31日間無料トライアル実施中!


『50回目のファーストキス』ネタバレや感想!あらすじや公開日は?

「50回目のファーストキスが全国公開決定!!

かつての純愛映画で、こんなに泣いて笑って感動した作品はあっただろうかと思わせてくれるほど、素敵な映画がいよいよ2018年6月1日に上映されます。

舞台は、オリジナル映画同様、ハワイのオアフ島で繰り広げられます。

ハワイというと真っ先にイメージするものは太陽、青空そして海。

爽やかで開放的なリゾート地ハワイで、一体どんなストーリーが展開するのでしょうか。

Sponsored Links

『50回目のファーストキス』ってどんな作品? 予告動画は?

この作品は、2004年公開のハリウッド映画アダム・サンドラーとドリュー・バリモアが出演した「50回目のファースト・キス」を原案とするラブストーリーです。

リメイク作品を日本を代表する二人の俳優が演じるというわけです。

最近は日本の作品をアメリカがリメイクすることが多かったように思いますが、これはこれで純愛ならこの二人と言えるでしょう。

すでに見た方の感想をいくつか。

やはり感動することは間違い無いようですね。

ネタバレ記事は公開後に更新します。

ちなみに11月末現在ではまだ予告動画は配信されていないみたいです。

Sponsored Links

『50回目のファーストキス』のあらすじは?

舞台は常夏の島ハワイです。

水族館で獣医師として働くプレイボーイのヘンリーは、ある日カフェでルーシーに出会い一目ぼれをするところから始まります。

意気投合した2人でしたが、次の日、同じカフェで再会すると、なぜか彼女は素知らぬ顔。

なんと彼女は事故の後遺症から、一晩で前日の記憶をなくしてしまう「短期記憶喪失」障害を抱えていたのです。

しかし、そのことをルーシーは知りません。彼女を支える家族たちの努力で、自分の障害に気づかず、日々を過ごしていたのです。

ヘンリーはそんな彼女に、毎日、初対面から始め、愛を告げます。

徐々にルーシーの気持ちも動き始めます。このまま進展していくかと思われた2人の関係ですがルーシーは自分がヘンリーの重荷になると思い始め、いつしか別れることを決意します。

そう、彼の夢に気づいてしまった。彼には、いつかアラスカにセイウチの生態調査をしに行くという夢があったのです。

配信された動画では、2人の出会ったカフェのシーンが映し出されます。

気取らない雰囲気のカフェで、おしゃれとは程遠い。しかし地元の人に愛され、のんびりリラックスできそうなカフェが素敵です。

日本のカフェとはまた違った雰囲気で、こんな雰囲気のカフェもいいなあ、と思いました。

さて、本作は、山田孝之と長澤まさみがダブル主演を務めます。

つまりヘンリーが山田孝之、ルーシーが長澤まさみというところでしょうか。

ハワイのオアフ島でツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしている山田(弓削大輔役)が事故の後遺症を患う長澤まさみ(藤島瑠依役)の長澤との純愛を描きます。

交通事故に遭って以来、前日に起きた記憶が一晩でリセットされてしまうという「短期記憶喪失障害」を持つ瑠依。

そんな瑠依に大輔がひと目惚れし、毎日愛を告白し続けます。

やがて、瑠依も彼の優しさと愛に触れることによって、いつしか恋に落ちます。

毎日が「初めまして」の彼女と恋に落ち、毎日ファースト・キスをする2人。

少しずつ二人の仲が進展していくと思われたのですが

瑠依はやがて、自分が愛する人の重荷になると思い、ある日別れることを決意します。

さて、原作とは背景が少し異なっておりますが、ラストはどうなるのでしょうか。

涙なしでは見られない映画になりそうですね。

しかし、コメディ作品の巨匠 福田監督がメガホンを務めているので、

涙あり、笑いありのストーリー展開になるのでしょうか。

今から、ラストがどうにも気になってしまうのですが、2人にはハッピーエンドになってほしいですね。

Sponsored Links

『50回目のファーストキス』キャストは?

キャストは代表する2りの俳優ですが、まずは監督も有名なんですよ!

福田雄一(監督)

顔がでかいですね。(笑)

栃木県出身で1968年7月12日生まれ。

「銀魂」「斉木楠雄のΨ難」が2017年ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤーに輝いたことでも有名な監督ですね。

福田監督は、自身の舞台作品を映画化した「大洗にも星はふるなり」で映画監督としてデビューを果たしました。

「笑っていいとも」「いきなり!黄金伝説」など数々のバラエティ番組の構成を手がけるなど笑いのセンスに長けた監督さんで、コメディ作品を次々に生み出し続けました。

彼は幼少期から、お笑い好きのお父さんの影響を受け、クレイジーキャッツを見て育ったそうです。

「コメディの奇才」とも称されるなど、コメディー作品で名が知られる福田雄一監督は本作品で初めてラブストーリーに挑みます。

原案に彼オリジナルの笑いの要素を盛りこんで、しかもそれが恋愛ストーリーなので、一粒で二度美味しいみたいなもの?(笑) 非常に楽しみですね。

(山田孝之)弓削大輔役

鹿児島県出身で1983年10月20日生まれ。

1999年のテレビドラマ「WATERBOYS」で初主演を務め、以来、ドラマや映画にひっぱりだこの俳優さんです。

映画デビュー作は「ドラゴンヘッド」以来、「電車男」で初主演を務め、「凶悪」「悪の教典」等、どんな役でも彼独自の演技でこなしてしまう実力派です。

役者の中でも群を抜いていると思います。

特に悪い役をさせたら日本一だと管理人は思っています。

クローズでもウシジマくんでもいい味出しています。

ワイルドで個性的な持ち味の俳優さんで、女性のみならず、男性にもファンが多いのではないでしょうか。

2010年には米ハリウッド・レポーター誌の「世界の注目俳優10人」に選ばれています!

(長澤 まさみ)藤島瑠依役

静岡県出身の1987年6月3日生まれ。

第5回(1999年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募し、35,153人の中から、史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入りしたことで有名ですね。

同年公開の『クロスファイア』で映画デビューを果たしました。

「岳」「モテキ」他、様々な映画に出演しています。

日本アカデミー賞新人俳優賞、ブルーリボン賞 助演女優賞等を受賞している、彼女もまた演技派の女優さんです。

女性から見ても、とっても可愛くてセクシーなところが魅力ですね。

またこの映画以外にもかなりの注目先品の公開が控えています。

Sponsored Links

まとめ

主演を務める2人は、2007年公開された「そのときは彼によろしく」以来10年ぶりの共演となります。

約一か月に及んでハワイロケが慣行されたようですが、陽気なハワイの雰囲気と相まってどんなストーリーが展開されるのでしょうか。

2004年公開作品「アダム・サンドラー」「ドリュー・バリモア」のオリジナル版も絶賛されましたが本作もまた楽しく、そして感動的なものとなることでしょう。

見比べるのも楽しいですね!

涙なしでは見られない映画でしょうね。

幅広い世代の人に楽しんでもらえる映画とのことで、今から公開が非常に待ち遠しいです!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)