初めて恋をした日に読む話7話感想!由利の涙の謎と父親の優しさの意味は?裏口入学はありえる?

胸きゅんが止まらないはじこい・・・。

匡平・雅志・山下、誰をとっても

いいんじゃないかと思ってしまいます。

私としてはやっぱり山下が一番かなと思いますが、選べないですね。

そこで初めて恋をした日に読む話7話の感想をまとめてみました。


Sponsored Links

『初めて恋をした日に読む話』7話あらすじとネタばれ

順子に東大専用の塾を勧められた匡平は

最初は嫌がるものの、早く東大に合格したい

という思いを優先して、受け入れる。

匡平が塾の見学に行くのについていった

順子は、ヒナ鳥が巣立っていく様子に

なんだかさみしく感じていた。


匡平の担当をした百田先生は美人で

頭もよく、他の生徒からもすごく

人気が高かった。

しかし匡平は、その百田先生に群がる

男子生徒たちを気色悪く感じていた。

百田は順子の前だけでなく2人きりの時も

匡平にボディタッチをしてきて、

匡平はそれを拒んでいた。

だが他の生徒のなかには百田が匡平を

特別扱いすることをよく思っていない

生徒もいたのだった。


匡平は百田のことを鬱陶しく思っていたが

勉強を教える腕はよく、それは

認めるようになっていた。

そのことを匡平から聞いた順子は、

ちょっと悔しい思いを感じていた。



しかし実は百田は、順子と雅志と

同じ学校で、雅志のことが好きだった。

今も雅志のことを思い続けており、

順子が近くにいることをわずらわしく

思っていたのだった。


そのころ雅志は順子が言った一言を

勘違いしたまま受け止めていて

「俺も男としてちゃんと伝える」

と美和に宣言した。


そして過去に雅志が原因で

百田に順子がいじめられていたことを

美和に明かした。

だが順子は百田に

「勉強道具には手を出さないで。

勉強の邪魔をしなければハブろうが

殴ろうが、どうでもいいから」

と啖呵を切っていたのだった。

その瞬間、雅志は順子のことが

さらに好きになり、それからずっと

順子のことが好きなのだ、と。

いじめられても泣かず、

助けも求めず、自分のやる事を

しっかりと理解していた順子に

惚れていたのだった。



ある日、山下のもとに元妻がやってきた。

そして「もう1度やり直せない?」

と言ってきたのだった。

山下はそれを聞いて、「ごめん」と断り

好きな人が出来たことを明かす。

元妻は「ごめん、変なこと聞いちゃって」

と言って、去って行った。



山下は元妻が去っていくと

順子に会いに部屋にやってきた。

「なんだか無性に会いたくなった」

と言って。

Sponsored Links

百田の正体は同級生?順子への因縁。

匡平が塾へ向かっていると、百田が

待ち伏せしており英語の参考書を

渡してきた。

英語は順子が教えているため

断ろうとする匡平だったが、

百田の押しに負けて受け取ってしまう。

歩いて塾へ向かう途中、靴が溝に

はまってしまった百田が、匡平に

抱きついている姿を、同じ塾の

生徒が目撃する。

そして匡平と百田が並んで歩いている姿

を順子や雅志も行きつけのお好み焼き屋の

店長が目撃していた。


他の生徒によって嫌がらせを受ける

匡平だったが、あくまで自分の受験を

全うしろ、と伝える。

その後、百田が塾を変えないか、と

匡平の手を握って言ってきた。

しかし匡平は

「春見無しの受験は考えられない」

と言って、その手を振りほどいた。



雅志は、お好み焼き屋の店長から

匡平がかつて雅志の同級生だった

女性と歩いていた、と聞く。

順子に何か嫌がらせをされているのでは

と考えた雅志は、順子に話しを聞きに行く。

しかし順子はその同級生のことすら

覚えていなかった。

だが雅志が調べたSNSには、百田が

学歴詐称と年齢詐称しており、

さらにはバツ2であることも書かれていた。

順子はそこにアップされた写真を見て

ようやく同級生のことを覚えていた。


順子は急いで百田に会いに行った。

百田は順子を見ると「久し振り」

と声をかけた。

百田は順子に負けないように

必死に勉強して塾講師になっていた。

生徒たちから必要とされることに

喜びを感じていて、匡平を東大に

入れるから任せてほしい、と言ってきた。

それを聞いて順子は

「忘れられるのが先生なの。

希望のところまで引っ張って引っ張って

最後に見送るのが先生。

あなたのさみしさを埋めるために

あげるわけにはいかない。

でも東大へのノウハウはあなたのほうが

よく知っている。」

と伝えたのだった。

そして百田はその場から去って行った。


帰り道、匡平は

「さっき、あげないって言ってくれたの

すごい嬉しかった」

と言って、順子を抱きしめた。

「先生がいくら手離しても、

俺、何回でもつかみに行くんで」

そう耳元で伝えると、さらに強く

抱きしめて去って行った。

順子は「あげない」と言った時の

気持ちが嫉妬なのでは、とようやく

自分の気持ちに気がついた。

Sponsored Links

東大模試の結果でついに・・・

8話ではどうも東大模試を受験するようです。

しかしE判定。

なぜか予告ではゆりゆりは涙を流し、心が折れるシーンがありましたね。

東大は受験しないのか?

由利の父親も絡んでくるらしいです。

裏口入学とかないよね?

どのようなエンディングなのかも気になってきますね。

原作はまだ終わっていないですから、ドラマのオリジナルになる気がします。

Sponsored Links

まとめ

今回は匡平の破壊力がやばすぎて、

語彙力がありません。

昔の順子も芯があってめちゃくちゃ

かっこよかった!!!!!

雅志はまぁ、置いといて(笑)

そろそろ山下もグイグイきますね!!!

今回はっぱを頭につけた山下も

きゅんでした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)