シャーロック(ドラマ)菅野美穂が犯人役?封印したい過去を知られたから?

2019年秋ドラマ「シャーロック」は、世界的に有名なアーサー・コナン・ドイルのミステリー小説「シャーロック・ホームズ」シリーズを原作に、令和の東京を舞台にしたミステリーエンターテインメントドラマです。

シャーロック役をディーン・フジオカさん、相棒のワトソン役を岩田剛典さんが演じます。

しかも2話目には菅野美穂さんが出演されているようなのです。

となるとストーリーのメインになると思いますが、犯人役なのでしょうか?

いろいろ調べてみました。

Sponsored Links

「シャーロック」どんなドラマ?

アーサー・コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」には原作シリーズには、「語られざる事件」(アントールドストーリーズ)と呼ばれる、本文中でわずかに言及されながら、その詳細は明記されていない事件が複数存在します。

ドラマ「シャーロック」はその「語られざる事件」をモチーフとしています。

主演の、ディーン・フジオカさん、岩田剛さんのほかに、佐々木蔵之介さん、山田真歩さん、ゆうたろうさんがキャスティングされています。

Sponsored Links

菅野美穂が犯人役?封印したい過去を知られたから?

ドラマ「シャーロック」で菅野美穂さんが演じるのは、知的で冷静な雰囲気な弁護士青木藍子です。

藍子は、実は封印したい過去を秘めており、時々衝動的で感情的な側面を見せる性格となっています。

「シャーロック」2話の原作は?

ドラマ「シャーロック」の2話の原作は、おそらく「シャーロック・ホームズの冒険」の中での「ボヘミアの醜聞」で語られた事件『ダーリントン替え玉事件』だと思われます。

「ボヘミアの醜聞」は、シャーロックが、ボヘミア国王が結婚する際に、かつて付き合っていたアイリーン・アドラーが持つ、自分と写っている写真を取り戻してほしいという依頼を受けたことから始まります。

しかしアドラーは頭のいい女性のため、シャーロックの正体を見破り逃げてしまいます。

その時、シャーロックは女性は火事の時には一番大事にしているものを持って逃げる。

また、そんな女性の衝動は『ダーリントン替え玉事件』も役に立ったと語ります。

つまり、『ダーリントン替え玉事件』は女性の衝動に関わる事件ということになります。

青木藍子はアドラー同様、頭のいい女性ですが、時々衝動的な感情を見せる性格です。

そしてアドラーは、「ボヘミアの醜聞」の登場人物ですが、封印したい過去=国王との交際というように、藍子と重なる部分があります。

隠したい過去を知られたから犯行に及んだという線は、なくはないですね。

青木藍子が2話の犯人であるという可能性はかなり高いのでは?と思います。

菅野美穂さんはどんな人?

名前菅野美穂(かんのみほ)
出身埼玉県坂戸市
生年月日1977年8月22日

知的で冷静な雰囲気な弁護士青木藍子役を菅野美穂さんが演じています。

藍子は、実は封印したい過去を秘めており、時々衝動的で感情的な側面を見せることがあります。

テレビ朝日のバラエティ番組桜っ子クラブ」の番組内ユニット「桜っ子クラブさくら組」のメンバーとして芸能界デビューします。

1993年ドラマ「ツインズ教師」の生徒役で女優デビューし、その後NHK連続テレビ小説「走らんか!」の準主役に抜擢され、1996年ドラマ「イグアナの娘」で主人公 青島リカ役を演じ、演技力が高く評価されるます。

演技派として数多くのドラマや映画に出演する人気の女優さんです。

ドラマ「シャーロック」でも、ディーン・フジオカさんや岩田剛典さんと演技派の菅野美穂さんが、どんな風に絡むのか楽しみですね!

Sponsored Links

まとめ

ここまで、ドラマ「シャーロック」2話に出演する弁護士 青木藍子役を演じる菅野美穂さんについて紹介してきました。

実際に、犯人は誰なんでしょうか?

「ダーリントン替え玉事件」は、語られざる物語のため、原作がありません。

先が読めないので、余計に楽しみになります。

ドラマ「シャーロック」2話は10月14日(月)夜9時からスタートです!



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)