31日間無料トライアル実施中!


『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』ネタバレやあらすじは?キャストや結末も

映画マニア、管理人です!

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」

すごいひきつけられるタイトルの映画ですね。

この映画は、なんと「Yahoo!知恵袋」に投稿されたある悩みが元になっているんです!

一体どんな悩みなのでしょう。

そして、なぜ家に帰ると妻が死んだふりをしていたのでしょうか?

いろんな疑問が浮かんできます。

一体どんな死んだふりをしていたんでしょうね。面白そうな家庭のように思うのは私だけでしょうか?

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は、結婚3年目夫婦のちょっと変わった日常を描く心温まるラブコメディ映画です。

そこで気になるあらすじやネタバレ、キャストをご紹介していきます。

Sponsored Links

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」あらすじ

ごく平凡な会社員・じゅんと妻・ちえとの平穏な2人暮らしを送っていました。

ある日、仕事から帰宅したじゅんは、玄関で妻のちえが口から血を流して倒れているのを発見する。

慌てて介抱するが、血はケチャップ出できており、ちえは死んだふりをしていただけだった。

ワニに食べられていたり、銃で撃たれていたり、頭に矢が刺さっていたりと、毎日のように死んだふりを続ける妻に呆れるじゅんだった。

しかし理由を言わずに奇行を続けるちえに対して徐々に不安を覚え始めるのだった。

やがて、それらの行動はちえの発する何かのサインではないかと考えるようになっていく。

すでに設定が面白い。

また死んだフリをする女優もかなり気になるところ!

これを子供に買ってあげたことを思い出しますね。

Sponsored Links

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」ネタバレ

この映画の元となったハンドルネームK.Kajunskyさんが「Yahoo!知恵袋」に投稿した妻の「奇行」についての質問をもとにしたラブコメディです。

その投稿されたな悩みというのが次の内容です。

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。

どういうことなのでしょうか?

家に帰り玄関を開けると妻が倒れていました。

最初は驚きましたが毎日やるので、ほら起きてと流すようになりました。

すると、翌日からは口から血を流しており、1週間後は白いTシャツが血まみれだったり…

最近ではネタがなくなったのか、また煮詰まりすぎて思考が狂ってきたのか、頭に弓矢が突き抜けていたりしてました。

またビニール袋を被っていたり(息しているので思いっき袋が伸縮している)昨日は軍服を着て銃を抱えたまま名誉の戦死を遂げていました。

もちろん妻の横を素通りしています。

妻はどうして欲しいのか?

そしてこの先どこに行きたいのか?

全くわかりません。誰か教えてください。

この間は頭に弓矢が貫通したまま夕飯を作っていました。

榮倉奈々さんは、

「ちえ」を演じて「独特な言葉を使い、独特な表現をする人で、見る人によっては不器用と取られるかもしれません。
しかし、夫・じゅんさんとの関係性を見ていると、しっかりと自分の哲学を持ってるように思います。」

と分析し話していました。

Sponsored Links

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」気になる結末は?

ケチャップで血糊にする序盤はまだまだ軽いところで、その後、ワニに食べられ、極妻として刺され、頭に矢が刺さりとドンドンと芸が細かく、本格的になっていきます。

今やこういうのもありますからね。

「Blood Gel」凝固タイプ

ハロウィン傷跡タトゥシール

理由を聞いても“月がきれいですね”としか答えない“ちえ”の本意はなかなかわからないのですが、この辺り実は文学ファンにだとピンと来るセリフだったりします。

死んだふりが始まったことで、改めて浮き彫りになる夫婦の在り方を考えることができます。

そして、そして、この映画の面白いところはやっと“ちえ”の真意にたどり着いた“じゅん”が、三年前にプロポーズした場所で“ちえ”に耳打ちをするのですが…。

それがある演出手法で見ている人間には直接伝わらない作りの映画になっています。本当に何と言ったか、聞こえない演出です。

ただ、その直後に“ちえ”は優しい笑顔で頷いているので“じゅん”がたどり着いた答えは間違えていないことが分かります。

見どころは繰り返しになりますが、やはり妻の死んだふりのレパートリーです。

まぁ本当に手を変え品を変え色々とあるものだなぁと思いました。

冷静に考えると、かなり突飛な話なんですが、主演コンビの榮倉奈々と安田顕の主演夫婦の相性の良さと空気感が最後まで物語が、地に足についたものになっています。

映画で語れきられていない死んだふりの真相を是非、見終わった後に話し合ってほしい映画です。

あと主題歌からの側面も。

この映画の主題歌は、チャットモンチーさんの歌っています。

この曲の歌詞にもある「それが2人の愛の形ならそれはそれでアリ」と歌われています。

「こんな形の愛も2人が楽しく、幸せに過ごせるならいいよね」という終わりになるのではないでしょうか。

チャットモンチーさんのコメント

オファーを受けた時は、好きな出演者の方々で、しかもとても気になるタイトルで嬉しかったです。
どの死んだふりも面白くて可愛らしくて、人の家の中には自分の知らない宇宙が広がっているんだなぁと感動しました。
作った曲には、私なりの死んだふりを詰め込みました。愛すべき2人の自由さの余韻になれれば最高です。

Sponsored Links

見た方の感想

<女性>

榮倉奈々が演じている妻の加賀美ちえと安田顕扮する夫のじゅんの、結婚3年後も敬語を使い合っている微妙な距離感が印象深かったです。
全身ケチャップまみれからグロテスクな鰐の人形まで、一見するとコミカルなイメージが強い「死んだふり」にも哀しい過去のエピソードや深いメッセージが込められていて面白かったです。

