インハンドの1話感想とネタバレ!シャーガス病が蔓延で紐倉にも感染する?2話のあらすじも!

山ピー主演のドラマが始まりますー!

寄生虫学者、という難しそうな役柄ですが、

コミカルな感じに仕上がっていそうですね!

Sponsored Links

『インハンド』1話感想とあらすじ

ジャングルの奥地を進むチームが見つけたのは

2頭の象だった。

野生の象は気性が荒く、近寄るのは難しいと

思われていたが、チームから1人の男が

近寄って行った。

彼が義手の右手を近づけると、象は

暴れることなく彼の手に鼻を近づけた。


そのころ日本では、救急センターに

次々と患者が運ばれてきていた。

心筋梗塞などが疑われたが、

彼らは顔が腫れており感染症かもしれない、

と担当に当たった高家医師は思った。



政府に指示をうけているサイエンス・メディカル対策室

にもその一方が入ってきた。

それを調べるため、着任早々の牧野が調べることに。

しかし寄生虫に詳しい医師たちは皆、

海外に行っており、専門家は1人だけだった。


ひとりで彼のもとを訪ねた牧野だったが、

そこはとても広い建物だった。

研究室には、紐倉という右手が義手の

研究者がいた。


今回病院で疑われているのは

「シャーガス病」というものだった。

10年前にも同じようにシャーガス病が

流行ったが、今回は何が感染源かわからなかった。

政府の仕事はいやだと断った紐倉だったが、

牧野はある提案に出た。

実は紐倉は野生の猿を密輸しようとして

パスポートを止められていたのだ。

大好きなフィールドワークが出来ないでいたが、

もともと外務省にいた牧野が何とかする、

というのを条件に出した。

紐倉は条件を飲むことにした。



早速、病院を訪れた牧野と紐倉。

そこでシャーガス病を疑う患者がまた運ばれてきた。

今回内部告発を行った高家医師とも2人は接触。

紐倉は高家から今回の患者の血を貰い、急いで

研究所に戻った。

何と今回の患者は、10年前にシャーガス病を

引き起こした食品会社の社長だったのだ。



10年前に原因となった食品は

厚生省が特定保健扱いとしていた為

病院は隠ぺいしようとしていた。

そして患者たちの共通点は、院長と

知り合い、というものだった。

血液サンプルを持ってきた高家を誘って

牧野は「3人で手を組むこと」を提案した。



3人は10年前に被害者となった女性の家族

に会いにいった。

「アレルギーが緩和される」と売り出されていたので

皮膚の病気で悩んでいた女性が、体に塗ったことで

シャーガス病にかかっていた。



被害者たちの血液からは、シャーガス病の

原因である物質が発見されていた。

被害者の自宅を出ると、3人は解散したが、

紐倉のみが足を動かさなかった。

2人の姿が見えなくなると、紐倉は被害者宅の

庭へ足を運んだ。

するとそこには、不気味に光る温室があった。



翌日、会議でシャーガス病について発表しようとすると

厚労省の倉井官僚がやってきて、高家が血液を

持ち出したことを棚にあげて、問題を消した。

高家は解雇になってしまった。

そして牧野も「上が白だと言ったら白だ」

と言われてしまう。

Sponsored Links

事件の犯人は?

落胆した2人が紐倉のもとを訪ねると

「犯人に会いにいこう」といわれる。

被害者宅の庭には、サトウキビが

植えられており、それは病原菌の餌だったのだ。

被害者の父、江里口は、10年前に娘が

シャーガス病にかかり亡くなってしまったので、

その関係者たちに復讐をしていたのだった。


紐蔵と高家は江里口のもとへ向かい、

牧野は再び上司のもとへ戻り

感染症の対策チームを作るのを掛け合いに行った。



江里口の自宅を訪れたが、そこには江里口の姿はなく、

同時刻に、倉井官僚も行方不明になっていた。

江里口の家の裏手には、空き家があり、

何とそこには病原体であるサシガメがいた。

そして、江里口と官僚も、そこに。

紐倉と高家は江里口に捕まってしまう。


目の前で倉井官僚に娘と同じ目にあわせようと

している江里口。

だが、紐倉は義手をとり脱出した。

高家は江里口を説得し始めた。

それを聞いていた紐倉は言った。

「憎むべきは人じゃなくて、

シャーガス病だ」



「素人なのにここまで調べたのはすごい。

江里口さん、これほどのものを作ったあなたなら

皮膚の病気に役立つ薬を作れるんじゃないか。

そしてあなたの娘さんと同じ病気の人を

いつか救えるかもしれないよ。」

それを聞いた江里口は

「私にはもう未来はない」と言った。

しかし紐倉は

「どんな生き物にも、未来はあるよ」

と言った。

江里口は床に伏せるように泣きだした。


解決しその場を離れようとする紐倉に

「ありがとう」と高家は声をかけた。

そして先に帰ろうとした高家の

背中を紐倉はじっと見つめた。


牧野は紐倉にパスポートを手渡しに行った。

しかしそれは1往復しか出来ないもので、

牧野は「また今度ゆっくり話しましょう」

と言って去って行った。


解雇された高家は次の仕事を探していたが、

ぱっとするものも無く、ひとり土手で

寝ころんでみた。

すると義手の動く音が聞こえてきて、

隣に紐倉が寝ころんでいた。


高家は自分が医者になろうとした動機を

話し出した。

それを聞いた紐倉は

「僕らが今いい治療をつけて、

健康でいれているのは、今までの

研究者たちがずっと研究を続けてきたからだ。

未来はぼくたちの手の中にある。」

そう言って、紐倉はにやりと笑った。

「給料は今までの2倍払うよ。

僕の助手にしてあげる、って言ってるんだ。

僕を助けるのは未来のためになる」

それを聞いた高家は

「お前の助手に何か絶対ならない!!!」

と啖呵を切った。


数日後、紐倉の研究所に高家が

すべての荷物を持ってやってきたのだった。


Sponsored Links

『インハンド』の見逃し配信は?

