シャーロック5話ネタバレ感想!パワハラ上司と過保護の母親に板挟み!乾の自殺したのか?

だんだんと獅子雄と若宮のコンビが、シャーロックっぽくなってきましたね!

二人の名コンビ具合が、回を重ねるごとに、テンポよく進んでいきます。

前回は「女性犯人説」が外れてしまいましたが、まだまだ「守谷(モリアーティ)」が女性という可能性も?

はたして、今回、2人の前に立ちはだかる事件とは?

Sponsored Links

「シャーロック」5話ネタバレ!

ある日、ひとりの男性が亡くなる。

だが、死体が見つからず、はたして「死亡」にしていいものか、悩む事件であった。

若宮は獅子雄と暮らしているが、家賃や生活費を払っていなかった。

何もかも若宮のお世話になっている獅子雄のもとに、江藤刑事がやってくる。

110番通報があり訪れたその部屋は、スプラッター映画のように血液が舞い散っていた。

しかし死体はない。

その部屋の持ち主である、町田のことを調べ始めた江藤刑事と小暮刑事。

死体がないのでは調べようがないため、刑事たちも手をやいていたが、町田が政治家の息子だったことから、上層部から捜査を指示される。


何とか町田の本性を明かしたい獅子雄は、現場に残された遺留品から、その血液が町田の職場の部下・乾のものだとつきとめる。

調べていくと、乾は町田からパワハラを受けていたのでは、という疑惑が出てくる。

そしてその乾は、数日前から行方不明だった。

会社に事情を聞きに行くと、同僚たちはパワハラの件を否定する。

調べているうちに、町田は犯人かと思われる人間から、暴行を受ける。

町田は暴行された時に顔を見ていないが、乾の連絡先から脅迫を受けていたため、乾の仕業だと言った。

そのうち、ネットで事件のことが取り上げられるように。

町田側は事実を隠したがったが、乾の母はマスコミにインタビューを受けて、パワハラの件を明かす。

怪しんだ獅子雄は、若宮と共に、乾の自宅へ向かう。

「息子は帰ってくる」と信じてやまない母を見て、若宮は手に巻かれた包帯から、医療従事者だった、と付きとめる。

それを聞いて、獅子雄の顔色が変わる。

獅子雄は、先日パワハラの件を告白してくれた社員を呼びだす。

もともと町田のパワハラの矛先は彼だったが、乾に変わったことで、片棒を担ぐことになる。

そこで、乾の仕業に仕向けるため、町田を暴行していたのだった。



獅子雄は江藤と共に、乾の母のもとへ向かう。

乾はやはりパワハラが原因で亡くなっていた。

首つりして自殺した乾を、母は飼っているグッピーの水槽ポンプを使って、血液を抜いた。

そして復讐を誓ったのだ。

息子の血を抜いた乾の母親は、死体の適切な保存方法(エンバーミング)を使い、町田の部屋に血を捲いた。

犯罪を被せることはできない、と言った獅子雄。

しかし乾の母は「これは殺人でしょ。」と言って叫んだ。

実態があっても裁かなければ意味がない、と言った乾の母は、誰も裁かないのなら、自分が裁くしかない、と決意したようだった。


しかし実際は違ったのだ。

過干渉な母親はいつも乾のことを思っていた。

そのなかで、唯一自分の力で勝ち取ったのが就職で、そこだけは手放したくなかったのだ。

不倫をしていると思っていた父親は、そんな母親の姿を見ることが嫌で、ひとり部屋を借りていた。

ただひとつのかけがけのない存在。

Sponsored Links

まとめ

今回はとても、切ない最後でしたね。

パワハラのことが取り上げられるかと思いきや、お咎めなしで、母親の思いは無かったかのようにされました。

母親からのプレッシャーが彼を殺したかと言われれば、そうなんですが…。

それでも引き金はパワハラだったことに変わりはないですよね。

もやもやした事件でした。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)