31日間無料トライアル実施中!


映画『去年の冬、きみと別れ』相関図と登場人物は?イニシャルの意味を考察!

芥川賞作家・中村文則の傑作サスペンス『去年の冬、きみと別れ』が映画化されることになり、早くも各所で話題となっています。

主演はEXILE、三代目J Soul Brothersのメンバーの岩田剛典さん。

監督は映画『脳男』『グラスホッパー』などの瀧本智行監督、脚本は映画『デスノート』『BECK』の大石哲也さんが担当するという豪華さです。

原作ファンの中では切なくも美しい純愛サスペンスとして名高く、2014年には本屋大賞としても選ばれています。

緻密に作られた小説ならではのトリックによる事件の真相ゆえに、映像化不可能とも言われていた本作品。

その映画化ともあって、公開前から大注目されています。

そこで、今回は登場人物の相関をまとめ、ネタバレやイニシャルの意味を考察してみたいと思います。

Sponsored Links

原作の登場人物紹介とネタバレ結末

T@Kさん(@route_36_)がシェアした投稿

それでは、ここで簡単に原作小説のストーリーと結末をご紹介したいと思います。

※完全なネタバレですのでご注意下さい。

ライターが巻き込まれる?

主人公であるルポライターの「僕」は、ある事件の犯罪者の本を書くために取材をしています。

その犯罪者とは、写真家の木原坂雄大(ゆうだい)。

写真のモデルをしていた女性2人を焼死させた罪で、現在、極刑の判決を受けています。

しかし「僕」は、取材を進めていくうちに事件の核心部分に触れ、木原坂は本当は無実の罪だったという真実にたどり着きます。

全ては真犯人による木原坂への復讐のための罠だったのです。

事件の真犯人は小林孝之という編集者です。

編集者の小林はなぜ小説を?

小林は、1人目の犠牲者である盲目の美女の元恋人でした。

元恋人が焼死したことを知った小林は、事件について調べ始めます。

そこで知り合った木原坂の姉、朱里に籠絡され一夜をともにした後、小林は衝撃の事実を知らされました。

実は、盲目の美女は朱里が誘拐し、偶然の事故で炎に巻かれているところを、写真家の木原坂が助けもせずに写真を撮り続けたのです。

事実を知った小林は、朱里を恨んでいる弁護士と共に木原坂姉弟に復讐する計画を立ち上げました。

盲目の美女が焼死する写真をうまく撮れず不満だった木原坂の前で、女性を焼死させたのです。

木原坂が狂喜して写真に撮るだろうということを見越してのことでした。

しかし、焼死させられた女性は、姉の木原坂朱里でした。

木原坂は目の前で燃えている女性がモデルとしてやって来た女だと信じて疑わず、姉が燃えている姿を写真を撮り続けたのです。

そのモデル・小林百合子は小林らが送り込んだ仲間でした。

そして朱里は死に、木原坂は逮捕されて2件で極刑の判決を受けました。

小林らが周到に準備した証拠により、木原坂がどんなに訴えても有罪は確定的。

全ては小林と弁護士の計画通りでした。

小林が狙われる?

