『わたし旦那をシェアしてた』1話ネタバレと感想!買った指輪の行方は?刑事が一番怪しい!

「わたし旦那をシェアしてた」

いくら何でもかんでもシェアする時代だからって、まさか「旦那」をシェアするとは!

と驚愕のタイトルのドラマが始まりました!

3人の内縁の妻と、1人の夫。そして残された4人の子供。

亡くなったそのただ1人の夫が残した、遺産の3億円は誰の手に!?

とミステリー好きには心躍るストーリーとなっています。

是非亡くなった夫の謎を、みなさんで解き明かしていきましょう!

Sponsored Links

「わたし旦那をシェアしてた」1話あらすじとネタバレ

晴美(小池栄子)は愛する夫と子供と、やりがいのある仕事に恵まれていた。

平和でよくある家族だと思われていたが、ひとつだけ他の家族とは違うことがあった。

それは夫と言っている、恭平(平山浩行)とは婚姻届を提出しておらず、「事実婚」なことだ。

しかし恭平は、財閥の息子でお金もあり、優しくて、自分のすべてを包み込んでくれるようだった。

そのため、恭平と自分はすべて順調に進んでいるかのように思っていた。


だがある日、1本の電話がかかってくる。

それは警察からで、恭平が事故にあって危篤状態というものだった。

急いで晴美は病院に駆けつけるものの、恭平は亡くなってしまった。

晴美のほかに、駆け付けた妻たちを残して。


警察から電話がかかってきたのは、晴美だけではなかった。

加奈子(りょう)・茜(岡本玲)という2人の女性も病院にかけつけており、彼女たちもまた恭平と「事実婚状態」で、自分のことを恭平の妻だと言い張ったのだ。

困惑する3人だったが、そこに刑事の塚本がやってきて「恭平は殺された」と告げる。



その日、恭平と3人ともが会う予定があった。

19時からは晴美が交際記念日で、21時からは加奈子と出会った日の記念日で、23時からは茜が彼の誕生日で、お祝いする予定だった。

しかし恭平の誕生日は誰ひとりとして合っていない、2月だった。

塚本刑事は「彼の手帳には、妻①妻②妻③と書いてあって、誰が妻かわからなかったので、全員に電話した」と言う。


翌日、恭平の秘書がやってきて、恭平の持ち物であるこのマンションから出て行って欲しい、と晴美に伝える。

そして恭平の遺言書には、新しい引っ越し先が用意してある、と記してあった。

そこはシングルマザー専用のシェアハウスで、何とそこには、残り2人の妻たちも入居してきていたのだった。



塚本刑事は恭平が危篤状態で発見された、暴行現場を訪れていた。

塚本刑事の捜査の結果、恭平は当日、宝石店で指輪を購入していた。

財布は残っていたものの、その指輪は近辺でも見つからず、暴行した犯人が持って行ったのでは、と見立てた。

また、「女の敵・恭平に天誅を!」と書かれた掲示板の投稿記事が発見された。


シェアハウスには管理人・染谷がおり、説明を始める。

染谷は「あなたたちの素性を話さなくては」と言い、興信所で調べた妻たちの紹介を始めた。

恭平は3家族をうまく時間をわけて、ローテーションして生活していた。

染谷は、2か月後にはシェアハウスの管理人になるので、それまでに3家族は出て行ってくれ、と話す。



3家族は、重婚のようなことをしていた恭平を責め出したが、染谷が一喝する。

「あなたたちは彼の所有するマンションに住んで、生活だけではなく、心の支えにもしていたんじゃないの?

事実婚という形をとっていて、納得していたあなたたちも同罪よ。

ここに遺言書がある。」

そういうと染谷は遺言書をとり出した。

「あなたたちの1人に、遺産の3億円をお渡しします。

誰にするかは私が決めます。

判断基準は簡単で恭平が1番愛した人に渡します。」



塚本刑事の読みでは、「恭平は妻を1人に絞ろうとしていた。それに気付いた残りの妻のどちらかが、彼を殺したのでは」と推理した。


恭平は何者かに殺害されたが、殺害されたグループの手下・松田は、亡くなる直前の恭平からダイヤの鑑定書を渡されていた。

それを頼まれたので、シェアハウスに持ってきた。


染谷はもう1つの遺言書を出してきた。

そこには「君たちには10の嘘をついた」と書かれていたのだった。

1つめの嘘はこの「シェア婚」のことだろう。

では残りの9この嘘とは一体・・・?


それを聞いた妻3人は「本当の彼はどんな人なのか知りたい」という気持ちがわいてきた。

そして3家族でルームシェアを行うことになったのだ。

Sponsored Links

恭平の唯一の肉親は管理人?ダイヤのプレゼント相手は塚本刑事?

今回、遺産の決定権があったり、シェアハウスが自分のものになる、と言っていたので、恭平の唯一の肉親は管理人の染谷ではないでしょうか。

だからこそ妻たちの情報を調べていたのではないでしょうか。


そして恭平の友達で、「事実婚の妻がいる」とだけ知っていた塚本刑事。

最後には居酒屋で恭平の笑顔を懐古するシーンがありました。

「めちゃくちゃ意味深なシーンだな…!」

と思ったんですが、実は恭平がダイヤをプレゼントしようとしていたのは、3人ではなく、塚本刑事なのでは?

妻3人には嘘偽りを言わないといけない関係で、やめるにやめれなかった恭平が、唯一本音を話すことが出来たのが、友達の塚本刑事なのかも。

ただ塚本刑事は、事実婚している女性がいる、ということは知っており、捜査に関わったため、妻たちに言うことはできなかった。



ダイヤは本当に奪われたのかどうか、というのは謎です。

もしかしたら隙間の時間に塚本刑事はダイヤを、恭平からプレゼントされているのかも。

恭平が犯人の手下の松田に、鑑定書を預けたのは、「これだけ本気で好きな相手が出来たから、別れてほしい」という懺悔の気持ちだったのかもしれませんね。

どちらにせよ、今後の展開が楽しみです!

Sponsored Links

子役にも注目が!

子供役の子役にも注目が集まっていましたね。

特に気になっているのは、晴美の娘と、加奈子の息子でした!

森下 沙紀役 / 平澤 宏々路

名前平澤 宏々路 (ひらさわ こころ)
出身東京都
生年月日2007/09/21

代表作「貞子3D2」「リミット」「きょうは会社休みます。」

小椋 透役 / 牧 純矢

名前牧 純矢
出身東京都
生年月日2004/09/26

代表作「僕は明日、昨日のきみとデートする」

Sponsored Links

「わたし旦那をシェアしてた」チェインストーリーって?

今回「わたし旦那をシェアしてた」はGyaoにて、チェインストーリーが公開されています。

チェインストーリーとは、本編では書ききれなかった登場人物の生い立ちやストーリーが明かされています。

秘密なども公開されるので、そこから本編を読み解くカギになることも。

これを見るとより、本編が面白く見れるでしょう!

「わたし旦那をシェアしてた」チェインストーリーはこちらから!

まとめ

サスペンスミステリーでピリピリした雰囲気のドラマかと思いきや、所々コメディタッチが入っていて、テンポよく見ることができました!

特に小池栄子さんは、修羅場展開が似合う似合う!!!
(「乱暴と待機」の小池さんを思い出しました!w)

テンポがいいので、見やすくて、謎もありながらバトル展開もあるのが面白かったです!

深夜帯ながらも、これから視聴率あがっていきそうな予感でした!



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)