同期のサクラ新潟出身の美咲島って実在するの?新潟弁のセリフに地元民から違和感の声!

10月9日 22時から話題のドラマ「同期のサクラ」が始まっています。

いきなり強烈なサクラこと高畑充希の演技力にびっくりしていますが、時折笑う笑顔はやっぱりかわいいとすぐに惚れてしまうのでした。

そんなことはさておき、ドラマではサクラは新潟県の美咲島というところの出身と設定されておりましたが、実際この島は実在するのでしょうか?

Sponsored Links

同期のサクラのサクラの設定

高畑充希が演じるサクラは新潟県美咲島というところから、上京してきたことになっております。

本土とつながる橋を建設するのが花村建設だったので就職しました。

そこで気になるのは新潟弁。

要所でじいちゃんと話すナレーションでは新潟弁が話されていたように感じました。

こう見るとセリフのイントネーションに違和感があるというコメントが多く見られました。

高畑充希さんは新潟出身ではないので話せないのはもちろんだと思いますが、やはり独特のイントネーションは難しいようです。

Youtubeで新潟弁を勉強しようと思ったがやっぱり難しい。

Sponsored Links

美咲島って存在するの?

あと設定にあったのはサクラが美咲島が出身だということ。

この美咲島って気になりますよね。

実在するのでしょうか?

調べてみましたがどうも新潟には美咲町という地域は存在するようです。

しかし実際、島は確認できませんでした。

もしかすると架空の設定なのかもしれませんね。

Sponsored Links

まとめ

今回は「同期のサクラ」の新潟にまつわることについて簡単にまとめてみました。

新潟弁って結構難しいイメージはありましたが、高畑充希さんはよく演じられたと思いました。

しかし地元民にはイントネーションが違っているように聞こえていたんですね。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)