31日間無料トライアル実施中!


『カランコエの花』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストや花言葉・タイトルの意味は?

映画「カランコエの花」は2018年7月14日から20日までの
一週間限定で「新宿K’s cinema」にて公開されます。

高校生の心の葛藤がとても繊細で、せつない映画です。

「カランコエの花」のあらすじやネタバレ、そしてキャストの紹介、
カランコエの花言葉、そのタイトルに込められた意味を紹介していきます。

Sponsored Links

「カランコエの花」ってどんな映画?

https://twitter.com/nishiharasatsuk/status/992270154959536128

ある高校2年生のクラスで、ある日いきなり「LGBTについて」の授業が行われました。

他のクラスではその授業は行われず、生徒たちに疑問がわいてきます。

「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」

何気ないその一言から、それぞれの心の中にいろいろな思いが浮かび、
日常生活にその波紋が徐々に広がっていきます。

思春期ならではの心の葛藤が、どんな結末を迎えるのか。

ネタバレ

LGBTという言葉は日本でも定着してきましたね。

「性的マイノリティ」などとも言われましたが、「LGBT」のほうが
「マイノリティ」「少数者」なんてついてないので、より意義にそってる気がします。

海外でも大きく取り上げられたり、日本でも多くのドラマや映画のテーマとなっていますが
「LGBT」の当事者ではなく、今作のように周りの目線で描かれている作品は珍しいです。

いきなり高校の授業で行われたLGBTの授業に疑問を抱く生徒、
教師は「良かれと思って」した授業だったのですが、
結局大きな問題定義を投げつけてしまうことになります。

この「良かれと思って」は、映画の中にも出てきて、
「良かれと思って」言った言葉が人を傷つけてしまうことにもなります。

また、「いないように振る舞うほうが差別」という意見も現れ
それぞれの考え方や捉え方が何度も否定されたり、共感されたりと
本当に心が何度も揺さぶられる映画になっています。

当事者目線でないからこそ、まるでドキュメンタリーのようにも感じられて、
見ている人も一緒に「ああでもない、こうでもない」と悩み始めるかもしれません。

そして、「先生の癖」「花言葉」「英語のつづり」など
様々なモチーフが伏線となり、ラストに集約されていきます。

そして最後のエンドロールで語られるナレーション、確実に胸に響きます。

きっと人にそっと勧めたくなる映画になりますよ。

Sponsored Links

「カランコエ」の花言葉とそしてタイトル意味とは

タイトルになっている「カランコエ」とは、最近流行りの多肉植物で
肉厚な葉っぱが特徴的で美しく色の花を咲かせます。
オレンジや黄色、赤、白など品種によって様々な色を楽しめますことができます。

「カランコエ」の花言葉は、「あなたを守る」です。

他にも「幸福を告げる」「たくさんの小さな思い出」などありますが、
映画のコピーが「ただあなたを守りたかった」なので、「あなたを守る」が一番ですね。

「カランコエの花」タイトルの意味は

花言葉は「あなたを守る」なのですが、
コピーにある「守りたかった」にあるように、
願いは「叶わなかった」、もしくは「叶えたかった」かもしれません。

もしかすると「たくさんの小さな思い出」も隠されたキーかもしれませんね。

鮮やかな赤い花が咲き誇る姿を映画のモチーフにされてますが
こんな風に立派な花を咲かせるには「あまり光をあてないこと」が条件だそうです。

多くの光を嫌う花なんですね。

それも、この映画のキーワードではないでしょうか。

Sponsored Links

キャスト紹介

多くのキャストが登場し、それぞれの価値観で発言し、行動を起こしていきます。

近くの高校で起こっているような雰囲気を作った、素敵なキャストを紹介していきます。

今田美桜(一ノ瀬月乃役)

: Sunday🌞 #今田美桜 #可愛い

A post shared by 今田美桜 (@mio_imada) on

1997年3月生まれの現在21才、福岡県出身の俳優さんです。

高校2年生の時に福岡でスカウトされ、福岡のローカルテレビ局で芸能界デビュー。

福岡で人気を集めている時、さらにスカウトされ、女優になりたいと上京しました。

映画デビューは2015年公開の「罪の余白」で、
それ以前には福岡県のローカルドラマ「私は父が嫌いです」に出演しています。

映画やドラマの経験を重ねながら、2017年にはグラビアデビューもはたしました。

現在は「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」に出演していて、
今作とはちがうキャラクターを見事に演じ分けています。

永瀬千裕(葛城沙奈役)

1993年5月生まれの現在25才、東京都出身の俳優さんです。

特技に「クラシックバレエ」、「ジャズダンス」、「歌」と、
まさしく舞台で活躍できそうな俳優さんですね。

2008年ミュージカル「銀河鉄道の夜~ベガ公演~」などに出演していて
テレビドラマは2011年放送の「あっこと僕らが生きた夏」、2007年「介助犬ムサシ」など。

映画も2014年公開の「百瀬、こっちを向いて」に出演しています。

仲良し4人組の一人として揺れ動く女子高生を演じています。

笠松将(新木裕也役)

1992年11月生まれの現在25才、愛知県出身の俳優さんです。

2014年公開の「生贄のジレンマ」で映画デビュー、
同じ年に「弱くても勝てます〜青志先生とへっぽこ高校球児の野望〜」でドラマデビューも。

その後も映画、ドラマともにかなり多くの出演を果たしています。
4年間で出演した映画は10作品、そしてドラマは30作品近くあります。

積極的に活動をされているので、今後も色々なところでその演技を見ることになりそうです。

Sponsored Links

「カランコエの花」まとめ

「第26回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~」でも
グランプリを受賞した「カランコエの花」は、数々のLGBTのイベントに参加しています。

同性婚をテーマにしたイベントや、映画イベントなど
その趣旨を大切に活動されているようです。

中川駿監督は、「time」「尊く厳かな死」など、
社会問題を問いかけるような作品を手がけてきました。

今回の「カランコエの花」も、なかなかスタートに立てなかった監督。

「センシティブな題材なので気軽に手をつけられない」と話をしたところ、
「その考え方がそもそも差別的だよね」と仲間から指摘を受け、なるほど、と思いました。
http://beinspiredglobal.com/

まさしく、これこそがこの映画の問いなのでしょうね。

敏感に反応して腫れ物のように扱う、それはLGBTの人も望んではいないこと。

思春期という多感な時、まだまだ浸透しきっていないLGBTに
学生たちがどうやって向き合っていくのか、
それはそのまま大人でも同じ対応、同じ問題になりえます。

繊細に揺れる高校生の心に、そっと自分の思いも乗せてみるのはいかがでしょう。

大きな問いかけに、答えが出せるかもしれませんよ。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)