31日間無料トライアル実施中!


『絶対零度』(ドラマ)ネタバレや桜木泉の失踪の謎とは?井沢の弱みや結末を考察してみた!

上戸彩さん主演で放送されていたフジテレビの人気ドラマ『絶対零度』。

絶対零度Season1「〜未解決事件特命捜査〜」、絶対零度Season2「〜特殊犯罪潜入捜査〜」と続いてきた本作。

2018年7月期のドラマでSeason3が放送されます。

今回のタイトルは絶対零度「~未然犯罪潜入捜査~」。

主演は上戸彩さんではなく沢村一樹さんとなっています。

”えっ、主演変わっちゃうの?”とびっくりされた方もいるでしょう。

いったいどういうことなんでしょうか。

今回は、そんな気になる絶対零度「~未然犯罪潜入捜査~」についてご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『絶対零度』ってどんなドラマ?

『絶対零度』は2010年に放送が開始されたドラマです。

第1作目『未解決事件特命捜査』は、その名の通り時効直前の未解決事件を紐解いていくストーリーです。

上戸彩さん演じる主人公・桜木泉は3か月前に未解決事件特命捜査対策室に配属され、難事件に翻弄されながら成長していきます。

第2作目『特殊犯罪潜入捜査』は、『未解決事件特命捜査』の終わりから1か月後。

人事異動によって泉が配属された特殊犯罪捜査対策室を舞台としています。

3作目にあたる今回の『未然犯罪潜入捜査』は、未然に事件を防ぐ捜査チーム”ミハン”の活躍を描きます。

主人公も泉ではなく、正義と悪の両方の顔を持つ新たな主人公・井沢範人となっています。

それに、放送時間も『特殊犯罪潜入捜査』や『未解決事件特命捜査』が火曜9時だったのに対し、『未然犯罪潜入捜査』は月曜9時といういわゆる「月9」枠に変更しています。

あらすじ

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっかけで総務部資料課分室への異動を命じられる。
資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかり。だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていた。それは、日本国民のあらゆる個人情報――通信記録や金融機関の出入金記録、監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトだった。
一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女の行方を追い続けていた。だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。
ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていた。「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。切り捨てられて終わりだ」。山内は、そう井沢に告げる。
そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出し……。
引用元 http://www.fujitv.co.jp/zettaireido/story/index.html

未然に犯罪を防ぐ”ミハン”システム。

海外ではオリンピック会場に防犯監視システムを導入してテロを防止したり、顔認証を使った先端技術で犯人を逮捕したり、アメリカをはじめとした各国でも犯罪が起こるエリアや人物を割り出して巡回するシステムがすでに導入されています。

このドラマで描かれている”ミハン”システムはフィクションではなく、今後日本でも現実のとなっていきそうなことなのが興味深いですね。

それに前作までの主人公・桜木泉がキーパーソンとして登場するんですね。

いったいどのような感じで登場するんでしょうか。

そして、どのように物語と関係していくのでしょうか。

謎の失踪ということで泉が関与している事件の詳細などはまだわかりません。

予想としては、”ミハン”システムで危険人物と割り出されたのが泉、もしくは割り出された人物を追ってみたところ泉に行きつくという展開でしょうか。

前作で泉とバディを組んでいた山内も資料課に配属されていますから、そこで山内と泉が顔を合わせるなどがあるかもしれないと思うと胸が高鳴ります。

あくまで予想ですが、非常に楽しみです。

<追加>

桜木さん、ベトナムで火災で死亡したらしいです。

いきなりの急展開ですね。

まさか死亡するとは。

でも焼死体って結構実は違う人だった?みたいな展開あるから、微妙なんじゃないかと予想してます。

ネタバレ

沢村一樹さん演じる井沢範人は、ひょうひょうとしてつかみどころのない印象を周りに与える人物ながら、実は元公安のエリート刑事です。

ある事件を起こしたことをきっかけに公安から、トラブルメーカーばかりの総務部・資料課に室長として転属しています。

このある事件をきっかけとしてか、普段はひょうひょうとしている井沢は犯罪者をとても憎んでいるという裏の顔を持っています。

そして、資料課が秘密裏に進めている犯罪者を未然に捕まえようとする”ミハン”システム。

井沢としては憎くてたまらない犯罪者が犯罪を起こす前に見つけられるのですから、”ミハン”システムは彼の趣向に合っているのです。

井沢が起こしたある事件はいったい何なのか。

それが物語で鍵となっていくことでしょう。

このドラマの主題歌は家入レオさんの「もし君を許せたら」。

このドラマのために書き下ろされた楽曲だそうで、歌詞などが物語の内容に触れている部分があるかもしれませんね。

題名の「もし君を許せたら」からも、もしかしたら”許し”ということをだいざいとしているのかもしれませんね。

そして、沢村さんは公式サイトのインタビューにてドラマの結末についてこう述べています。

ミステリーということでいうと、ミステリー度は深いですよね、実際に。いろんなウワサを耳にしていまして(笑)、「最後はこうなるらしいよ」というウワサをちらほら聞くんですけど、「ええ!?」って思いましたから(笑)。
引用元 http://www.fujitv.co.jp/zettaireido/interview/index.html

