M 愛すべき人がいて(1話)ネタバレ感想!安斉の演技が下手との声も?田中みな実の怪演が話題に!

テレビ朝日系「土曜ナイトドラマ」で2020年4月18日から放送の「M 愛すべき人がいて」は、歌姫・浜崎あゆみ誕生に秘められた出会いと別れを描いた同名小説が原作です。

主演は、本作がドラマ初主演となる安斉かれんさんと三浦翔平さんです。

それでは早速1話のネタバレ感想をお送りします。

Sponsored Links

「M 愛すべき人がいて」1話ネタバレって?

1993年福岡で、アユは祖母・幸子に東京へ行くことを告げます。

「東京へいって夢をかなえる」

アユと幸子は上京して親戚の里美のもとへ行きます。

上京したアユは?

上京したアユは、高校に通いながらエキストラのような仕事をこなします。

その高校でアユは歌手を目指す玉木理沙と出会います。

理沙はアユを「A VICTORY」のカリスマプロデューサーであるマックス・マサが主催する六本木のディスコ・ベルファインに誘います。

マサはそこで次のスターを探しているということでした。

アユが理沙とベルファインにいくとそこにマサがやってきます。

危機感を持つマサは?

マサは会社の売り上げをカリスマプロデューサー輝楽天明ひとりに頼っていることに不安を覚えていました。

そして輝楽プロデュース以外の新しいスターを探していました。

しかし輝楽に頼る社長の大浜は聞く耳を持ちません。

アユとマサの出会い

その夜マサは部下の流川に売れると思うやつを連れて来いと言います。

流川は何人かの女の子たちに声をかけ、アユの友達の理沙にも声をかけます。

アユはそんな流川に強引に自分も連れて行ってくれと頼みます。

しかしマサは女の子たちに横柄な態度で接します。

そんなマサにアユは反抗的な態度をとります。

マサはアユに自分の電話番号を渡します。

何度かマサから電話がかかってきますが、「元気か?」と聞くだけでした。

しかし7回目の電話でマサはアユと会いたいと言います。

指定されたお店にアユが行くとそこにはマサがいました。

マサはこれからテストを始めるといいます。

アユのデビューを阻むものは?

アユの歌を聞いたマサは、アユには歌手が向いているといいます。

そして歌うときに目の前の人に伝えるようにしろと言います。

時間は2001年に戻ります。

大舞台で歌うアユは、そのマサの言葉を思い出しながら歌います。

そしてまた1993年に戻ります。

マサはアユをプロデュースしようと決意します。

しかしそのことを秘書の姫野と社長の大浜はよく思っていないようでした。

そしてアユは所属している社長の中谷からマサと会わないように言われてしまいます。

アユは中谷に事務所を辞めるといいマサのもとへ行きます。

しかし秘書の姫野が2人を合わせないよう策略をしていました。

アユはマサに自分がいることをきづいてもらうために歌います。

アユの歌声に気づいたマサは、アユを見つけます。

そしてマサはアユに自分を信じろといいます。

Sponsored Links

「M 愛すべき人がいて」1話感想って?

主演の安斉かれんさんが初々しくてかわいかったです!

多少演技はぎこちなかったですが、それもかわいいのでほほえましく見てしまいました。

アユとマサ以外のキャストもどれも個性的で、モデルが誰なのか気になりますよね。

そしておそらくオリジナルキャラクターである田中みな実さんの怪演も気になります。

ただあの大げさな演技に逆にハマりそうです!

SNSの評判は面白いとそうでもないが半々でした。

じわじわとも白さが来るドラマだと思います。

Sponsored Links

まとめ

ここまでドラマ「M 愛すべき人がいて」1話ネタバレ感想をお送りしました。

どうなんだろうと半信半疑でみたドラマでしたが、大げさな演出などが面白いと私は思います。

次回も楽しみですね!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)