31日間無料トライアル実施中!


『ママレードボーイ』ネタバレや感想も!あらすじや桜井日奈子の演技に期待!

映画マニア、管理人です。

テレビのCMで大東建託のCMありますよね。

そこで踊っているかわいい子、誰だろう?って思って調べてみると桜井日奈子ちゃんというそうです。

そんな桜井さんですが『ママレードボーイ』に出演するらしいのです。

桜井日奈子さんが出演するママレードボーイはすでに原作があるためネタバレが気になる方のためにあらすじやキャスト情報もあわせてみていってください。

Sponsored Links

『ママレード・ボーイ』あらすじ!

90年代、少女漫画誌『りぼん』で絶大な人気を誇った『ママレード・ボーイ』が20年の時を経てついに実写映画化されます。

累計1000万部を突破した吉住渉原作の大人気漫画で、子供の頃に月1回発売される『りぼん』を心待ちにしていた大人の女性も多いのではないでしょうか。

メガホンを取るのは、ここ2年の間に映画『娚の一生』『ストロボ・エッジ』『PとJK』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』ほか、いずれも超話題作を撮っている廣木隆一監督。

廣木監督の作品は、2018年に今作『ママレード・ボーイ』のほか、『伊藤くん A to E』の公開も予定されています。

主演は、現在大注目の桜井日奈子さんと吉沢亮さんが演じるとあって、ネット上でも話題となっていますね。

https://twitter.com/marmalade_movie/status/899723106046009347

それでは、まず『ママレード・ボーイ』のあらすじをご紹介しますね。

主人公は高校1年生の小石川光希(みき)。

光希はある日突然、両親から離婚を告げられます。

しかも、ただの離婚ではなく、ハワイの旅行先で知り合った松浦夫妻とパートナーを入れ替えて再婚すると言うのです。

????って思いませんか。思いますね。

それだけではなく、なんとこれから2つの家族で同じ家に住むとのこと。

とんでもない提案にもちろん光希は断固反対するのですが、幸せそうな両親の姿に折れることとなります。

そして、光希は新たな家族と生活を共にすることになりました。

新しい家族となるのは、松浦夫妻とその一人息子・遊(ゆう)。

遊は光希と同じ高校1年生で、さらに光希と同じクラスに転入してきました。

しかも、イケメンで成績優秀でスポーツ万能。

本当はとっても優しいのに、ちょっぴりキザなところや意地悪なところもある。どことなく放っておけないような陰も感じられる。

そんな男の子と同じ家に住んだら、恋に落ちないわけないじゃないですか?

作中に、『遊ってママレードに似てる。ほんとはすっごく苦いとこあるのに、みんなうわべの甘さに騙されて気づいてないの。ママレード・ボーイ!ね、ピッタリでしょ?』

と光希が言うところがあり、これがタイトルの元となっているんですね。

最近のマイブーム。#ママレードボーイ

A post shared by Naomi Ishibashi (@naomicco1204) on

光希は少しずつ遊に惹かれていきます。

それは遊も同じでした。

光希が中学生の時に片想いしていた幼馴染みや、遊の元カノの登場などもあってハラハラさせられるのですが、やがて2人は恋人同士に。

しかし、遊には今まで打ち明けたことのない秘密がありました。

それは、自分が松浦の父親の実の息子ではないということ。

祖母から父へ宛てた手紙に「前の恋人との赤ちゃんがお腹にいる女性と結婚して本当にうまくやっていけるのか」と書かれていたのです。

育ててくれた両親には感謝しているが、それを知って以来、人を信じて裏切られるのが恐くなった。

それが、遊がどこか人に壁を作っている理由だったのです。

その後、遊が考えていた相手は実の父親ではなかったことがわかるのですが、ある日、遊は衝撃的な写真を発見します。

それは両親たちの大学時代の写真で、しかもその写真にはパートナー交換した「今」のカップリングで映っているのです。

遊の母親の学生時代の恋人は、光希の父親。

つまり、遊と光希は異母兄弟ということになるのです。

この展開を初めて読んだ読者はどれだけびっくりしたんでしょうか。

韓流や昼ドラみたいな展開ですよね。

遊は光希にこの事実を告げず、一人で胸に抱えて光希に別れを告げます。

そして、大学入学と共に家を出たのです。

Sponsored Links

衝撃の結末は?

