31日間無料トライアル実施中!


『honey』ネタバレや感想!あらすじやサントラ(主題歌)はMr.Kingなの?

映画マニア、管理人です。

2017年もかなり漫画実写化が多かったですが、2018年も漫画実写化は多くなりそうですね。

今回、『honey』という映画をご紹介します。

2018年3月31日に鬼キュンロードショーが決定した『honey』。

胸キュンと通り越して鬼キュン?なラブストーリーのようです!タイトル通りはちみつのような甘い内容なのでしょうか。

『honey』のネタバレや感想など、あらすじなども調べてみます。

音楽のサントラも気になるところです。

Sponsored Links

『honey』ってどんな映画?

『honey』は目黒あむの同名漫画『honey』を実写映画化した作品です。

原作は集英社の少女マンガ雑誌「別冊マーガレット」にて2012年9月号から2015年12月号まで連載され完結しました。

単行本は全8巻となっています。

2014年の「全国書店員が選んだおすすめコミック」では7位に入賞を果たし、話題となった作品です。

https://twitter.com/honey_movie2018/status/907895680504442880

ふんわりとした可愛い絵ですね!

実写版でもこの雰囲気が表現されるといいなと思います。

監督は神徳幸冶さん。

2017年公開映画『ピーチガール』の実写映画で長編映画監督デビューした方です。

鬼キュンラブストーリー、心の準備が必要かもしれません!楽しみです!

https://twitter.com/honey_movie2018/status/910700364604751872

管理人は意外とこう見えても学園恋愛モノは結構見るんですよね。

そんな青春を過ごして来なかったから見て癒されているのかもしれません。

Sponsored Links

『honey』のあらすじやネタバレ、感想も!

鬼瀬大雅(平野紫耀)は超不良と恐れられる主人公。

なぜ恐れられているかというと、赤く染められた髪、そしてクールな鋭い視線のせい。

一方、小暮奈緒(平祐奈)は「怖い、無理」が口癖の超ビビりな女の子。

ビビりなだけあって不良は大の苦手。

奈緒は両親を幼いころに事故で亡くしており、叔父である宗ちゃんこと小暮宗介(高橋優)が親代わりとなり奈緒を育ててきました。

宗介は奈緒の両親が経営していたカフェの跡を継ぎ二人で仲良く穏やかに暮らしています。

叔父と言っても宗介はまだ若く常に奈緒を優しく見守ってくれる唯一の家族。

そんな宗介に奈緒は家族以上の想いを抱いているのです。

高校生になった奈緒は入学式の日にあろうことか喧嘩の現場に遭遇してしまいます。

それは上級生対新入生で、新入生こそ鬼瀬大雅でした。

怖いし不良は苦手な奈緒にとって絶対に関わりたくない存在なのに、教室にいる奈緒に大雅は声をかけてきます。

目を合わせることすらできない奈緒に「放課後体育館裏に来てくれ」と。

不良に呼び出されるなんて逃げ出したくなりますね。

でも逃げたら、あとで何をされるかわかりません。

奈緒はありったけの勇気を振絞り言われた通り、体育館裏へ行くのです。

大雅が近づいてきて殴られる!と身構える奈緒の前に差し出されたのは、凶器ではなく花束!!

そして「結婚を前提に付き合ってください」の言葉!!

https://twitter.com/honey_movie2018/status/924064170269483008

告白どころかプロポーズなんて想像もしていなかったことで戸惑う奈緒。

断らなきゃ、好きな人がいるからもちろん断らなきゃ。

でも断ってしまったら高校生活はどうなるの?怒らせてしまってはいけない・・・

結局ビビった奈緒は大雅の告白を受け入れてしまうのです。

「鬼瀬君が私のこと飽きて振ってくれるまで我慢しよう」そんな風に思いながら。

入学初日、クラスも違う奈緒に、なぜ大雅は告白したのでしょう?

大雅はもともと奈緒のことを知っていたのでしょうか?

注目ポイントの一つですね。
https://twitter.com/honey_movie2018/status/892924913438269440

晴れて?恋人同士となった大雅と奈緒。

それから奈緒は大雅が本当はどんな人なのか少しずつ知っていきます。

道路の車道側を歩いてくれたり、おいしいお弁当を作ってきてくれたり。

噂や見た目のせいで怖い人だと思っていたけれど、実はとても純粋で優しい人。

https://twitter.com/honey_movie2018/status/870483455448039424

こんなにも純粋に自分のことを想ってくれている人に対して、好きな人がいることを隠して付き合っているのは失礼なのではないかと奈緒の心に罪悪感が募っていくのです。

そんな日々を送る中、学校の宿泊研修で迷子になってしまった奈緒。

大雅は必死になって探し出してくれました。

自分のためにこんなに必死になってくれた大雅に奈緒は遂に打ち明けます。

「怖くて告白断れなかったけれど、本当はほかに好きな人がいる」と。

そんな奈緒に大雅は「知ってたよ。一緒にいたくて気づかない振りしてたから」と言うのです。

さらに「あらためて友達になってください」と。

なんだか切ないセリフですよね。

奈緒だけが悪いんじゃないよと言っているようにも聞こえてくる気がします。

そして二人は「友達」として新たな関係をスタートさせました。

二人の周りには、奈緒の親友かよ(水谷果穂)、大雅のクラスメイト渉(横浜流星)と雅(浅川梨奈)がいます。

https://twitter.com/honey_movie2018/status/882071681908432896

かよは大学生の彼氏、権瓦(佐野岳)を持つ大人っぽい雰囲気の女の子。

どうやら、権瓦と大雅には過去に因縁があるようで予告では奈緒が権瓦にさらわれて大雅が助けに来るシーンがありますね。

二人にある因縁とはいったいなんなのでしょう?

