テセウスの船|2話ネタバレ感想!三島明音が誘拐されたが犯人は?小屋を覗いた目は翼なの?

2020年1月の日曜劇場「テセウスの船」は、警察官の父親が起こした殺人事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、事件の謎を追うミステリーです。

1話で、主人公である田村心は父親・佐野文吾が事件を起こす少し前にタイムスリップしました。

そこで自分が生まれる前の家族に出会います。

父親である佐野文吾に会い、犯人でないと感じた心は真犯人を見つける決意をします。

それでは、さっそく2話のネタバレ感想をお送りします。

Sponsored Links

ドラマ「テセウスの船」2話ネタバレって?

心は教師の木村さつきの口利きで、音臼小学校の臨時教員の面接を受けることになります。

文吾と一緒に面接を受けた心は、無事合格します。

田中義男の家にあった不気味な絵は?

由紀の事件ノートによると、3日後に田中義男の家が火事になり、その翌日にあかねが行方不明になるということでした。

村で起こる事件を止めて、文吾が逮捕される過去を変えようと決意します。

心は文吾に火事の事を伝えます。

警戒のため、文吾と一緒に田中義男の家に行くとそこに新聞配達員の長谷川翼がいました。

翼は心を見ると泥棒だと言い帰ってしまいます。

目の見えない義男の言葉を書き取るノートを見ると、不気味な絵が描かれています。

動物のような絵と、泣いている女の子と黒く塗りつぶされた女の子の絵でした。

心はその絵が気になります。

小学校の教師となった心は、ウサギ小屋で子供たちと遊ぶ翼を見ます。

ウサギを殺したのは誰?

次の日学校へ行くと、ウサギが殺されていました。

口から血を吐いたウサギは、毒殺されたと思われます。

そこへ翼がやってきます。

子供たちにアメを渡す翼に、心は知らない人からものをもらうなと言います。

教室では、心がパラコートを盗んだことを翼から聞いた生徒たちが心を人殺しとはやし立てます。

鈴は、そんな同級生たちにやめてと言います。

それを受け、鈴の後ろにいた少年も同じようにやめてと言います。

心のもとに刑事の金丸がやってきます。

しかし佐野が心をかばいます。

鈴は心の事であかねとけんかしてしまいます。

あかねとけんかした鈴は?

心はふたたび田中義男の家に行き、あの不気味な絵を見ます。

よく見ると動物はウサギでした。

あの絵に意味があると思った心はそのことを文吾に伝えます。

子供たちに明るくふるまう翼は、婚約者の紀子には横暴な態度をとっていました。

火事が起こる予定の日に心と文吾は、田中義男の家に行きます。

そこで文吾は心の事件ノートを見てしまいます。

心は文吾からノートを奪い取ります。

その時、鈴があかねと会うと言ったきり帰ってこないと和子から電話が来ます。

あの不気味な絵の女の子は、鈴とあかねなのでは?と、心と文吾は探しに行きます。

いなくなった鈴はどこに?

雪の中でさまよう翼を心は見つけます。

しかし翼はぼんやりしていて要領を得ません。

翼が立ち去った後、文吾がやってきます。

心は「なぜ鈴まで」とつぶやきます。

その言葉を聞いた文吾は、心の事件ノートの事を思い出します。

もし事件の事を知っているなら、そのノートを見せてくれと心に詰め寄ります。

文吾の事件の事を知られたくない心は、ノートを見せることを拒否します。

そんな心を文吾は殴ります。

そんな時、鈴が見つかったと村人が教えにきます。

鈴はあかねとバス停で待ち合わせしていました。

しかしあかねはやってきませんでした。

金丸は心を疑います。

あかねを連れ去ったのは?

あかねは暗い部屋に閉じ込められて泣いていました。

のぞき穴のようなところからあかねを監視する目がありました。

心は一晩中あかねを探します。

次の日も村中であかねを探しますが見つかりません。

和子の気持ちを聞いた心は?

あかねが見つからず落ち込む心のもとに和子がやってきます。

和子はいつもお参りをしている祠に心を連れて行きます。

2人はあかねのためにお祈りをします。

和子は家族がいれば何でも乗り越えられるといいます。

そんな和子に心は友達の話として自分の境遇を話します。

そしてその母親は、子供たちに父親を忘れろと言ったと言います。

家族なんて信頼しているようでももろい関係だと心は言います。

そんな心に和子は、自分も同じことを言うと言います。

そのことが子供たちを守ることになるから、そして心のなかでお父さんには「これでいいよね」というと言います。

心は和子がほんとうは文吾のことを信じていたということを知ります。

そんな時、文吾と子供たちがやってきます。

文吾は心に鈴を気にかけてくれたお礼と、心を信じることを伝えます。

いなくなった翼はどこ?

次の日、翼が無断欠勤をしていることを聞いた心は翼の家に行きます。

翼の家には婚約者の紀子がいましたが、翼はいないということでした。

家の表札に書かれた名前で婚約者の名前が佐々木紀子だと知った心は、事件ノートに佐々木紀子が自殺したことが描かれていることを思い出します。

メッキ工場に勤める紀子なら薬品を手に入れることが出来ます。

やはり翼が?と思った時、心のもとにみきおがやってきます。

不気味な絵を見たみきおは、女の子の上にある竹とんぼのようなものは風速計だと言います。

心と文吾が風速計がある小屋に行くとそこにあかねが倒れていました。

あかねにはまだ息がありました。

そこに金丸がやってきて心を逮捕しようとします。

そんな時、翼が死んだという連絡が入ります。

金丸は心を逮捕します。

Sponsored Links

ドラマ「テセウスの船」2話感想って?

心が逮捕されてしまいました。

次回どうなるんでしょうか?

そして怪しいと思っていた翼が死んでしまいました。

ただ翼は事件の事を知っていた感じです。

黒幕は誰なんでしょうか?

またあの目は誰なんでしょうか?

今のところ村人全員が怪しすぎます。

そして和子と心のシーンは号泣でした。

過去の家族と触れ合うことで、心の気持ちがどんどん変わっていってますよね。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「テセウスの船」2話のネタバレ感想を送りしました。

逮捕された心はどうなるんでしょうか?

次回「テセウスの船」3話は2月2日(日)夜9時スタートです!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)