『下町ロケット』2話あらすじと感想!イケメン若手弁護士は中山優貴!裏切り者は誰?

ついに新しい発明をする航平。

佃製作所の新たな開発に、胸が高鳴りますね!

しかしまだまだ前途多難で、どうなることでしょう。

Sponsored Links

『下町ロケット』あらすじとネタバレ

新たにトランスミッションの開発を行うことに

なった佃製作所でしたが、帝国重工の水原本部長から

新たなロケット、ヤタガラスには佃製作所の

バルブは使われない可能性が出てきた。



それは新たなロケットに新エンジンが

積まれることが原因だった。

新エンジンには現在のボルトでは耐久しない為、

新しいボルトを急いで作るよう、

水原本部長から航平は依頼を受ける。


ヤタガラスが失敗してしまったら、

帝国重工の次期社長はロケット開発

プロジェクトから撤退する計画を

立てているという。


そしてギアコーストのコンペで

佃製作所の作ったボルトを使った、

トランスミッション開発がほぼ内定

したという知らせが入る。

ヤタガラスのボルト開発に必要な

経費が、トランスミッションの

ボルトから補えれば、と思っていた

佃製作所にとっては、良い知らせだった。


しかし、ギアゴーストは、特許侵害に

よって約15億もの賠償請求を受け、

トランスミッションのコンペ自体が

白紙になろうとしていた。


ギアゴーストに特許侵害の訴えを

起こしてきたのは、以前佃も関係が

あった中川弁護士が担当している

ケーマシナリーだった。



このままでは、佃製作所にも痛手となる

と考えた航平は、自社の顧問弁護士である

神谷に相談をした。

すると、ひとつ提案が返ってきた。

それは、ギアゴーストと『クロスライセンス契約』

を結ぶというものだった。



それは、ギアゴーストの特許を、

ケーマシナリーが侵害している可能性も

あるので、それを佃製作所が調べ、

ギアゴーストに傘下に入ってもらう、

という方法だった。



特許を調べていた航平だったが、

ギアゴーストに隠して傘下に入れる

作戦が、卑怯で嫌だから、やはり

ギアゴーストに伝えたい、

と部下たちに頭を下げた。

部下たちは、そんな航平の姿を見て、

「それが社長です」

と言った。


何度も試しているロケットのバルブ

耐久実験は失敗を繰り返していた。

そんな様子を見ていた島津が

ある会社を航平に教えた。


トランスミッションも

ロケットバルブもなかなか

実らない毎日が続いており、

社員たちにも焦りと苛立ちが出ていた。

ついにはギアゴーストと佃製作所の

社員間で対立が起こるようになってしまう。

だが、島津はその様子を察知し、

佃製作所の方法を取り入れながら

計測していくことに決めた。


そしてロケットのバルブ開発では、

島津が教えてくれた会社の素材が

相性がよく、耐久テストをクリアした。


その後、ギアゴーストの特許侵害を

調べていたが、見つからず、

残念な結果になってしまった。


ギアゴーストが去った社内で、

航平は、殿村たちの主要社員に

声をかけた。


航平は15億をギアゴーストに

出資したい、と伝えた。

「リスクがある」といって殿村たちは

反対をした。

しかし、航平はギアゴーストの技術に

惚れこみ、彼らと再び仕事をしたい、

と熱く語ったのだった。


無謀な挑戦だと反対していた

社員たちだったが、ギアゴーストの

夢や創意を失うことは出来ない、

という航平の願いを受け入れた。


そして航平は神谷弁護士と殿村と

共に、ギアゴーストへ出向き、

その旨を2人に伝えた。


ギアゴーストの伊丹と島津は

中川弁護士に15億円を支払う、

と伝えた。

中川弁護士は、トランスミッションの

製作においてケーマシナリーの

強敵になるギアゴーストを必ず

潰す、とある会食で伝えていた。

はたして、誰に伝えていたのだろうか。

Sponsored Links

『下町ロケット』のイケメン若手弁護士は中山優貴!

中川弁護士の隣にいた、若いイケメン弁護士に目を

つけた人も多いのでは。

彼は『中山優貴(なかやま ゆうき)』さん!

元ジュノンボーイで188センチの11頭身というのが

ウリの俳優です!

『母になる』『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』

などに出演しています。

また、SOLIDEMOというグループで

歌手としても活躍しています!


Sponsored Links

『下町ロケット』裏切り者は一体誰?

今回のラストで中川弁護士と会食を

していた人物が物語の鍵を握ります。

この相手は一体誰なのか。

今回、トランスミッションを主力商品として

佃製作所で製作することが決定しました。

そうすると、佃製作所は資金源を

調達することになります。

ロケットのバルブ製作の資金を

調達することに繋がりますよね。


当初、ロケットバルブを佃製作所の

物は使えない、と言い放っていた、

水原本部長、もしくはロケット開発

に反対をする次期社長あたりが

怪しいのではないかな、と考えています。


どちらにせよ、今後も航平は

新たな敵が現れることでしょう。

Sponsored Links

まとめ

ギアゴーストが傘下に入ったことで、

新たな発案が生まれ、ロケットバルブの

開発や、そのほかの開発においても

佃製作所の力になっていくことは

間違いないですね!

航平の決断は大きなものですが、

人や技術を大切にする航平ならではの

決断だったと思います!

航平の説得シーンは思わず涙でした・・・。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)