大江戸スチームパンク|ネタバレやあらすじ!主演・萩原利久の演技力や評判は?

「大江戸スチームパンク」は、テレビ大阪で2020年1月18日(土)深夜25時26分からスタートの関西ローカルの深夜ドラマです。

江戸と似ているようで違う町「大江戸」を舞台とするSFコメディ時代劇で、主演は萩原利久さんが務めます。

監督は、2003年の映画「美女缶」で注目された筧昌也さん、脚本は、劇団ヨーロッパ企画の酒井善史さんが担当します。

ドラマ「3年A組」で注目された萩原利久さんが初の本格コメディに挑戦ということで、どんなドラマなのかめちゃくちゃ気になります!

今回は「大江戸スチームパンク」のネタバレやあらすじと主演の萩原利久さんについて調べてみました。

Sponsored Links

「大江戸スチームパンク」ネタバレあらすじって?

「大江戸スチームパンク」のあらすじは、数百年の昔、遥か彼方の青い星にあったという、江戸と似ているようで違う町、大江戸で暑さにだけ強い青年・佑太が、天才発明家・平賀源内と出会い、ヒーローになる物語です。

「大江戸スチームパンク」は、原作はなく劇団ヨーロッパ企画の酒井善史さんが書き下ろした完全オリジナル作品です。

原作がないので、見ていて先の読めない展開が楽しめますね!

Sponsored Links

「大江戸スチームパンク」萩原利久ってどんな人?

名前萩原利久(はぎわらりく)
出身埼玉県
生年月日1999年2月28日

「大江戸スチームパンク」で暑さにだけ強い青年・佑太を演じているのは、萩原利久さんです。

萩原利久さんは、子役出身の俳優です。

2009年、10歳の時にバラエティ番組「めちゃめちゃイケてる」でオカレモンJrとして出演をしています。

その後、2010年にはNHKの「週刊こどもニュース」に出演し、2016年映画「INNOCENT15」で主演を務めた。

その他、子役時代から数えると多くのドラマや映画に出演しています。

そして2019年「3年A組-今から皆さんは、人質です」で頭脳明晰でクールな逢沢博己の役で注目を浴びます。

そんな萩原利久さんの性格は、ご本人曰く「三日坊主」だということです。

三日坊主というとすぐに飽きてしまう性格を想像します。

しかし萩原利久さんはそんな性格の自分でも俳優の仕事は、ずっと続けたいと思った仕事だということです。

映画で共演した菅田将暉さんは、萩原利久さんのことを中学生のことからしっかりしていて俳優としての将来を見据えていたと言います。

萩原利久さんは、演技に対しては三日坊主でなく熱い想いをもって取り組んでいる俳優さんということですね。

演技力や評判は?

そんな萩原利久さんの演技力は、上手いという評判の声が多く聞こえてきます。

子役出身で、演技に対して中学生のころからしっかりと取り組んでいる萩原利久さんなので、当然なのかもしれませんね。

演技に対する柔軟さもあると評判です。

今後が期待できる若手俳優さんのひとりですよね!

「大江戸スチームパンク」で、初の本格コメディに挑戦する萩原利久さんの演技にも注目ですね!

Sponsored Links

まとめ

ここまで「大江戸スチームパンク」のネタバレあらすじと主演の萩原利久さんについてお送りしてきました。

「大江戸スチームパンク」は、原作のない完全オリジナルドラマです。

また若手注目の俳優さんである萩原利久さんが主演し、初の本格コメディに挑戦します。

それだけで、ぜひ見てみたいドラマです!

しかしこのドラマは、テレビ大阪放送なので関西ローカルということで、関東地方では見ることが出来ません。

ただ、放送終了後よりTSUTAYAプレミアムにて配信予定ということです。

そんな「大江戸スチームパンク」は、2020年1月18日(土)深夜25時26分からスタートです。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)