テセウスの船(5・6話)オレンジジュースを持つ人は誰?ドラマ版は安藤政信が犯人じゃない?

2020年1月の日曜劇場「テセウスの船」は、警察官の父親が起こした殺人事件によって失われた家族の笑顔を取り戻すため、事件の謎を追うミステリーです。

5話でついに文吾の無実を証明してくれる松尾が現れます。

松尾は、翼の婚約者の佐々木紀子でした。

一度証言を拒否した紀子でしたが、心の説得と文吾の優しさにより証言をする決意をします。

しかしさつきの妨害により、紀子は真犯人の可能性のある人物の名前を言う前に死んでしまいます。

Sponsored Links

オレンジジュースを持つ人は誰?

紀子が証言をすることを鈴の義理の母親であるさつきが邪魔します。

そして鈴が倒れた隙に、さつきは紀子と話をします。

紀子はさつきに証言を止めるように言います。

しかし紀子は、それを拒否します。

その後、紀子は死んでしまいさつきは救急車で運ばれます。

病院に入院するさつきのもとにオレンジジュースをもった人物が現れます。

その人物は誰なんでしょうか?

またどんな目的でオレンジジュースを持ってきたのでしょうか?

足元しか映っていませんでしたが、恐らく男性だと思われます。

歩いていることから、息子のみきおではないと考えられます。

しかし現時点で現代にいる男性のキャストは心しかいません。

もしかしたらみきおは本当は歩けるのでしょうか?

だとしたら、みきおがさつきの病室にオレンジジュースを持ってきた目的は何なんでしょうか?

ドラマ版は安藤政信が犯人じゃない?

実は原作の犯人は、安藤政信さんが演じる加藤みきおです。

しかしドラマ版の「テセウスの船」は、原作とは少し違います。

たとえば原作では明音は死んでしまいますが、ドラマ版では一命を取り留めます。

もしかしたらドラマ版は、結末が違っていて犯人も違うのかもしれません。

ちなみに原作者・東元俊哉さんから原作とは違う真犯人になるという話があったそうです。

だとすると犯人は一体誰なんでしょうか?

やはり5話のラストでオレンジジュースを持った人物が怪しいのでしょうか。

また単独犯でなく複数犯の可能性もあります。

やはりさつきも怪しいと思います。

みきおが犯人でないとしてもさつきは何か事件について知っていると思います。

Sponsored Links

まとめ

ここまで「テセウスの船」の犯人についてお送りしました。

真犯人は一体誰なんでしょうか?

またオレンジジュースをもっていた人物は真犯人なんでしょうか?

また目的は何なんでしょうか?

ここまで原作とドラマでは少し違う内容となっています。

もしかしたらドラマ版での犯人は原作とは違い、安藤政信さん演じる加藤みきおではないのでしょうか?

原作者・東元俊哉さんもそのように明言しているようです。

原作と違うとなるとますます次回の展開が楽しみですね!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)