31日間無料トライアル実施中!


『ダンケルク』(映画)ネタバレや感想レビューは?ギブソン死亡のその後はどうなったの?

映画マニア、管理人です。

『ダークナイト』トリロジー、『インターステラー』など、新作を発表するごとに話題となるクリストファー・ノーラン監督。

その彼が2017年に製作した『ダンケルク』も、大きな話題となりましたね。

第2次世界大戦時のフランス・ダンケルクを舞台に、ドイツ軍に包囲された英仏連合軍の兵士40万人の救出作戦を、スリリングに描いたこの作品について、解説します。

Sponsored Links

『ダンケルク』(映画)のあらすじは?

1940年、第二次世界大戦のフランス。フランスとイギリスの連合軍はドイツ軍に攻められ、英仏連合軍40万の兵士は海の町ダンケルクにまで追い詰められます。

そこで、彼らを救出すべくパイロット、海軍、そして一般人たちによる作戦を、陸・海・空3つの視点で描いていきます。

Sponsored Links

『ダンケルク』(映画)の主なキャストは?

フィオン・ホワイトヘッド(トミー役)


ナチス軍に追い詰められ、ダンケルクの海から必死に逃げようとする若き兵士トミーを演じるのは、本作が俳優デビューとなる新人俳優フィオン・ホワイトヘッドです。
なんと彼は、撮影に入る1年半前まで、皿洗いのバイトをしながらオーディションに通っていたというから驚きです。
ノーラン監督は、「一目見た時から、カリスマ的な存在感があった」として、ホワイトヘッドを抜擢したとか。

ハリー・スタイルズ(アレックス役)


ドイツ軍によってダンケルクの海岸に追い詰められたイギリス陸軍兵アレックス。なんとしても故郷への帰郷を誓います。
演じるハリー・スタイルズは、人気グループ「ワン・ダイレクション」の元メンバーで、本作が俳優デビュー作となります。
演技経験がない彼がキャスティングされたのは、無名だったフィオンと同様に、できるだけ経験の浅い俳優を歩兵役に起用したいというノーラン監督の狙いからです。

トム・ハーディ(ファリア役)


ナチスとの空中戦で孤軍奮闘するパイロットのファリア。燃料計故障のアクシデントを抱えてしまい、敵機の撃墜か帰投するかの選択を迫られます。
演じるトムは、ノーラン作品では『ダークナイト ライジング』以来の参加となります。
最新作に、スパイダーマンの宿敵ヴェノムが主役のスピンオフ『ヴェノム』で、タイトルロールを演じます。

キリアン・マーフィ(謎のイギリス兵士役)


沈没船で溺れかけていたところをドーソンが操縦する船に助けられます。一体、彼の目的は何か?
演じるキリアン・マーフィは、『ダークナイト』トリロジーや『インセプション』といったクリストファー・ノーラン監督作の常連として活躍。本作は5度目の出演となります。

Sponsored Links

『ダンケルク』(映画)に登場する兵士・ギブソンは死んだのか?


トミーが冒頭で出会うイギリス軍兵士のギブソン。2人にアレックスを加えた3人はともに行動します。

ギブソンは実は同盟国のフランス人で、ダンケルクから逃れるためにイギリス兵になりすましていました。

そうした紆余曲折ありながらも、3人はオランダの一般人の船で脱出を図りますが、浸水により船から脱出しなくてはならなくなります。

ここで、本作を観た人の中にはギブソンの処遇がどうなったのか分からなくなった人もいるようです。

トミーとアレックスは沈む船から脱出しますが、実はギブソンだけが逃げ遅れ、溺れ死んでしまうのでした。

Sponsored Links

『ダンケルク』(映画)のトリビアは?

その1


本作制作の際に、ノーラン監督が参考にした映画はいくつかあります。

基本的にセリフに頼らず映像と音響による演出にすべく、『イントレランス』などのサイレント映画を筆頭に、『スピード』、『アンストッパブル』といったタイムリミットアクションも参考としています。

さらにはなんと『エイリアン』も参考にしたというあたりからも、本作がただの戦争映画ではない事がうかがえます。

その2


作品の中心人物の一人であるイギリス兵士の「トミー」。

クレジット上はこの名前になっていますが、実はこれは彼の本当の名ではありません。

その証拠に、劇中では彼は一度も自分の名を名乗ってはいないのです。

これはイギリスでは、「トミー」とは「兵隊」という意味があり、彼一人に数十万もの「兵隊」を重ねる意味があるのです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)