初めて恋をした日に読む話の8話感想と最終回考察予想!山下の政治家や雅志のロシア転勤は原作通り?

ついに最終回に近づいてきたはじこい!

山下との急接近にファンはキュンキュンしたところだろうと思いますが、このままいい展開に行かないのはドラマです。

まさしにも頑張って欲しいし、何と言っても由理も大学に受かって欲しいと思います。

果たして順子は誰とくっつくのでしょうか。

これも見ものです。

Sponsored Links

『初めて恋をした日に読む話』8話

牧瀬が経歴詐称をしていたので、順子が

匡平の勉強をすべて教えることに。

しかしそこに牧瀬がやってきて、

授業用のノートを渡しに来てくれた。

順子は牧瀬のことを見ると、匡平の

授業を手伝ってくれるようにお願いする。

東大合格への秘訣を知っている牧瀬は

順子のお願いにこたえることにした。


美和の提案で、順子・牧瀬・山下・雅志

の4人でデートをすることに。

勉強の妨げになることは避けたい、と

お願いする順子の希望を聞いて、

匡平の東大模試当日にデートをすることに。


一方、匡平はある晩、勉強をしていると

父が大きな声で電話をする声を聴く。

階下に降りていくと、父は電話を切り

「勉強頑張ってるな」と言って、

匡平に声をかけた。

匡平は思いがけない父からの言葉に

嬉しさを隠すことができなかった。


そして東大模試当日。

匡平が模試を受けているとき、順子は

山下とバイクに乗ってデートへ。

順子の一言に、山下はときめき

「ちゅーしていい?」と。

順子はそれにドキドキしながらも

「こら」と返す。

デートの最中も、匡平のことを考える

順子に山下はやきもちを焼いていた。

そのころ、雅志と牧瀬も牧場デートをしていた。



模試が終わり、採点をするとE判定だった。

落ち込んでいる匡平を順子は励ますが、

匡平は順子と山下が模試で会っていた事を

問い詰めてきた。

順子は素直に「山下とデートをしていた」

と返すと、匡平は嫉妬して帰ってしまった。



翌日、匡平は学校にも塾にもいかずに

カフェで勉強をしていた。

たまたま雅志と会い、その様子を心配される。

行き場のなさそうな匡平を雅志は、

家に連れて帰る。

雅志と山下から、匡平の様子を聞いた

順子は何度も匡平に電話するも、

匡平は電話を取らなかった。


そのころ、匡平は父と電話をしていた。

電話を切った匡平は、部屋の中を

荒らし怒り狂っていた。

そして匡平の家のインターホンが鳴った。


そのころ山下は授業中に教頭が

呼びに来て、テレビを見せられた。

そこには匡平の父親が、大学の認可について

便宜を図った可能性があると報道されていた。

そのニュースを順子も見ており、順子は

急いで匡平の自宅に向かった。


順子は山下と匡平の家の前で出会い、

2人で匡平の家に入る。

部屋に入ると、匡平も匡平の父もいた。

匡平は「汚職の手伝いかよ」と

父を罵ったが、父は「政治の世界はお前には

わからない」と突き放した。

匡平はそれを聞いて、

「母さんをほったからして、仕事

してきた結果がこれかよ」と言って

部屋に戻ってしまった。

山下と順子は匡平の後を追った。


2人に背を向けていた匡平は振り返り

2人のほうを向くと

「おれ受験やめる。

受かる気がしないから。」

といった。

それを聞いて山下は

「見返してやるんだろ、親を」といった。

順子は模試の判定を気にする必要はない

と励ましたが、匡平は順子に怒鳴った。


さみしく切ない顔で匡平は

「もう俺無理です。

家にも来ないでください、迷惑です」

と順子に言った。

匡平の部屋を出た順子は、自分の受験

を思い出して、泣いた。


山下は順子の涙を見たあとに、

元妻の実家へ向かった。

そこには大学の認可について報道

されていた議員がいた。

「大学認可について正直に公表してほしい」

とお願いした山下は、義父から

「私の希望するものが君に用意できるなら」

と交換条件を出される。


匡平は再び受験をするのか?

雅志は匡平の父のニュースを見ると

いつも匡平が勉強しているカフェへ行き

匡平を外に連れ出した。

そして雅志は言った。

「受験に失敗したら順子は

悲しむかもしれない。

ただ、自分のうれしいことが

相手のうれしいことなんて、

こんなうれしいプレッシャーないだろ」

そういって、受験を続けるように声をかけた。


元気になった匡平が学校へ行くと、

そこに山下の姿はなかった。

しかし山下の義父の議員は本当のことを

テレビで報告していた。

順子は匡平に電話をすると、そこで

山下のことを聞いた。

山下は義父が本当のことを話す代わりに

元妻と再婚して、議員を継ぐことを決めていた。

山下は順子のことが好きだったが、

「これで一生忘れられない男に

なるんだったら、それはそれで悪くない。

幸せになってほしい、初めて好きになった人だから」

と言って、順子の前から去っていった。



匡平は去っていく山下に頭を下げた。

山下は

「俺のためにこうしただけだ。

だから、お前はお前のために東大に

合格しろ。

絶対にあいつを笑顔にしろ。」

と言って、匡平に笑いかけた。


雅志は山下のことを順子から

聞くと、「そこまでか。すごいな」

といった。

しかし、その時雅志は上司から呼ばれて

電話を切った。

雅志が上司から言われたのは

ロシアに3年転勤、ということだった。

Sponsored Links

山下が議員、雅志が転勤は原作通り?

原作はまだ完結していないので、

山下が元サヤに戻り議員になったり、

雅志が転勤になったり、というのは

ドラマ用の設定ですね。

最終回に向けて、回収していくための

あらすじだといえるでしょう。

山下が議員になるのは、少し

こじつけ感が強い感じがしましたしね。

原作では、雅志が転勤という話は

全然出てきませんが、山下の

アプローチと同じころに雅志も

順子にキスをしています。

ということは、今回は山下、

来週は雅志の攻めということでしょうね。

Sponsored Links

まとめ

推しの山下先生がいなくなって屍のようです・・・。

そして最後には雅志も距離的に難しい、

という事実が。

これはやっぱり匡平パターンなのか・・・。

山下推しとしては悲しさしかないです。


Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)