トップナイフ|1話ネタバレ感想!天海のキレの良さとエンディングダンスが話題に!

2020年1月日本テレビ系土曜ドラマ「トップナイフ」は、「手術の天才」が集う東都病院・脳神経外科を舞台に、葛藤する医師の姿を描くリアル・ドクターストーリーです。

原作は、ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」シリーズなどを手掛けた林宏司の同名小説で、脚本も担当します。

主演は、天海祐希さんです。

他に、椎名桔平さん、広瀬アリスさん、永山絢斗さんらが出演します。

それでは早速「トップナイフ」1話のネタバレ感想をお送りします。

Sponsored Links

ドラマ「トップナイフ」1話ネタバレって?

「お前が人生を無茶苦茶にした。」

そんな声で深山瑤子は目を覚まします。

瑤子は上司の今出川に、新しい脳外科医3人を自分がまとめるということに文句を言います。

赴任早々、新しい脳外科医の一人である幸子は急患の対応をします。

しかし、なにもできずにオロオロします。

そんな時、瑤子が現れ手際よく処置をします。

瑤子は使い物にならない幸子に苛立ちます。

またもう一人の新しい脳外科医の黒岩と西郡は腕は確かだが、くせ者ということでした。

瑤子は、今出川に幸子の事で文句をいいますが、今出川は幸子は瑤子に必要だと言いいます。

手術を拒否する患者の家族に瑤子は?

そんな中、瑤子は黒岩が担当している患者の妻である宅間みどりからもっと患者を診てくれる医者に手術をやってほしいと言われます。

黒岩は手術のみの契約で病院に来ていました。

瑤子は、それならば今まで経過を見ていた自分が手術をするといいます。

夫の手術を中止するみどりの真意は?

手術当日、瑤子と黒岩は患者に対する向き合い方で言い争いになります。

宅間の妻のみどりは息子に手術のことで電話します。

息子はみどりにほんとうにそれでいいの?と尋ねます。

そしてみどりは瑤子に手術の中止を訴えます。

みどりは手術が成功して夫が元に戻るのが怖いと言います。

脳腫瘍によって入院した夫は温厚な性格になったといいます。

昔は今のような温厚な性格だったが、脱サラした8年前から粗暴な人格になったと言います。

手術で腫瘍を取ったらまた以前の性格になってしまうんではないかと怯えていました。

瑤子は、それは誰にもわからないといいます。

しかしその粗暴な性格こそが脳腫瘍によるものではないかといいます。

みどりの話を聞いた瑤子は、今出川に自分が宅間さんを戻しますと言います。

幸子の誤診に黒岩の判断は?

そんな中、幸子が問題ないと診断した患者が具合が悪いといい病院内のベンチで横になっていました。

その患者を見た黒岩はすぐに手術すると言います。

患者は、首に出血がありました。

黒岩の判断により患者の命は救われました。

一方、宅間の脳のなかにはサナダムシの卵がありました。

瑤子は手術成功と脳腫瘍ではなかったことをみどりに告げます。

みどりは、脳腫瘍ではないのなら夫の性格は変わらないのではと不安になります。

しかし息子はきっと昔のお父さんに戻るからといいます。

意識の戻った宅間は、躊躇するみどりの手を優しく握ります。

Barカサブランカでは、手術を終えた瑤子たちがいました。

瑤子は黒岩に「つぎのトップナイフは私だから」と宣戦布告します。

Sponsored Links

ドラマ「トップナイフ」1話感想って?

とにかく天海祐希さんがカッコ良かったです!

まさに姉御って感じですよね。

ストーリーも面白くって見ごたえがありました。

広瀬アリスさんのキャラは、憎めなくてかわいかったです。

またエンディングでダンスするは「女王の教室」と同じですよね!

天海祐希さんのダンスがめちゃくちゃステキすぎました。

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「トップナイフ」のネタバレ感想をお送りしました。

脳神経外科を舞台にしたリアルドクターストーリーです。

天海祐希さんがカッコよくて、ストーリーも見ごたえのあるドラマでした。

次回がさっそく楽しみです!

そんな「トップナイフ」2話は1月18日(土)夜10時からスタートです。

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)