感想はどうだったでしょうか?

ただ文章のみの感想、ネタバレでしたので実際に動画を見たくないですか?

実は『インハンド』は見逃し配信を行っています。

放送後、1週間は登録なしで配信がされています。

▽視聴ページに行く▽

ただ1週間を超えた場合、Paraviに登録しなければなりません。

ご安心ください。

30日間は無料期間が設けられており、その間は見放題で作品を視聴できますのでそこで視聴してみてはどうでしょうか?

▽30日間無料キャンペーン実施中▽

△30日間以内の解約で料金は発生しません△

Sponsored Links

『インハンド』ドラマ概要

山下智久さん主演の『インハンド』ですが、原作があるドラマになります。

2016年に雑誌『アフタヌーン』で連載されていた『インハンド 紐倉博士と真面目な右腕』というのが原作になります。

一旦終了していたのですが、2018年10月から雑誌『イブニング』で連載が開始され現在も連載がなされております。

なので最後はどのようなエンディングになるのかは脚本家次第ということでしょうか。

最近は『初めて恋をした日に読む話』でも同様にオリジナルストーリーが多いですね。

紐倉先生の設定としては「虫が大好きな天才科学者」という肩書きです。

しかし国からも認められているほどの科学者でそんな天才的な頭で難事件を解いていくというストーリーです。

もう一つ重要なポイントとしては右手が義手であること。

なんで義手なのでしょうか?

ここについてはドラマが進んでいくにあたって、謎が解かれていくかもしれませんね。

原作と違う可能性もあります。

『インハンド』見所は?

何と言っても山下智久のイケメンかな!

違うか!

ということでまずは予告動画から

ちなみに紐倉先生はアメリカで研究も行っていたので英語が堪能です。

山下智久さんも英語が得意なので、どうもドラマのシーンでは英語を話しているシーンもあるらしい。

以前に流暢な英語を話していたり、海外の映画にも出演していたことがありました。

『サイバーミッション』という映画なのですが、何と言ってもイケメン。

アクションもこなし、いよいよ海外進出か!と思ったほどです。

もしかすると近い日、海外の有名な映画に出演する日も近いでしょう。

ということでイケメンの紐倉先生と牧野と高家の3人がどう活躍しながら事件を解決できるかというところでしょうかね。

ちなみに公式HPの第1話のあらすじを載せておきます。

1話あらすじ

寄生虫学者・紐倉 哲(山下智久)は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている。

人嫌いでドSな変わり者だが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。右手がロボットハンドの義手であるのも特徴である。

そんな紐倉のもとに、内閣官房サイエンス・メディカル対策室から牧野巴 (菜々緒)という美人官僚が訪れる。

サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。

科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。

そんなサイエンス・メディカル対策室に、匿名の告発状が届いたという。

その内容は、ある病院で心筋梗塞により亡くなった複数の患者が、日本では滅多に見られないシャーガス病という感染症にかかっている可能性があるというもの。

シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。

並みの医者や科学者では対応できないと考えたサイエンス・メディカル対策室は、牧野に寄生虫や未知の生物、病気にも詳しい紐倉のもとを訪ねるよう指令したのだ。

好きな研究だけしていたい紐倉は役人への協力などまっぴらごめんだったが、牧野から出されたある交換条件に食いつき、力を貸すことに。

紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家春馬(濱田 岳)に会いに行く。

高家の協力も得て調べを重ねていくと、10年前に起きたある事件が浮かび上がってきて…。

『インハンド』のキャスト

紐倉 哲/山下智久

登場人物説明

風変わりな天才科学者で右手が義手である。
天才的な頭で数々の難事件を解いていく。

高家春馬/濱田 岳

登場人物説明

紐倉先生とバディを組む医者で救急救命の専門医である。

ある事件で紐倉先生と出会い助手として一緒に働くこととなる。

基本的にお人好しで、人のためにという熱血漢でもある。

紐倉先生に何かとかき乱されるがうまくやっていく。

牧野 巴/菜々緒

登場人物説明

東京大学を首席で卒業し、スカイル抜群、頭もいい、申し分ないエリート官僚。

外務省に勤めていたが、サイエンスメディカル対策室に出向することとなる。

しかし外務省に早く戻りたいと考えている。

そこで紐倉先生と組んで事件を解決し活躍することで外務省に戻る計画を立てている。

御子柴隼人/藤森慎吾

登場人物説明

サイエンスメディカル対策室の一員で経産省から出向できている。

長いものに巻かれよみたいな性格だが意外と紐倉先生を助ける助っ人として活躍している。

熊谷美緒/高橋春織

登場人物説明

メガネで真面目なサイエンスメディカル対策室の一員。

城田幸雄/酒井貴浩

登場人物説明

サイエンスメディカル対策室の一員で紐倉先生や牧野を助ける役割です。

山崎 裕/田口トモロヲ

大谷 透/松尾貴史

網野 肇/光石 研

サイエンスメディカル対策室の室長。

警視庁から出向している。

早く本庁に戻りたいと思っているが、問題を起こす紐倉先生や牧野と意見がぶつかる。

インハンドの公式インスタ

みなさん仲がいいですね。

これはサイエンスメディカル研究所のマスコット的キャラクターになりそうですね。

可愛い!

インハンド公式ツイッター

まとめ

インハンド 1話の感想とあらすじはどうだったでしょうか?

来週もまたインハンドをみたくなったでしょうか?

インハンドの2話についてもまた感想を書いていきますので、読みに来てくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)