31日間無料トライアル実施中!


『不発弾 ブラックマネーを操る男』(ドラマ)ネタバレやあらすじは?黒木メイサの演技評価も

“不適切会計”の露呈を機に、大手企業の経済の闇を題材とした社会派サスペンスドラマ『不発弾 ブラックマネーを操る男』。

原作である「不発弾」は、食品偽造問題をテーマとした「震える牛」の著者である相場英雄の注目作品です。

2018年6月より、WOWWOWプライムにてドラマ化して放送される事が決まりました。

裏社会で暗躍する主人公は椎名桔平さんが演じ、それを追う刑事を黒木メイサさんが演じています。

黒木メイサさんといえば綺麗な顔立ちも特徴的ですが、アクション女優のイメージも強く、多くのドラマや映画でも活躍されていますよね。

2011年のテレビドラマ「ジウ 警視庁特殊犯罪捜査係」では肉体派の女性警察官を演じていました。

今回はネタバレやあらすじ、主人公を追う女刑事を演じる黒木メイサさんの演技評価について紹介します。

Sponsored Links

『不発弾 ブラックマネーを操る男』(ドラマ)はどんな作品?

『不発弾 ブラックマネーを操る男』は2018年6月より、WOWWOWプライムで放送されるテレビドラマです。

原作は相場英雄さんの小説「不発弾」。

“不適切会計”を発表した大手電機メーカーの裏で暗躍する男と、その真相を暴こうとする捜査二課刑事の駆け引きを、過去や現在を交えて描く社会派サスペンス作品です。

相場英雄さんは社会の闇を題材とした作品がとても有名で、食肉偽造問題をテーマにした「震える牛」は28万部を越えるベストセラーとなり多くの話題を呼びました。

「震える牛」も2013年に主演・三上博史さんを迎えてWOWWOWドラマ化されています。

小説家でありながら経済ジャーナリストとしても活躍されているので、限りなくリアルな描写が読み手の心を深く揺さぶるんですよね。

『不発弾 ブラックマネーを操る男』の主演を務めるのは椎名桔平さんです。

金融コンサルタントとして”欲深い人間たち”に復讐をしようと計画するダークな一面を持った男”古賀遼”を演じます。

そんな古賀を追う、真実を追究する刑事”小堀弓子”を黒木メイサさんが演じます。

椎名桔平さんも黒木メイサさんも、少し闇のあるキャラクターがとても似合うので期待大ですね。

Sponsored Links

『不発弾 ブラックマネーを操る男』(ドラマ)のネタバレやあらすじは?

大手電機メーカー”三田電機産業”の記者会見で1500億円もの「不適切会計」が露呈しました。

大きな失態にうろたえる三田産業の裏には金融コンサルタント”古賀遼”の姿が。

警視庁捜査二課の”小堀弓子”はこの「不適切会計」は「粉飾決算」ではないかと疑います。

騒動の中、三田産業の経営部長が自殺。

古賀は三田産業の相談役の”東田章三”と密会していました。

この件を機に、小堀は経営部長の自殺に違和感を覚え、事件性があるものとして調査を始めます。

バブル期が訪れる前、昭和52年、幼い古賀は貧しい炭鉱町で母と妹と暮らしていました。

母は男や金にだらしなく、妹を他の男に差し出すような女性だったため、古賀は妹を東京に連れ出したい一心で国民証券会社でのしあがっていきます。

めきめきと頭角を現した古賀は欲深い権力者たちと駆け引きを重ね、裏社会の金融コンサルタントとなりました。

バブル崩壊を予知した古賀は財務が痛んだ大手企業を相手に”債務掃除人”として暗躍します。

バブル期の負債を闇に隠し、いつ爆発し露になるかわからない”不発弾”として仕込んでいく古賀。

小堀は様々な企業の闇と対峙しながら真実に迫っていきます。

2015年に実際に社会問題となった”東芝粉飾決算”と大きくリンクする内容で、バブル期を経験した層や、そうでない年代の人々にも問題の経済構図を知らしめるようなストーリーでした。

騙す者と騙される者、追う者と追われる者、複雑な人間関係や生い立ちも見どころです。

Sponsored Links

黒木メイサの演技評価は?

『不発弾 ブラックマネーを操る男』では古賀や企業の黒い秘密に迫る刑事”小堀弓子”を演じる黒木メイサさんですが、演技力はどれほどなのでしょうか?

ネット上での演技評価を覗いてみました。

あまり演技に良い印象はないようですね…。

「セリフの棒読み」や「黒木メイサのイメージが強すぎる」といった声が多いです。

黒木メイサさんのイメージに合うようなキャラクターだったり、アクションのある役どころであれば評価は変わるかもしれません。

女刑事役は、綺麗な顔立ちの黒木メイサさんにとっても合いそうなイメージですよね。

どのような演技で表現されるのか楽しみです。

Sponsored Links

まとめ

センセーショナルな題材に踏み込んだ小説「不発弾」。

複雑な問題なのでなかなか手が伸びない題材ではありますが、消費者であり、日本に住む国民としては確実に向き合わなくてはならない問題だと思います。

闇深い裏の経済構図と、それに関わる人物たちの心の闇がどうドラマで表現されるのか楽しみですね。

ドラマ『不発弾 ブラックマネーを操る男』は2018年6月10日22時よりWOWWOWプライムで放送されます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)