10の秘密|菜七子と由貴子の共犯説あり?お金と不正暴露の目的で手を組んだ?

フジテレビ系列で、毎週火曜日夜9時から放送の「10の秘密」は、向井理さん演じるシングルファーザーの圭太が娘を誘拐されたことで、周りの人間の秘密を知ってしまうというサスペンスドラマです。

瞳を助ける条件のデータを盗み出すことに圭太は成功します。

しかしデータを手に入れたことを知った由貴子は怪しく微笑みます。

由貴子は、味方などではなく実は犯人なんでしょうか?

またそうだとしたら共犯がいるはずです。

今回は由貴子とその共犯の可能性がある人物について調べてみました!

Sponsored Links

ドラマ「10の秘密」仙台由貴子役/仲間由紀恵

名前仲間由紀恵(なかまゆきえ)
出身沖縄県浦添市
生年月日1979年10月30日

圭太の元妻である仙台由貴子役を仲間由紀恵さんが演じています。

瞳を助けるために、圭太にあるデータを盗むことを頼みます。

Sponsored Links

ドラマ「10の秘密」石川菜七子役/仲里依紗

名前仲里依紗(なかりいさ)
出身長崎県東彼杵郡東彼杵町
生年月日1989年10月18日

圭太の幼馴染で保育士の石川菜七子役を仲里依紗さんが演じます。

瞳が誘拐されてからずっと圭太と行動を共にしています。

Sponsored Links

菜七子と由貴子の共犯説あり?

由貴子が怪しいという声は多く聞かれます。

その理由として、瞳を助ける名目で圭太にデータを盗ませたことがあります。

このデータは、由貴子が言うには帝東建設の矢吹が持っていたものです。 

内容は、帝東建設の不正を暴くものでした。

しかし矢吹は自殺してしまいます。

このデータは、建築の知識がある人間でないとわからないものでした。

圭太は、一級建築士の資格を持っています。

このデータを手に入れるために、瞳を誘拐し圭太を操っていると考えてもおかしくありません。

また、もし由貴子が犯人なら共犯がいるはずです。

ひとりは誘拐を実行する人物、もうひとりは圭太を監視し、計画に誘導する人物です。

誘拐の実行犯は、二本木です。

そして圭太を監視し、誘導する人物は圭太の身近な人物しか出来ません。

それに該当する人物は、圭太の幼なじみである石川菜七子しかいません。

お金と不正暴露の目的で手を組んだ?

菜七子は、瞳が誘拐された時から圭太と行動を共にしています。

由貴子が圭太に電話した時、何故か圭太の居場所をわかっていました。

これも由貴子と菜七子が共犯なら納得がいきます。

菜七子は、瞳が誘拐された時に圭太に警察に行くことを勧めます。

その時、タイミング良く瞳から連絡がきます。

その電話により瞳は家出と断定されてしまいます。

また瞳のスマホの暗証番号を解くヒントを圭太に言います。

これも少し不自然な気がします。

菜七子は、瞳のスマホの暗証番号を知っていたように思えます。

もし本当に、由貴子と菜七子が共犯なら何故2人は手を組んだのでしょうか?

由貴子はお金に困っていました。

そして帝東建設は、由貴子を危険人物として探しています。

由貴子の目的は、不正データで脅してお金をもらうことなのかもしれません。

一方、菜七子はお金に困っているようには思えません。

そう考えると菜七子の目的は、帝東建設の不正暴露なのかもしれません。

もしかしたら菜七子の秘密は、帝東建設となにか関係があるのでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「10の秘密」で由貴子と菜七子の共犯説についてお送りしました。

由貴子と菜七子が共犯ならは、その目的は何なんでしょうか?

お金と不正暴露だとしたら、菜七子は過去に帝東建設となにか関わりがあったということです。

それこそが、菜七子の秘密なんでしょうか?

次回の展開が楽しみです。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)