『やめるときも、すこやかなるときも』原作ネタバレやあらすじ!キャストや主題歌も!

2020年1月21日(火)深夜0時59分から放送予定のシンドラ「やめるときも、すこやかなるときも」は窪美澄の同名小説のドラマ化です。

職人として伸び悩む家具職人・須藤壱晴と、広告制作会社に勤める本橋桜子が相手を思う純粋な気持ちでなく「自分のため」に恋愛を始めるラブストーリーです。

主演は、須藤壱晴役にKis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん、本橋桜子役に奈緒さんがキャスティングされています。

今回は、このシンドラの枠で初となるラブストーリーの「やめるときも、すこやかなるときも」の原作ネタバレあらすじやキャストを調べてみました。

Sponsored Links

「やめるときも、すこやかなるときも」の原作ネタバレやあらすじは?

家具職人の須藤壱晴は、大切な人を亡くしたことが原因で毎年12月になると数日間声がでなくなるという症状に悩まされていた。

心療内科医にかかると「記念日反応」だと診断されます。

そして「その声が出なくなった原因の出来事が起きた場所に信頼できる誰かと行けば声が出るようになるかもしれない。」と言われます。

しかし、高校を卒業してから十数年その症状と付き合ってきた。

一方、印刷物の制作会社に勤める本橋桜子は、父親が経営する印刷会社を倒産させた後、困窮する家庭を経済的に支えて、男性とは縁遠いまま32歳を迎えていた。

どこか欠けた2人が出会い、純粋な気持ちではなく、自分のために恋愛を始めます。

実は、壱晴が桜子に惹かれたのは、家庭環境も含めて桜子がどこか死んだ恋人を思い出させるからでした。

桜子に出会ったことで壱晴は初めて自分の過去に向き合おうとします。

そんな傷を抱えて生きる壱晴に惹かれた桜子だが、その記憶の重さを知り気持ちが後ずさってしまいます。

好きだけでは進めない現実に、2人は苦しみます。

Sponsored Links

「やめるときも、すこやかなるときも」のキャストは?

現在発表されているキャストは、主演の2人のみです。

須藤壱晴役/藤ヶ谷太輔

名前藤ヶ谷太輔(ふじがやたいすけ)
出身神奈川県
生年月日1987年6月25日

大切な人を亡くしたことでトラウマを抱える家具職人の須藤壱晴を藤ヶ谷太輔さんが演じます。
自分のために恋愛をする

本橋桜子役/奈緒

名前奈緒(なお)
出身福岡県福岡市
生年月日1995年2月10日

広告制作会社のOLで恋愛に対してコンプレックスを抱えている本橋桜子を奈緒さんが演じています。

Sponsored Links

「やめるときも、すこやかなるときも」の主題歌は?

主題歌はまだ発表されていません。

しかしドラマは、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さんが主演のドラマです。

なのでKis-My-Ft2が主題歌を担当する可能性は高いと思います。

「やめるときも、すこやかなるときも」は切ないラブストーリーなので、おそらくバラード系の主題歌になるのでは?と思います。

どんな曲になるのか楽しみですね!

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」の原作ネタバレあらすじとキャストをお送りしました。

窪美澄の同名小説をドラマ化した切ないラブストーリーで、主演は、Kis-My-Ft2の藤ヶ谷太輔さん、奈緒さんです。

自分のために恋をすることで「一生添い遂げる」ことへの意味を問う物語ということで、涙なしでは見ることが出来ないドラマだと思います。

そんな「やめるときも、すこやかなるときも」は、2020年1月21日(火)深夜0時59分から放送予定です!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)