キャプテン・マーベルのネタバレやあらすじ!キャストのブリー・ラーソンの演技評価は?

『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めて存在が示唆されたキャプテン・マーベル。

そのキャプテン・マーベルを主役にした映画『キャプテン・マーベル』が、2019年3月15日に日本で公開されます。

マーベル作品ということで、楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。

『キャプテン・マーベル』はMCU史上初の女性が単独で主役となる映画です。

新たなる試みに期待の声も高まっています。

『キャプテン・マーベル』とはどのような映画なのでしょうか?

Sponsored Links

キャプテン・マーベルってどんな映画?

『キャプテン・マーベル』とは、「マーベル・コミック」に登場する人物「キャプテン・マーベル(キャロル・ダンバース)」を主役にした映画です。

「マーベル・コミック」は「DCコミック」と並ぶ、人気アメコミ出版社で、日本でも人気があります。

これまでに、「アイアンマン」「キャプテン・アメリカ」など、多くのスーパーヒーローを誕生させました。

それらのスーパーヒーローの実写映画を、同じ世界観として扱ったのが、「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」です。

『キャプテン・マーベル』は「MCU」史上初めて、女性が単独主役となる映画です。

普段映画を見ることのない人でも、『アベンジャーズ』などは見たことがあるのではないでしょうか?

キャプテン・マーベルは、その『アベンジャーズ』の3作目の『アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー』で初めて存在が示唆されました。

さらに公開予定の『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも、キャプテン・マーベルは重要な鍵を握るとされています。

そんな気になるキャラクターであるキャプテン・マーベルを描いた映画ということで、注目している人も多いでしょう。

さっそく、あらすじを見ていきましょう。

Sponsored Links

キャプテン・マーベルのあらすじは?

舞台はアベンジャーズ結成前の1995年。

ロサンゼルスのビデオショップに一人の女性が空から落ちてきます。

彼女こそ、後にキャプテン・マーベルとなるキャロル・ダンバースです。

彼女は驚異的な能力を持っていました。

しかし、過去の記憶を失くしており、身に覚えのない記憶のフラッシュバックに悩まされていました。

そして、彼女の記憶に隠された秘密を狙い、正体不明の敵に襲われることになります。

一体、彼女の記憶に隠された秘密とは何なのか?

キャロル・ダンバースは、どのようにしてスーパーヒーロー「キャプテン・マーベル」になるのか。

日本では、2019年3月15日に公開予定です。

キャプテン・マーベルは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』でも重要な鍵を握っています。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

Sponsored Links

キャプテン・マーベルのキャストは?

MCU史上初の女性ヒーローが主役となる『キャプテン・マーベル』。

続いて、出演者をみていきましょう。

ブリー・ラーソン(キャプテン・マーベル/キャロル・ダンバース)

この映画の主役「キャプテン・マーベル」を演じるのは、ブリー・ラーソンです。

ブリー・ラーソンは、1989年からテレビ番組の子役として女優活動をはじめました。

これまでに、『21ジャンプストリート』、『ドン・ジョン』、『ショート・ターム』、『ザ・ギャンプラー/熱い賭け』などの映画に出演。

2015年には、実際に起きた事件「フリッツル事件」を基にした映画『ルーム』に主演しました。

この映画でブリー・ラーソンは、アカデミー賞主演女優賞やゴールデングローブ賞ドラマ部門主演女優賞などを受賞しました。

『キャプテン・マーベル』に出演するにあたって、ブリー・ラーソンは役作りのために空軍基地を訪れ現役のパイロットに会うなどをしました。

また、9ヶ月間に及ぶトレーニングもしました。

MCU初の女性単独主役映画ということで、どのような演技をしているのか楽しみですね。

サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)

「アベンジャーズ」シリーズでおなじみのニック・フューリー。

演じるのはベテラン俳優のサミュエル・L・ジャクソンです。

『キャプテン・マーベル』では、アベンジャーズ結成前の若きにのニック・フューリーが登場します。

この映画は、ニック・フューリーが片目を失う前の話で、アイパッチをしていないフューリーの姿が描かれています。

時代設定が過去の1995年ということで、デジタル技術によって25歳若返った姿に処理されています。

クラーク・グレッグ(フィル・コールソン)

『アイアンマン』や『マイティ・ソー』にも登場したS.H.I.E.L.D.エージェントのフィル・コールソンも出演します。

演じるのは、これまで同様クラーク・グレッグです。

コールソンは『アベンジャーズ』でロキによって殺されてしまいますが、S.H.I.E.L.D.の秘密の計画により、生き返りました。

その後、S.H.I.E.L.D.は崩壊することになります。

崩壊後はフューリーの命を受けて長官になり、組織の再編を図りました。

この映画では、コールソンの新人の時が描かれており、フューリー同様デジタル技術で25歳若返った姿に処理されています。

Sponsored Links

ブリー・ラーソンの演技の評価は?

『キャプテン・マーベル』がアメリカで公開されるのは、日本よりも早い2019年3月8日です。

まだ公開前ということで、作品やブリー・ラーソンの演技の評価は残念ながらわかりませんでした。

しかしながら、ブリー・ラーソンは『ルーム』で素晴らしい演技をしました。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞も受賞しています。

きっと素晴らしい演技を見せてくれるのではないでしょうか。

まとめ

マーベル作品は非常に人気があり、ファンも多いです。

『キャプテン・マーベル』はMCU史上初めての、女性が単独で主役となる映画です。

この新しい試みに期待の声も高まっています。

主役のキャプテン・マーベルを演じるのはブリー・ラーソンです。

『ルーム』では、アカデミー賞やゴールデングローブ賞を獲得するなど実力はあります。

アベンジャーズではおなじみのニック・フューリーやフィル・コールソンも登場します。

ファンにとっては嬉しいですね。

日本では、2019年3月15日に公開されます。

ぜひ『キャプテン・マーベル』をチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)