ミステリー的などんでん返しや衝撃の展開が待ってそうですね。

回を追うごとに目の離せない展開になっていきそうでとても楽しみです。

Sponsored Links

キャストの紹介

今回がSeason3となる『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』ですが、本作から新登場のキャラクターがいます。

その中でも、メインキャラクターを演じるに当たる沢村一樹さん、本田翼さんについて軽く紹介したいと思います。

沢村一樹

1967年7月10日生まれ(50歳)

1987年よりファッションモデルとして芸能活動を開始。

1996年、日本テレビ系“しんドラ”で内村光良監督作の『松田のドラマ』俳優デビュー。

以後『ショムニ』シリーズや『浅見光彦』シリーズ、大河ドラマなど数々の話題作へ出演している。

一方ではコント・ショートドラマバラエティー番組『サラリーマンNEO』で演じた「セクスィー部長」が好評となり、バラエティ番組でも活躍するようになります。

よくバラエティ番組などで下ネタを言ってる姿を目にしますね。(笑)

今回のドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』の井沢役はひょうひょうとしていながら裏の顔を持つ役。

バラエティ番組では下ネタ連発ながらちゃんと俳優もこなす沢村さんにぴったりな役かもしれませんね。

<追記>

どうも元公安の経歴ですが、銃で誰か撃ってたよね。

これも関係してくるのかもしれませんね。

本田翼

1992年6月27日生まれ(26歳)

2006年よりファッションモデルとして芸能活動を開始。

2012年には『恋愛ニート〜忘れた恋のはじめ方』でテレビドラマ初レギュラー出演。

同年、映画『FASHION STORY-Model-』で映画初主演・初出演を果たすなど女優業を本格化させました。

以後、数々のドラマ、映画でヒロインや主人公を演じています。

漫画好き、ゲーム好きとしても良く知られており、好きなゲームは「ドラゴンクエスト」シリーズ、「モンスターハンター」シリーズ、好きな漫画は「幽☆遊☆白書」、「HUNTER×HUNTER」、「東京喰種」、「デッドマンワンダーランド」などを挙げています。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』では、痴漢をして逃走する容疑者を必要以上に暴行したために資料課に異動させられた女性警官・小田切唯を演じます。

強くなるためにあらゆる格闘技をかじり、我流ながら相当な強さを誇るというキャラクターらしいので、本田さんのアクションが見れるかもしれませんね。

楽しみです!

横山裕

#関ジャニ #eight #横山裕

A post shared by 🖤🧡💚❤️💛💙💜 (@kj845suba) on

1981年5月9日生まれ(37歳)

1996年にジャニーズ事務所のオーディションに合格。

ジャニーズJrとして活動した後、2002年に関ジャニ∞を結成。

バラエティ番組などに出演されている印象が強いですが、俳優としても数々のドラマや映画に出演しています。

前作の『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~』では、上戸さん演じる桜木泉のバディで特殊捜査班の捜査員・山内徹を演じました。

今回の『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』では、桜木の失踪をちゃんと捜査しようとしない警察組織への不信感から捜査一課の上司を殴ってしまい、資料課に異動させられ“ミハン”チームの一員となります。

しかし、“ミハン”チームの捜査の違法性や“ミハンシステム”の不確かさに不信感を抱き、井沢と度々対立します。

独自で泉の失踪を捜査したりと、泉が登場するのに大きく関わってきそうなのがこの山内ですね。

山内の動向も注目していきましょう。

前作と本作を繋げる役柄

Sponsored Links

まとめ

今回は『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』を紹介しました。

主人公を一新して新たな展開へと進んでいく本作。

放送が楽しみです。

それに、どの作品にしろ前作の主人公が登場するという展開はテンションが上がりますよね。

上戸彩さんがどこで登場するかに注目していきたいと思います。

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』はフジテレビで7月9日(月)より夜9時スタート。

初回は30分拡大で放送されます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)