渉は帰国子女で気持ちとは裏腹な行動をとってしまうちょっと困った男の子。

雅は大雅・美咲のクラスに転校生としてやってきます。

クラスになかなか馴染めない雅は大雅と急接近し、雅は大雅に好意を抱いていくのです。

大雅が本当は優しくて誠実だということを知っている奈緒は、大雅に友達ができることはうれしく思います。だけど、雅が大雅に急接近していくのはモヤモヤする。

この気持ちは何?嫉妬?

大雅は友達で宗介のことが好きなはずなのに・・・。

図書館で寝てしまった奈緒に大雅がキスをするシーンや、奈緒からのLINEの返事を正座して待つなど、大雅の「好き」の気持ちが終始溢れていますね。

これは確かに鬼キュンかもしれません!

https://twitter.com/honey_movie2018/status/944474022435201027

奈緒は本当の自分の気持ちに気づき一歩踏み出すことができるのでしょうか。

大雅は雅に気持ちが向いてしまうのでしょうか。

二人は本当の恋人になれるのか!?

ピュアな初恋、楽しみです。

Sponsored Links

『honey』のキャストは?

『honey』は青春ラブストーリーということで若手の役者さんが多く出演されていますね。

主なキャラクターを演じたキャストを紹介していきたいと思います。

平野紫耀

主人公大雅を演じるのは平野紫耀。1997年生まれのアイドルです。

ジャニーズ事務所所属のアイドルで、関西ジャニーズJr.内のユニット「Mr.KING」のメンバーの一人として活躍しています。

今まで目立った俳優活動はしていませんでしたが今作『honey』で初主演を務め、2018年には同じく漫画実写映画『ういらぶ。』でも主人公を演じます。

平祐奈

ヒロイン奈緒を演じるのは平祐奈。1998年生まれの女優、タレントです。
2012年の映画『奇跡』のオーディションに家族が応募していて、そのオーディションに合格し芸能界デビューとなりました。
その後コンスタントに映画に出演。2017年には出演した8作品の映画が公開されました。主演やヒロインを演じる機会も増え、期待の若手女優です。

平裕奈さんは奈緒を演じるのに髪を30cmカットし、初めて茶色に染めて臨んだそうです。

水谷果穂

奈緒の親友かよを演じたのは水谷果穂。1997年生まれの女優、歌手です。

平裕奈さん同様に2012年に家族が応募したオーディションに合格して芸能事務所に所属しました。

それからCMやドラマに出演するようになります。

2015年に映画初出演を果たし、翌年には『バレンタインナイトメア』で主演を務めました。

さらにネット配信された短編映画『明日、アリゼの浜辺で』では主演のほかに主題歌も担当し歌手としても活躍されています。

壁と撮ったよ😊 冬休みはいかがお過ごしですか?

A post shared by 水谷果穂 (@kahomizutani_official) on

透明感のある美人さんという感じがしますね!

横浜流星

大雅の友達渉を演じたのは横浜流星。

1996年生まれの俳優、モデルです。

女性ファッション雑誌のモデルを経て2014年烈車戦隊トッキュウジャーにレギュラー出演。

それから徐々にドラマや舞台、映画に出演するようになり、2018年には主演映画が2本公開予定となっています。

https://twitter.com/honey_movie2018/status/872649586346557440

浅川梨奈

転校生雅を演じるのは浅川梨奈で1999年生まれ。

アイドルグループ「SUPER☆GiRLS」のメンバーで女優としても活動しています。

麻雀漫画の実写映画・ドラマ『咲‐Saki‐』シリーズで主要キャラクターを演じています。

その他のも『恋と嘘』『人狼ゲームマッドランド』など漫画や小説の実写映画への出演が多いですね。

https://twitter.com/SG_NANA_avex/status/882081188411621376

ツインテール可愛いです!

高橋優

奈緒の家族、宗介を演じるのは高橋優。1983年生まれのシンガーソングライター。

2010年にメジャーデビューし現在までに18枚のシングル、7枚のアルバムをリリースしています。

役者としての経験はあまりなく、映画の出演は今作が初めてです。

奈緒を優しく見守り続けてきた宗介をどのように演じるのか期待しています。

https://twitter.com/honey_movie2018/status/884880367324250113

Sponsored Links

『honey』のサントラ(主題歌)はMr.King?

『honey』はMr.KINGの平野紫耀さんが初めて主演を務める映画ということでMr.KINGが主題歌を担当するのではないかと期待もあったようですが、
主題歌は「Soner Poket」が担当すると発表がありました。
タイトルは「108~永遠~」です。この映画のために書き下ろした楽曲だそうです。

https://twitter.com/honey_movie2018/status/929515135424536576

残念ながらまだ音源が公開になっていません。
ですが、この映画のために作られた楽曲なので、こちらも鬼キュンな歌詞の素敵な主題歌になっているのではないでしょうか。

タイトルの「108」に込められている意味とは?
原作を読んだ方は、ピンと来ているのかもしれませんね!

まとめ

今回は映画『honey』について紹介しました。

平野紫耀さん初主演作なのでファンの方は今から心待ちにしていることと思います。

また原作が好きだったという方も、そうでない方もきっと鬼キュンできる作品になっているのではないかと予想しています。

この作品のためにSonerPoketが書き下ろした主題歌「108~永遠~」と合わせて楽しみたいと思います。

公開は2018年3月31日です!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)