トップナイフ(10話最終回)ネタバレや深山と真美の関係はどうなる?カプグラ妄想って何?

2020年1月日本テレビ系土曜ドラマ「トップナイフ」は、「手術の天才」が集う東都病院・脳神経外科を舞台に、葛藤する医師の姿を描くリアル・ドクターストーリーです。

9話では今出川が妻の里美の手術のために、黒岩と西郡を呼んだことが分かりました。

また母親に殺されそうになったという少年・徹が運ばれてきます。

それでは早速最終回10話のネタバレ感想をお送りします。

Sponsored Links

ドラマ「トップナイフ」10話(最終回)ネタバレって?

母親に殺されそうになった徹は?

真美の新しい母親が深山のもとにやってきます。

真美は学校へ行っておらず、不登校気味だといいます。

これからオペがあるという深山に対し、母親は真美を返してくれといいます。

今出川の妻である里美の手術は順調に進んでいました。

しかし突然急変します。

そこへ黒岩と深山が合流し、どうにか手術は無事に終わります。

一方、徹は深山に母親の良美に殺されたといいます。

深山は良美に脳の損傷による妄想であるといいます。

しかし良美は自分は徹を殺そうとしたといいます。

良美は、シングルマザーで徹を育てていました。

徹は中高一貫の進学校へ通っていましたが不登校でした。

学校へ行かない徹と言い争いをしているときに、良美は徹を突き飛ばしてしまったようです。

徹は看護婦に母親は偽物で、母親を乗っ取った宇宙人だと言います。

深山と真美の関係は?

徹は脳の損傷によるカプグラ妄想だと診断されます。

そのせいで母親が宇宙人だと妄想しているようです。

深山は家に帰ります。

そして真美に学校へ行ってないことを訪ねます。

そんな深山に真美はこの家に来てよかったといいます。

真美は、幼いころ仕事に夢中な深山が自分に興味がないと思っていました。

しかしこの家に来てそうじゃなかったということが分かったといいます。

そしてお母さんは私の誇りだといいます。

母親が宇宙人に見える徹は?

病院では、良美が徹に殴られたといいます。

徹は良美の皮をはがしたら宇宙人が出てくるからだといいます。

そして徹は、母親にひどいことを言ったことを後悔していました。

深山は落ち込む良美に徹が母親に謝りたがっていると言います。

そんな時、徹の病状が悪化します。

緊急オペをする徹のもとに良美がやってきます。

そんな良美に徹は「お母さん、ごめん」といいます。

一方、真美は深山のもとにやってきます。

「もう逃げない」といい、家に帰ることを決意します。

深山の決意とは?

里美の意識が戻ります。

そして徹のオペが無事に終了します。

意識の戻った徹は良美に「お母さん」といいます。

深山は今出川から部長を引き継ぐことにします。

しかし手術も続けるといいます。

BARカサブランカで深山の新部長の就任パーティが行われました。

しかしその最中、救命から緊急の連絡が入ります。

その知らせを受けて深山たちは病院に急ぐのでした。

Sponsored Links

ドラマ「トップナイフ」10話(最終回)感想って?

深山の娘の真美が結局家を出て行ってしまったのはさみしかったです。

しかし真美とのわだかまりが解けての別れでした。

このシーンは、とにかく泣けました。

また幸子と来島の関係はどっちつかずで終わりました。

出来ればうまくいってほしかったので残念です。

そして徹のガプグラ妄想とは何なんでしょうか?

家族や身近な人たちが入れ替わっているという妄想を抱いてしまう精神疾患の一種だそうです

だから徹は、母親が宇宙人だと思い込んでしまったんですね。

このドラマは、いままで聞いたことのない病名がたくさん出てきました。

嘘みたいな症状もすべて脳の疾患だということに驚きの連続でした。

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「トップナイフ」10話(最終回)のネタバレ感想をお送りしました。

医療ドラマで少し難しいところもありましたが、ストーリーが面白くて見ごたえがありました。

そして深山役の天海祐希さんが、とにかく美しくカッコよかったです。

また違うドラマでドクターの天海さんをみたいですよね!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)