ハムラアキラ(4話)ネタバレやすずの自殺の真相って今後に関係してる?濃紺の悪魔って結局誰?

2020年1月ドラマ10で放送の「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」は、“世界で最も不運な探偵”である葉村晶が、災難に巻き込まれながら事件を解決に導く姿を描くミステリードラマです。

ハムラのかっこいいふるまいと言動にファンも続出!

推理を楽しむというよりシシドカフカさんを楽しむといってもいいのではないでしょうか。

それでは早速4話のネタバレ感想をお送りします。

Sponsored Links

ドラマ「ハムラアキラ」4話ネタバレって?

ボディーガードの依頼を受けたアキラは?

アキラは村木を通じて、2週間のボディーガードの依頼を受けます。

依頼人は、嫌がらせを受けているというフラワースタイリストの詩織です。

詩織のもとには元カレの名前でネズミの死骸などが送られてきます。

アキラは詩織に不自然なものを感じます。

濃紺の悪魔とは?

「なぜ2週間だけのボディーガードなのか?」と尋ねるアキラに詩織は濃紺の悪魔に出会ったといいます。

疲れていた詩織はその悪魔に殺してほしいと依頼したといいます。

冗談だと思った詩織でしたが、その後嫌がらせや脅迫などが始まったと言います。

アキラはその男の特徴を詩織に聞きます。

その男は首の後ろに青いアザがあったといいます。

アキラは半信半疑ながら詩織の話を信じます。

詩織の元カレにアキラはなぜ嫌がらせをしたかたずねます。

元カレは詩織に10万円で頼まれたと言います。

そのほかに詩織に嫌がらせや脅迫をしていた人物は、詩織から頼まれたと言います。

詩織の目的とは?

アキラは岡田と詩織の事を話します。

詩織のみた濃紺の悪魔をほかに見た人間はいないそうです。

そんなアキラのもとに詩織がやってきます。

詩織は、叔父に病院に連れて行かれるから助けてほしいといいます。

そこに詩織の叔父がやってきます。

詩織はアキラが叔父に告げ口したと言い泣きます。

そのまま詩織は叔父に連れていかれます。

濃紺の悪魔と出会ったアキラは?

真実を知りたいアキラは詩織が濃紺の悪魔と出会ったという店に行きます。

しかしなんの情報も得られませんでした。

帰り道アキラは濃紺のスーツを着た男と出会います。

その男はアキラに詩織を殺した報酬の領収書を渡します。

そして珠洲の真相をしりたくないか?といいます。

その翌日、アキラは村木から詩織が死んだことを聞きます。

濃紺の悪魔がアキラしたプレゼントとは?

翌日アキラに濃紺の悪魔は2つプレゼントがあると電話してきます。

1つしか選べないプレゼントは、珠洲の自殺の真相とアケミの無事でした。

濃紺の悪魔が指定したどちらかの場所に行かないとそのプレゼントは受け取れないということです。

アキラがアケミの居場所を確認すると、アケミは映画を見に行っているということでした。

しかしアキラはアケミの無事を選びその場所に行きます。

そこにはいるはずのないアケミがいました。

次に濃紺の悪魔は、珠洲の自殺の真相と村木の無事をアキラに選ばせます。

アキラは村木を選びます。

戸惑うアキラのもとにまた濃紺の悪魔から電話が来ます。

珠洲の自殺の真相を知る最後のチャンスだという濃紺の悪魔は、自分の死と珠洲の自殺を選ばせます。

アキラは濃紺の悪魔を選びます。

そんなアキラに濃紺の悪魔は、自分の優しさをアキラはもてあましていると言います。

そしてビルの屋上から飛び降ります。

岡田が濃紺の悪魔の素性をアキラに伝えます。

男は裁判官でした。

男はやりきれない事件を何件も目の当たりにしていました。

オーバーフローしたのだとアキラはつぶやきます。

そんなアキラに岡田は、アキラの首の後ろにアザがあるといいます。

驚くアキラに岡田は冗談だと言います。

Sponsored Links

ドラマ「ハムラアキラ」4話感想って?

今回はどこまでが現実でどこまでが想像なのかわからないストーリーでした。

濃紺の悪魔は本当に存在したのでしょうか?

裁判官だということでしたが、結局誰なんでしょうか?

不思議なストーリーでしたが、それがシシドカフカさん演じるアキラの雰囲気に合っていた気がします。

このもやもやした感じが逆に良いですよね!

また1話のストーリーの中心である珠洲の自殺が今回のポイントになっていました。

珠洲の自殺はこれからのストーリーに関係するのでしょうか?

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「ハムラアキラ」4話のネタバレ感想をお送りしました。

次は原作でも人気の高い「悪いウサギ」です。

5話から最終回までの放送となるそうです。

次回5話は、2月21日(金)夜10時から放送です。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)