31日間無料トライアル実施中!


『中学聖日記』香坂優役・中田青渚プロフィール!演技評価や過去の出演作まとめ

2018年秋のドラマとして注目されている『中学聖日記

原作の漫画はもちろんのこと、無名の新人が、有村架純さんの相手役を務めることでも、有名となりました!

今回、岡田健史さん演じる黒岩晶は、ぼーっとしている事も多いが、どこか注目を集めてしまう生徒です。

第1話では、晶は友人たちと一緒にいる姿も映っていましたね。

今後さらに多くのクラスメイトが登場してきますが、特に1番注目なのは、クラス1の美少女

香坂優役を演じる中田青渚さんです!

今回はそんな、『中田青渚(なかたせいな)さん』をピックアップしてみました!

Sponsored Links

中田青渚さん演じる香坂優ってどんな役?

香坂優は、クラス1の美少女として、クラスの中に君臨しており、

学校カーストでは上位の人物といってもいいでしょうね。

実は原作では、最初のうちはあまり登場していません。

しかし巻を重ねるごとに、キャラクターたちも年を重ね、

高校生に成長します。


そこで、香坂優は、本性を現すんです!


あまり深く言うとネタバレになりますが、

「美少女の持つ裏の顔」によって、

晶と聖が危うくなってしまう、

ぐらいにしておきましょう。笑

今回ドラマ版で、しっかりと相関図に名前が

あることから、原作の部分を凝縮して放送

されるんではないでしょうか。


Sponsored Links

中田青渚さんのプロフィール

名前中田青渚(なかた せいな)
出身兵庫県
生年月日2000/01/06
身長164cm

まず誕生日を見て、2000年生まれの俳優さんや

女優さんが活躍していることに驚きを隠せません・・・。

そりゃ平成も終わりますよね・・・。

「第5回Sho-comiプリンセスオーディション2014」で

グランプリを受賞後、高校入学と同時に上京し、

芸能界デビューを果たす。

オーディションに応募したきっかけは、

女優やモデルになりたかったのではなく

『図書カードが欲しかった』という理由だそうです。

しっかりとグランプリをとった中田さんは、

本がたっぷり買えたそうですよ。笑

芸能界入りの後は雑誌や、「おはスタ」に出演。

2016年には、『ラーメン大好き小泉さん2016新春SP』

にてドラマ初出演となる。

その後、ドラマや映画に出演し始める。

Sponsored Links

『中田青渚さん』のプライベートや性格は?

趣味は、マンガを読んだり、サボテンを

栽培したりすることだそうです。

特に、自宅の本棚には『アオハライド』『メイちゃんの執事』

といった映像化された原作マンガが並んでいました!

オーディション合格のための図書カードは

大好きなマンガに消えていったんでしょうね!


ご両親は上京に対して反対しなかったのか聞かれた際には、

中田さんは4人兄弟の長女のため

「1人いなくても問題ない」と扱われたのか

特に反対はされなかったそうです。笑

きっと親御さんなりに、いろいろ考えて

いたんだと思いますし、もしかしたらその

才能に気付いていたのかもしれません!



また普段はあまり化粧をしないようです。

憧れる女優さんに『蒼井優さん』をあげており、

透明感のある女優さんになりたい、という

願望があるんでしょうか。

目鼻立ちがしっかりとしていますし、

化粧をしなくても十分、綺麗な顔ですよね!

美肌の秘訣は「はやく寝ること」と挙げてみえました。


また、スタイルの良さは、中学校時代

陸上部だったことから、運動を日ごろから

していることでしょうか。

また、今でも身長が伸びているらしいです!

好きな食べ物は抹茶や和食、

嫌いな食べ物はパクチーだそうです!

パクチー苦手な人って結構いるんじゃないでしょうか・・・。

中田さんのイメージとしては、健康的な

イメージがありますね。


あとどのインタビューでも特技を聞かれていると

「寝るまでのスピードがはやい」

と挙げています。笑

寝るまでのスピードがはやい人って、

実は寝ているんじゃなくて、

気絶している、と聞いたことがあります。

それだけ1日に使っているエネルギーが多い、

ということなのかな?

確かに中田さんは、全力で遊んで、

秒で寝れそうなイメージですよね!笑

Sponsored Links

『中田青渚さん』の出演作と演技力の評価は?

中田青渚さんの出演作は

『3月のライオン後篇』

『dele』

『ミスミソウ』

『写真甲子園0.5秒の夏』

などです。

特に、最近では『dele』の第6話、

いじめ問題の回で、いじめっこの役をしていました。

この時の演技は、迫真に迫っていて、

印象的だった視聴者の方もおおいようです。

また、声が通り聞きやすい、という点も

挙げられています。

舞台経験は「dorama project」の #1「ラケット」

に出演したのみとなっていますが、こうやって

SNSに書く方もいるぐらいですから、

とても印象に残る演技をしてくれるんだと思います。

まとめ

今回、ちょい役のような扱いで、

相関図にはのっていますが、演技力は本物!

と大絶賛の声がありますね。

「いじめっこの役をやらしたら1番!」

というコメントも見つけましたが、

どんな役なのかは、ドラマを見ての

お楽しみです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)