『恋はつづくよどこまでも』原作ネタバレあらすじや最新キャスト情報!視聴率も気になる!

2020年1月からTBS系毎週火曜日よる10時から放送されるドラマ「恋はつづくよどこまでも」をご紹介します。

ドラマ放送を楽しむために、少しだけ原作ネタバレをして、最新キャスト情報や、気になる視聴率についてもご紹介します。

Sponsored Links

原作についてご説明しましょう

原作のプロフィールをご紹介

原作は真剣勝負の医療現場での、若い女性の恋を描いたラブコメディーとなっています。

  作者    :円城寺マキ
  掲載    :「プチコミック」(小学館)、2016年4月号~2019年2月号
  主な登場人物:佐倉七瀬(さくら・ななせ)、天堂浬(てんどう・かいり)
  ジャンル  :ラブコメディ、病院
  巻数    :全7巻

物語は運命の出会いから始まる

5年前、高校生だった佐倉七瀬が、おばあちゃんが倒れているところに遭遇しました。

七瀬がモタモタしていると、当時研修医だった天堂浬が現れ、適切な処置をして、救急車を呼んでおばあちゃんを助けます。

その時、浬は救急隊員に天堂浬であると名乗ります。

この時に、七瀬は浬に一目ぼれしてしまい、動機は不純ですが、それから猛勉強してナースを目指します。

天堂浬という医者の名前がある病院を探し、七瀬は成宮中央総合病院のナースとなります。

しかし、そこで、浬を見かけた七瀬は驚く事実を知ることになります。

七瀬の想像とはまるで違って、浬の評判は物凄く悪く、浬は”魔王”と呼ばれていました。

そんなことも知らず、七瀬は浬を見かけてすぐに話しかけてしまい、周りの人たちを凍り付かせます。

そんな七瀬を、同僚たちは、”勇者”と呼ぶようになります。

この後どうなるのかな・・

たぶん、第1話はあそこまでだな。

とだいたい想像はつきますが、今はここまでにしておきましょう。

これから、七瀬と浬の恋物語が進展していきます。

Sponsored Links

ドラマのキャストはどうなっているのか

スタッフはこの実力派メンバー

ドラマを支えるのはスタッフです。

スタッフを見るとこのドラマへの意気込みが見えてきます。

脚本:金子ありさ
  最近の作品:「東京独身男子」「中学生日記」「ファイナルカット」

チーフプロデューサー:磯山昌
  最近の作品(編成):「インハンド」「大恋愛」「きみが心に棲みついた」

プロデューサー:宮崎真佐子
  最近の作品:「大恋愛」「監獄のお姫様」「逃げるは恥だが役に立つ」

プロデューサー:松本朋子
  最近の作品:「3年A組」「今日から俺は」「奥様は取扱注意」

演出:田中健太       
  最近の作品:「ノーサイド・ゲーム」「集団左遷」「ブラックペアン」

かなりの豪華メンバーであることが分かりますね。

自称・ドラマ博士の私はすべて見ましたが、一番面白かったのは、うんんんんん。

難しい!!でも、博士なら答えねば・・・、「インハンド」かな。

でも数々の名ドラマを輩出してきたスタッフがお届けするこのドラマは面白いに違いない!

代表して、プロデューサーの宮崎真佐子さんのコメントをご紹介します。

この物語は、ある女の子の一目ぼれから始まる一途な恋の物語です。主人公・七瀬は何度フラれても無謀すぎる恋に突き進んでいきますが、その姿はまさに「勇者」。見ていて元気が湧いてくるようなパワフルなラブストーリーを作りたい。そんな思いでこのドラマを作っていきます。・・・・・二人の関係性が、じわじわと近づいていく様子をぜひテレビの前でドキドキしながら楽しんでいただきたいです。

最新キャスト情報をお伝えします

佐倉七瀬:上白石萌音

上白石萌音さんが新米看護師に挑戦します。

公式HPでのコメントはこちらです。

ラブコメディではありますが、人の心の動きがリアルで丁寧に描かれているなと台本を読んで思いました。
私が演じる七瀬は、恋だけじゃなくて、人として、ナースとして成長したいという思いが徐々に芽生えてくるので、男性としての憧れと、医療の現場で働く人としての憧れという2つの想いを持って天堂先生を追いかけているんだと感じたので、七瀬と共に自分自身も成長したいと思っています。

天堂浬:佐藤健

佐藤健さんが”超ドS”で、魔王と呼ばれる医者を演じます。

佐藤健さんの演技を楽しみしています。

公式HPでのコメントはこちらです。

役柄の説明を受けた時に、ドSの“S”はストイックの“S”だという話をされていて。天堂は、いわゆるサディスティックというだけではなくて、日々命と向き合わなくてはならない医療の現場に身を置いており、どうしてもストイックにならざるを得ない…その結果、自分にも人にも厳しくしすぎてしまうところがある人物なのかなと捉えています。

なんとなく、るろうに剣心の”人斬り抜刀斎”を思い出しました。

抜刀斎の鋭い目が、見れそうですね。

他にも登場人物はいますが、今のところ公開されていません。

七瀬の同僚で相談相手の海砂(みさ)や、浬の姉の流子(りゅうこ)、など誰が演じるのか楽しみですね。

スタッフの面々から出演者を予想するのも楽しいかもね。

視聴率を考えてみた

最近のTBS火曜夜10時のドラマの視聴率はこちらです。

2019年秋「G線上のあなたと私」(7話まで)7.5%(主演:波瑠)
2019年夏「Heaven? ご苦楽レストラン」8.7%(主演;石原さとみ)
2019年春「わたし定時で帰ります」9.7%(主演:吉高由里子)
2019年冬「初めて恋をした日に読む話」8.5%(主演:深田恭子)

話題性はあるのですが、目安とされる10%を超えているドラマはありません。

2019年冬の「初めて恋をした日に読む話」は、最近大人気の横浜流星さんのピンク頭が話題を呼びました。

記録より記憶に残るドラマ枠ですね。

もう少し前の2018年夏に放送された「義母と娘のブルース」(主演:綾瀬はるか)の視聴率は14.2%となっています。

実はこの「義母ムス」では、娘(高校生)の役に上白石萌歌さん(萌音さんの妹)が出演していました。

萌音さんにも頑張ってほしいですね。

ドラマの視聴率は、キャストや同じ曜日に放送されるドラマの影響(関テレ火曜9時)が大きいです。

今のところ、判明しているキャストは、上白石萌音さん、佐藤健さんだけなので、他のキャストに注目したいです

脇をしっかり固めてこそ、名ドラマが生まれます。

同じ曜日に他局放送の強敵がいそうなので、目安となる視聴率は過去1年平均の8.6%といったところでしょう。

Sponsored Links

まとめ

『恋はつづくよどこまでも』の原作ネタバレを少しだけご紹介しました。

ドラマは内容だけでなく、キャストやスタッフによっても雰囲気が変わります。

このドラマには実績のあるスタッフが揃っているので、これから公表されるキャストに注目したいです。

視聴率は同じ曜日の他局ドラマが気になるので、目指せ!9.0%越えですね。

私の予想に反して「義母ムス」越えをしてほしいです。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)