にぴったりのビジュアルで、 本当に可愛いくてたまらないお方。 けれど実際のみおみは 愛莉のような毒はなく、!笑 さっぱりきっぱり、気持ち良く そしていつもたくさん笑う とても楽しいひとなのです。 今日はそんなみおみ演じる愛莉の回。 音との関係性も気になるところ。。 そして2枚目からの写真で 私と大志くんが着ているのは、 晴役の平野さんが差し入れしてくださった ドラマタイトルとKing & Princeさんのロゴが入った スタッフパーカー。 現場のみんな、 大喜びで毎日着させていただいています。 こんな風にみんなで同じものを身につけて 現場にいられるのって、 チームって感じがすごくして、嬉しいな。 愛の溢れる日々。平野さんに感謝です。 大切に着させていただきます✨🙏 ではでは今夜、是非観てくださいね。 #花のち晴れ #花晴れ

A post shared by 杉咲花 (@hanasugisaki) on

ドラマもあの道明寺司(松本潤)花沢類(小栗旬)がまさかの登場もあって話題になっていますね。 

来年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」にも出演が決まっていて、今の朝ドラ『半分、青い』のヒロイン永野芽郁などとともに一気に世代の顔になるかもしれません。

ドラマ『花のち晴れ』に揃った“共通点のある三人のヒロイン”杉咲花・飯豊まりえ・今田美桜

『花のち晴れ』のレギュラー組の杉咲花飯豊まりえ今田美桜の三人にはちょっとした共通点があります。


三人とも意外に思える下積み時代を持っているということです。杉咲花は子役を経て今のポジションにつきました。

🌹 #飯豊まりえ

A post shared by 飯豊まりえ (@iitoyo___marie) on

ティーン誌のモデルでデビューした飯豊まりえは戦隊モノのレギュラーを経て女優業を本格させました。

今田美桜は福岡ローカルアイドルタレントからキャリアスタートをさせています。

しっかりとした下地を持つこの三人の今後が楽しみですね。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)