家売るオンナの逆襲の最終回の感想!留守堂と三軒家の対決はいかに?続編の可能性は?

▽2週間無料キャンペーン実施中▽

△2週間以内の解約で料金は発生しません△

家売るオンナもついに最終回!

前回の予告では留守堂がどこかの不動産の副社長まで上り詰めて三軒家に復讐するというあらすじがわかっていましたが、対決はどうなるのでしょうか?

はたして留守堂の恨みはどうなる。

そして三軒家万智は勝つのか?

家売るオンナの逆襲の最終回の感想をどうぞ!

Sponsored Links

『家売るオンナの逆襲』最終回あらすじ

留守堂がいなくなってから1年がたち、

テーコー不動産は、外資系の会社に

押されていた。

ある日、庭野と共に、集合住宅

『新宿ガーデンハイツ』を見に行く。

そこは外資系のライバル会社

リッチブラスト不動産が部屋を

買い占めている、という噂があった。


訪ねて行くと、中庭には2人の老人がいた。

藤見と譲という2人の老人を見ると

万智はしゃっくりが止まらなくなる。


リッチブラスト不動産のやり方は

以前、万智が行ったやり方に似ていた。

そこで足立と庭野は2人で、

リッチブラスト不動産へ偵察に向かった。

リッチブラスト不動産では、

AI機能を使った不動産探しをしていた。

AI機能にこたえていると、その

質問は過去に万智が話していた事

そのものだった。


すると「会社のCEOが会いたがっている」

と声をかけられる。

通された部屋には副社長として

留守堂の姿が。

留守堂は、万智のことを恨んでおり

AIを作成していたのだった。

そして新宿ガーデンハイツを再開発

する予定だと明かした。



新宿ガーデンハイツの再開発に

反対している明と譲のもとへ

万智がやってきた。

2人はかつて大人気だった

コミックマジシャン「マジック7」の

メンバーで、万智も大ファンだった。

万智は2人をある場所へ連れ出す。


万智は保育園の前に連れ出した。

再びこの団地を盛り上げるために

マジック7をもう1度復活させ

人を呼び戻すことを提案した。

だがマジック7は過去にマジックに

失敗しアイドルが怪我をしていて

引退することとなった。


留守堂がやってきて

部屋の売却金額を値上げすると、

譲はそれに応じた。

しかし明は「ここはマジック7が

生まれた場所だから」と言って

却下した。


万智は会社に戻ると、ほかの社員に

ある提案をした。

それはガーデンハイツの部屋を買取

「理想郷」を作る、というものだった。

他の社員たちも万智の意見に賛同。

そこで屋代は、予算の確保のため

社長に会うことにした。

だが、社長に会うことが出来なかった。


次は万智が社長に会いに行くと、

社長は応じてくれた。

そして100億円の予算も了承した。

だが、ひとつ条件があった。

Sponsored Links

『マジック7』は復活するのか?

譲の引越しの日、こどもたちが

駆けていくのを見て、ついていく。

そこには万智がテーコー不動産のスタッフたちと

子供たちに向けてマジックをしていたのだった。

子供たちの両親たちはそのマジックを見て

「これ昔、マジック7がやってたやつだ」

と声をあげる。

しかしそれを見ていた明と譲は

「これはマジック7のショーじゃない」

と怒った。


すると万智は

「では本物をお見せください」

と言うと一室へ連れて行った。

そこには他のマジック7のメンバーが

揃っていたのだった。


万智の話を聞いて、譲も明も

それに納得し、再びマジック7

としてショーを行うことを決めた。



万智はすぐに新宿ガーデンハイツ

を会社名義で買収し、留守堂に伝えた。

留守堂は悔しそうな顔を隠すことが

出来なかった。



新宿ガーデンハイツのリノベーション

も終了し、マジック7のショーの日。

SNSでの拡散の甲斐もあり、

多くのお客さんが集まってきた。

しかしショーが始まるぎりぎりに

譲が怪我をしてしまい、代役として

万智がマジックを行うことに。



だが、万智は本番前、緊張してしまい

しゃっくりが止まらなくなる。

万智の行うマジックは手が少しでも

ずれてしまうと、危ないものだった。


ステージに出ようとする万智の肩を

叩いたのは、あの人だった。

その人のおかげで、ショーは無事に

大成功し、マジック7も晴れやかな

顔をしていた。


ショーを見ていた足立は何かに気づいた。

ステージを立ち去る後姿に声をかけた。

それは留守堂だった。


新宿ガーデンハイツが無事に終わり、

社長がテーコー不動産を訪ねてきた。

そこには万智の姿が。

社長は新宿ガーデンハイツの

予算を出す代わりに、次期社長に

万智を指名していた。


万智は社長兼新宿営業所のチーフ

としてこれからも現場で家を売ることに。

そして万智のおなかには赤ちゃんが。

こうしてテーコー不動産は今後も

万智が引っ張っていくことになったのだった。


Sponsored Links

まとめ

ついに家売るオンナが最終回に。

最後は留守堂も新しい不動産会社を構え

新たな場所で頑張っているようでしたね。

テーコー不動産はこれからも

万智が牽引し、もっともっと家を売ることでしょう。

時代にあった顧客の姿を映し出して

見事な脚本でしたね!


最後までご覧いただきありがとうございました!

▽2週間無料キャンペーン実施中▽

△2週間以内の解約で料金は発生しません△



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)