「僕」は、朱里になりすましていた栗原百合子という女から、小林を殺すよう頼まれます。

百合子は真実が発覚するのを恐れていたのです。

小林は、「僕」にこの本(小説のこと)を書くよう依頼した人物でした

しかし、「僕」は小林を殺すことなく事件から手を引き、日常に戻っていきます。

以前の記事に事件を時系列にまとめたものが乗っていますので、そちらも参考にしてみて下さい。

Sponsored Links

登場人物の相関。原作と映画の違いは?考察も

ストーリーは先ほどご紹介しましたが、ここで登場人物についてまとめてみたいと思います。

原作小説では

僕〈ライター〉

小林孝之〈編集者、真犯人〉

木原坂雄大〈写真家、死刑判決を受けている〉

木原坂朱里〈雄大の姉、すでに殺されている〉

吉本亜希子〈第1の被害者、盲目の美女で小林の元恋人〉

栗原(小林)百合子〈朱里になりすましている〉

弁護士

雪絵〈「僕」の婚約者〉

となっています。

そして、今回映画化にともないキャストが発表されたところ、原作と違う点があることに気付きました。

現在発表されている登場人物です。

耶雲恭介(やくもきょうすけ)〈ライター〉―キャスト・岩田剛典さん

木原坂雄大〈写真家〉―斎藤工さん

木原坂朱里〈雄大の姉〉―浅見れいなさん

松田百合子〈耶雲の婚約者〉―山本美月さん

小林良樹〈編集者〉―北村一輝さん

原作と映画の違いを下記にまとめてみました。

・主人公の「僕」は耶雲恭介(やくもきょうすけ)という名前。

・真犯人の編集者・小林孝之は、映画では小林良樹という名前に変わっている。

・主人公の婚約者の名前は原作では「雪絵」だが、映画では「松田百合子」に変わっている。

ちょっとした違いですが、かなり重大なポイントになっていますね。

変更点からの考察

ここで、原作と映画の変更点から映画の内容を考察してみたいと思います。

婚約者の名前が原作通りの「雪絵」ではなく「松田百合子」になっていますね。

ん?と思われた方が多いと思います。

そう、原作では真犯人・小林の仲間で、朱里になりすましていた女が「栗原百合子」という名前です。

これは完全に推測になりますが、朱里と婚約者の百合子は身分を入れ替えているのかもしれません

それも小林の罠のうちで、木原坂を救うためとかなんとかうまく言いくるめて朱里を「僕」に近づかせる…というような感じで。

特報を見る限り木原坂はまだ極刑の判決を受けていないようですし、「僕」が取材を始めた段階ではまだ朱里は焼死させられていないのかも。

そして、第2の事件が起こり、その裏には小林が仕掛けた残酷な罠が待ち受ける…といった展開になるのでは?

編集者の小林の名前が「孝之」ではなく「良樹」と少しだけ変わっているのも気になりますね。

映像にしてしまうと、小林が「僕」に依頼した編集者であり、盲目の美女の元恋人だということが一目瞭然で真犯人であることがバレバレになってしまうために、映像化が難しいと言われていました。

この名前のちょっとした変化が、それを悟らせないためのトリックとして使われることになることと思われます。

盲目の美女の元恋人だとバレないように偽名を使っているとか?

推測は尽きません。

原作者の中村文則さんは『脚本を読んだ時に「この手があったか!」と感心してしまいました。』と言っていますし、映画ならではのトリックも大変期待できるところですね。

Sponsored Links

献辞のイニシャルの意味

原作小説『去年の冬、きみと別れ』の冒頭には「M・Mへ そしてJ・Iに捧ぐ」という献辞が記されています。

Khanaさん(@gungirl0205)がシェアした投稿

筆者が謝辞を捧げたい人へ、本の冒頭にメッセージを書くことがあります。

大体自分の家族や編集者や取材の協力者へあてたものなのですが、小説『去年の冬、きみと別れ』ではこの献辞もミステリーの謎の一つに含まれているのです。

実は、イニシャルが指し示す人物は、この事件の一番の中心人物の2人となります。

M・Mは木原坂雄大、そしてJ・Iは盲目の美女、吉本亜希子です。

イニシャルが違っていますね。どういうことか説明します。

まずこの小説は、小林が主人公の「僕」に書かせたという設定になっています。

小説のあちこちに木原坂の異常性を証明する資料が散りばめられていて、木原坂雄大が有罪であることを証明する作りになっています。

事件の真相は最後の数十ページで一気に明かされるという仕掛け。見事ですね。

そしてこの小説を、これから最高裁で極刑判決を受けたあとの木原坂雄大へ送る、というのが小林の最後の復讐なんです。

全ての真相を知った木原坂がどんな衝撃を受けるのか。

そこは拘置所の中。最高裁で受けた判決はもう覆せません。

想像するだに鳥肌が立ってしまう復讐ですね。

そして、最愛の恋人だった吉本亜希子へ、真実と、このような復讐を遂げたことを報告するために。

「憎むべきM・Mへ そして最愛のJ・Iへ捧ぐ」

それが献辞の意味となります。

イニシャルと名前が違うのは、イニシャルの方が彼らの本名のためです。

小説に出てくる名前は、仮名ということなんですね。

小説の読者は、復讐の一部始終を目撃する立場となっています。

読後、大変な真実が記された暴露本を読んだあとのような衝撃に襲われるのです。

まさに傑作サスペンスです。

Sponsored Links

まとめ

今回は原作小説のストーリーとともに人物の相関と映画の内容について考察してみました。

いかがだったでしょうか?

原作は大変な衝撃作ですが、映画も原作からの変更があって、どんな結末になるのか今から楽しみですね。

映画『去年の冬、きみと別れ』は2018年3月10日公開です。

ぜひ事件の真相を映画館で目撃してみて下さい。

出演者の映画を無料で見る方法はあるの?

こちらは有名な動画配信サイトのというところです。

こちらは最初に600ポイントがお試しでついているのでこれでみてしまうという方法です。

ただ古い映画の場合、とくにポイントを使用しなくても無料で見れることもあります。

31日間の無料お試し期間でも提供されるサービスは通常会員と同じなので、制限などはありません。

見放題扱いになっているドラマや映画も多くありますし、さらには雑誌が無料で読み放題となるのは非常に良いのではないでしょうか。

31日無料期間でいろいろとみれちゃうと思いますよ

ぜひどうぞ。

※古い映画の場合はリストにないかもしれませんので事前にアクセスしてご確認してください。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)