アリバイ崩し承ります|2話ネタバレ感想!杏子の殺害理由に涙!死亡推定時刻をずらした方法とは?

時乃演じる浜辺美波さんの可愛さも、話題になっている「アリバイ崩し承ります」!

コミカルな要素も交えつつ、テンポの良さで見ることができます♪

また、お金持ちの息子で刑事の海渡演じる成田さんも、いつもと違うキャラクターを演じていて、新しい一面も!

果たして今回は、どんなアリバイを解決するのでしょうか♪

Sponsored Links

「アリバイ崩し承ります」2話ネタバレ感想!

刺された女性・杏子の遺体が、実弟・安嵐によって発見される。

安嵐は、杏子の元夫である菊谷が怪しいと決めつける。

ギャンブル癖があり、杏子にお金を借りていた、と安嵐はいう。

しかし菊谷には、友人と飲食店にいたというアリバイがあった。

捜査会議でそれが発表されると、時計のメンテナンスにきていた時乃は、「アリバイ成立」という言葉が、どうも引っかかる。


調べを進めていくと、安嵐に借金があり、杏子の生命保険の受取人になっていることが分かる。

しかし、安嵐にもまた、勤め先の美容室にいた、というアリバイがあった。

そこで察時は、どちらのアリバイが正しいのか、怪しむ。

そんな察時に、時乃は嬉しそうに、協力したい!と言い張る。



最初は嫌がっていた察時だったが、時乃が他の人からもアリバイ崩しの依頼を受ける、というと「俺だけの専属でいてくれ」と懇願する。

そこで、時乃は事件の全容を、察時から聞く。

時乃は事件の全容を聞いた後、

「ひとつだけ証拠が足りない」

と言って、察時を連れて、外に飛び出す。


着いたのは杏子の勤務先の研究室だった。

研究員から話を聞く時乃。

そこで甘党だった杏子が、当日は差し入れのお饅頭を断り、そのあとケーキを食べる、という不可解な行動をしたことが分かる。

お饅頭を断ったとき「甘いものは控えておくわ」と言っていたことも。

杏子の研究室には、その日の午前中に、菊谷が訪れており、話の内容までは聞こえなかったが、金の無心に来ていたのでは、と聞く。



杏子の遺体の胃の内容物が、研究員が見ていたものと異なることが分かる。

実はお弁当だと思ってみていたものが、ケーキだったことを。



犯行当日。

菊谷が訪れたときに、杏子はお弁当を食べ、死亡推定時刻を、杏子自身が計画してずらしたのだった。

杏子は、弟の借金返済に充てるため、自ら死を選んだのだった。

なぜ働いて返そうとしなかったのか。

それは、杏子自身が病を患っており、殺人で死ねば、弟の借金を返済できるからだった。

それを菊谷は、殺害して、協力した。



菊谷を逮捕し、帰っていく察時の後ろ姿を見ながら、渡海は「誰かに手伝ってもらっているのでは」と疑いをかける。

Sponsored Links

まとめ

今回も、浜辺美波ちゃんかわいかったー!

ケーキ屋さんに嬉しそうに出向く姿が、無邪気な感じで特にかわいかったですね!

アリバイのほうは、ちょっと切ない内容でしたが、

「そういう弟は、返したところで、きっとまた借金するよ」

と冷ややかな目で見てしまいましたw(現実的w)

2話は1話に比べて、テンポがよくなかったような…。

後だし証拠なので推理するにもできないし、原作の面白さが伝わりにくそうですね。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)