ここからはネタバレとなります。

結末を知りたくないよーという方はキャスト紹介に飛んでくださいね。

突然遊に別れを告げられた光希はパニックに。

遊が家を出て一人暮らしを始めても、光希は遊を忘れることができません。

そこで、決死の覚悟で遊に会いに行きます。

そこで、遊に「片想いはつらいけど、今のまま好きでいさせてほしい」と告げます。

光希のことが好きだからこそ家を出た遊としてはたまらない気持ちですね。

遊はついに衝撃の事実を光希に告白します。

自分たちが、異母兄弟であるということ。

光希も遊と同じく、とてつもない事実に打ちのめされるのですが、やがて2人は固く決心をします。

お互いを好きな気持ちは変わらない。

どんなことがあっても構わないから「結婚しよう」と。

東京に戻った光希と遊は、両親たちにそのことを告げます。

そこで、新たな衝撃の真実が。

学生時代、「今」のパートナー同士で恋人だったのは事実だけれど、それぞれが悲しいすれ違いで別れ、最初の結婚をしたということ。

そして、結婚する前にお腹に宿った遊の母親と光希の父親との子供は、流産してしまったこと。

だから、遊は正真正銘、松浦夫妻の子供だったのです。

光希と遊の間に血の繋がりはない。

付き合ったり結婚することに何の支障もないことがわかり、2人の悲壮な覚悟は一転、幸せな未来へと繋がる約束へと変わったのでした。

この結末、原作者の吉住渉さんは、最初異母兄弟のままで話を進める予定だったそうです。

でも、周囲の強力な反対で現在の幸せな結末に。

「りぼん」読者は小学生女子が中心ですし、やっぱりハッピーエンドがいいですよね。

Sponsored Links

SNSでの感想は?

それではここで漫画『ママレード・ボーイ』の感想を見てみましょう。

https://twitter.com/risao_1108/status/936545688606801920

20年前の作品なので、話題にしている人は30代女性が多いという印象でした。

でも、年代問わず、面白いといった感想が多いですね。

1994年にアニメ化されており、アニメで見たという人も多いようです。

20年を経ての実写化に、期待が高まっていますよ。

Sponsored Links

『ママレードボーイ』キャスト

それではキャストをご紹介しますね。

公式サイトでも公開されている超特報では、主人公2人のキャストが発表されています。

ものすごい美形のお2人です。

小石川光希:桜井日奈子

小石川光希は、桜井日奈子さんが演じます。

2014年に開催された「岡山美少女・美人コンテスト」で美少女グランプリに選出されたのがきっかけで芸能界デビューしました。

「岡山の奇跡」として話題になりましたね。

たしかにあまりの可愛さにびっくりした記憶があります。

2016年頃から女優としての活動も始め、今作の映画『ママレード・ボーイ』が初主演となります。

同じく2018年にはヒロインを演じた『ういらぶ。』も公開が決まっており、2018年は女優としても大ブレイクしそうですね。

私が映画のヒロイン役?本当の事なんだろうか?とまだ実感できていないのが正直な気持ちです。
「ママレード・ボーイ」のヒロイン、小石川光希はとにかくピュアで、すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。
20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。
そして、廣木監督とお仕事できることを幸せに思います。
デビューしたばかりで経歴の浅い私にとっては、思ってもみなかったチャンスです。
家族に翻弄され、恋に悩み苦しむピュアで一途な光希を全力で演じたいと思います。

引用元

初々しいコメントですね。

ネット上では「演技はまだ初心者かもしれないけれど、応援してます!」というファンの声が多いですよ。

主人公の光希は一生懸命でピュアな女の子ですから、桜井さんにはぴったりの役ですね。

桜井さんらしい光希を演じてくれることを期待しています!

松浦遊:吉沢亮

光希と一つ屋根の下で暮らすことになるイケメンを吉沢亮さんが演じます。

今とにかく映画やドラマで大注目の俳優さんですね。

今年公開された『銀魂』『斉木楠雄のΨ難』が話題となり、2018年は現在発表されているだけでも『リバーズ・エッジ』『悪と仮面のルール』『あのコの、トリコ。』『ママレード・ボーイ』『レオン』と5本の映画に出演することが決定しています。

びっくりするほどの大活躍です。

今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。
ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと。
廣木監督とは以前にも少女漫画原作でご一緒させてもらっていて、是非またお仕事させて頂きたいとずっと思っていたので、とても嬉しいです。
90年代の恋愛の金字塔とも呼べる大人気コミックを今の若い世代で頑張って作り上げます。
どうぞ温かい目で見守ってください。

引用元

「ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと。」で思わず笑ってしまいますね。

それが全然冗談にならないイケメンぶりがすごいです。

演技力に間違いはない俳優さんですし、少女漫画の憧れのイケメンをどう演じてくれるのか今から楽しみですね。

ほかのキャストはまだ発表されていませんが、パートナーを入れ替えて再婚するというぶっ飛んだ両親たちや、光希や遊の周りを囲む友人達を誰が演じるのかわくわくします。

続報を待ちましょう。

まとめ

今回は映画『ママレード・ボーイ』をご紹介しました。

90年代少女漫画の金字塔であり、今なお多くのファンを魅了し続ける作品の実写化が今から楽しみです。

女優として活躍を始めた桜井日奈子さんの演技にも期待できますね。

映画『ママレード・ボーイ』は2018年4月27日から公開されます。

GWに胸キュンなラブストーリーを見に行くのも楽しいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)