遂には夫までが死んだふりを始める、映画後半の展開には予想を大きく裏切られました。

様々な夫婦の在り方が許されるべきであり、それぞれにとって理想的な形を追い求めていくことが何よりもの幸せだと考えさせられました。

<女性>

「結婚して3年目にもう一度人生を共にするか話し合う」という約束から3年、ちえとじゅんは慎ましい結婚生活を送っていました。
しかし、ある日じゅんが帰ってくると玄関先で血を吐いて倒れているちえの姿が…。しかし、ちえは笑って起き上がりました。

それから続く意味のわからない死んだふりをするちえ、そしてそんなちえにじゅんは翻弄されていきます。
一体どんな意味があるのか、同僚に相談もしますが「かまってほしいだけじゃないか?」とはぐらかされます。

ある日ちえの父親が倒れ、その時に幼い頃のちえの話を聞かされます。

ちえの驚かせ癖は母親が亡くなった時から始まっていました。それを聞いたじゅんはちえに死んだふりの答えを話し、そして2人の絆を確かめるのでした。

死んだふりのパターン

包丁で刺される

ワニに喰われる

ドラキュラ

矢が刺さる

戦死

銃で打たれる

宇宙人に解剖される

ロミオとジュリエット(毒殺)

お化け

未来のちえさん

個人的にはお化けがおすすめ!

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」キャストのご紹介

キャストに関してもかなり豪華です。

コメディなのですが、女優には榮倉奈々さんが出演されています。

出産後、初の映画かな。

ちえ/榮倉奈々

鹿児島県出身の榮倉奈々さんは、2002年に渋谷「109」でスカウトされ芸能界入りを果たします。

そして女性向けファッション誌「SEVENTEEN」の専属モデルとなります。

2004年に「ジイジ〜孫といた夏」で女優として活動を始め、今ではドラマに映画で大活躍しています。

〜コメント〜

死んだふりのシーンは、早く終わらないかなと思うほど本当に大変でした。ワニは特にシュールでした。安田さんとの共演は久しぶりだったのですが、今回は夫婦役ということで少し照れくさかったです。ちえは、表現方法は少し変わっていますが、じゅんさんのことが大好きで、大切なものが何か分かっている芯のある人だと思います。この作品はすごく繊細で愛のある、優しい映画だと思います。結婚したい人も、したくない人も、した人も、結婚について考えている全ての人にぜひ観ていただきたいです。

じゅん/安田顕

北海道室蘭市出身で、「ヤスケン」の愛称で親しまれています。

1993年にタレント活動を開始し、さまざまなテレビに出演その後ドラマや映画でも活躍するようになりました。

過去に出演した作品は「嘘の戦争」や「ショムニ」「龍三と七人の子分たち」など数々のドラマや映画に出演しています。

〜コメント〜

この撮影で1番印象に残っているのは、やはり榮倉さんの死んだふりですね。メイクさんも衣装さんもご苦労されて、皆さんで作り上げたものです。榮倉さん面白かったですめ。榮倉さんの作品に対するプロ意識に改めて尊敬致しました。特に印象に残っているのは、やっぱり榮倉さんがワニに食べられているシーンです。榮倉さんとは朝ドラでご一緒していまして、今回夫婦という役柄で共演できたことがとても嬉しかったです。

佐野/大谷亮平

https://twitter.com/ryohei_otani/status/968399658572644352

じゅんの後輩役。

大阪府出身の大谷亮平さんは、モデルとして日本で活動をはじめていますが2003年に韓国で出演した「ダンキンドーナツ」のCMの評価が高く韓国の芸能事務所に所属します。

その後韓国のドラマや映画に出演していました。2016年には「ラヴソング」で日本のテレビドラマに初出演していて日本での活動をスタートさせました。

その後、「恋ダンス」でもお馴染みの「逃げるは恥だが役に立つ」など人気ドラマにも出演しています。

由美子/野々すみ花

じゅんの後輩・佐野の妻役。

元宝塚歌劇団宙組のトップ娘役を務めていた野々すみ花さんは、宝塚引退後に「梅田芸術劇場」へ所属し舞台「祈りと怪物〜ウィルヴィルの三姉妹〜」で女優デビューを果たしています。

舞台を中心に出演していましたが、2014年「吉原裏同心」で本格的にドラマ出演しています。

なぜ家に帰ると妻は死んだふりをしているのでしょう?

詳しい理由はわかりませんでしたが、映画化される前に漫画化されていたのでその中からもしかして理由なんじゃないかと思う部分をご紹介したいと思います。

それは、第40話「誕生日と妻②」

せっかくの誕生日にサプライズがないと不満タラタラなちえ。

じゅんはお金がかからないサプライズを考えます。考えている間に妻の奇行はもしかして…。

「お金をかけず少し生活を楽しくするサプライズ。それが あの死んだふりだったのかもしれません。」と思いつきます。

この話からは、妻が奇行をするのは「日々を楽しくするためのサプライズ」ということになりますが果たしてどうなのでしょう。

映画を見たらちゃんとした理由が明らかにあっているかもしれませんね。

まとめ

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています」は、とっても面白そうなラブコメディーですね。

これが実話だというのはとても驚きますよね。

ワニに食べられていたり、弓矢が頭に刺さっていたり、戦死していたり、とてもユニークな奥さんだと思いました。

旦那さんの疲れを癒すためなのか、生活に変化が欲しいのか。

理由は聞いても答えてくれなかったようです。

ちえが奇行をする理由がすごく気になります!!

これは実際に映画を見たくなる話なので、公開されたら映画館に見にいきたいと思います。

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。」は2018年6月8日公開です!!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)