31日間無料トライアル実施中!


『チャーリーズエンジェル』(リブート版)ネタバレやあらすじは?新キャストの演技評価は?

「チャーリーズエンジェル3(リブート版)」の制作が発表されました。

現在はまだ、監督とメインキャストが決定したばかり。

そんな「チャーリーズエンジェル3(リブート版)」のネタバレやあらすじ、
新キャストの演技評価にせまってみたいと思います。

Sponsored Links

「チャーリーズエンジェル3(リブート版)」ってどんな映画?ネタバレは?

残念ながら、オフィシャルにはあらすじも何も発表がありません。

海外のメディアが推測しているのは、
かつてのエンジェルたちよりも、よりパワフルで、グローバルな活躍をするのではないか、
という意見が多かったですね。

アメリカを飛び出し、ヨーロッパやアジアなどでも任務を遂行することがあるかもしれません。

また、「チャーリーズエンジェル3」では、時代を反映して
女性のアイデンティティを高めたものになるだろう、ともありました。

とはいえ、「チャーリーズエンジェル」と言えば、
セクシーで健康的、女性の魅力を武器に迫り、実はめちゃくちゃ強い、
そんなイメージがありますよね。

そこを変えてしまうと、長年のファンには物足りないような気がします。

監督のエリザベス・バンクスがSNSで呼びかけをしていますが、
やはりお決まりの「GoodMorning Charlie」は健在のようです。

早速、SNSでは盛り上がってきていますね。

「チャーリーズエンジェル」基本設定は変わらない?

もともと「チャーリーズエンジェル」は1976年から1981年にかけて
アメリカで放映されたテレビドラマでした。

チャーリー探偵事務所の女性探偵3人のことを「チャーリーズエンジェル」と呼び、
この事務所には、エンジェルたちをバックアップするジョン・ボスレーという男性しかいません。

所長のチャーリーは、エンジェルとは顔を合わせず、常に音声でしか連絡を取らないんですね。

エンジェルたちは身分を隠し、変装し、男顔負けのアクションで事件を解決していきます。

基本はチャーリーがスカウトした婦人警官がエンジェルとして起用されます。

時代によって、キャストは変動していますが、
ケイト・ジャクソン、ファラ・フォーセット・メジャーズ、ジャクリーン・スミスの
初代エンジェルズが一番人気のようですね。(上記画像)

当時にしても、美人で男顔負け、そしてファッションアイコンとしても人気を呼びました。

ですが、映画のこの印象の方が強い人、多いんじゃないでしょうか。

映画チャーリーズエンジェルは2000年に公開されました。

設定はそのままエンジェルズは、
キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、そしてルーシー・リュー。

ワイヤーアクションを使い、キュートでセクシーな変装も話題になり、大ヒットを記録しました。

ドリュー・バリモアが「チャーリーズエンジェル」の版権を買い取った後、初の作品です。

そして2003年には「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」も公開、
こちらもヒット作となりました。

ドリュー・バリモアは2009年に新作「チャーリーズエンジェル3」の
制作が決まったことを公表していましたが、
2011年に公開されたのはテレビドラマ「新チャーリーズ・エンジェル」でした。

こちらは不評で、たった7話で打ち切られてしまいましたね。

今作で起死回生、まさしくreboot(再起動)なるか、楽しみなところです。

Sponsored Links

キャスト決定、その演技力は?

監督のエリザベス・バンクス、俳優でもありますが、今作は監督のみですね。

2012年の「ピッチ・パーフェクト」に出演しながら制作にも関わり、
その後は同シリーズで監督もつとめています。

今は「チャーリーズエンジェル3」の広報もしている感じですね。

クリステン・スチュワート

クリステン・スチュワートは1990年4月生まれの現在28才、アメリカ出身の俳優さんです。

1999年からテレビドラマに出演し、
2001年公開の「The Safety of Objects」で映画デビュー。

2002年「パニック・ルーム」でハリウッド注目の子役となりました。

そして人気を一気に押し上げたのは、
2008年、ベストセラー小説原作の「トワイライト」の主演ですね。

映画は大ヒットとなりブレイク、この作品でMTVムービー・アワード女優賞を受賞し、
翌年公開の続編も大ヒット、英国アカデミー賞ライジング・スター賞を受賞しました。

以降続編の「ニュームーン」、3作目の「エクリプス」など、
トワイライト・サーガの全編でヒロインのベラ役を演じています。

2015年、「アクトレス〜女たちの舞台〜」も、かなり高評価を得ています。

さすがにキャリアの長いクリステン・スチュワート、その演技は賞賛しかありません。

勝手な憶測ですが、
エンジェルズの中でもメイン的なポジションになると思っています。

ナオミ・スコット

ナオミ・スコットは1993年5月生まれの現在25才、
イギリス出身の俳優さんで、歌手でもあります。

ディズニーチャンネルのイギリスシリーズ「ライフバイツ」で俳優デビュー。

2011年には「レモネード・マウス」で映画デビューもはたします。

その後もテレビドラマなどで活躍を続けますが、
ディズニーの作品が多いですね。

2017年には「アラジン」実写映画のジャスミン役にも決定しています。

他にも同じ年の「パワーレンジャー」には、ドラマ・映画ともに出演し、
アメリカのティーンチョイスアワードにノミネートもされました。

では、その演技力はどうでしょうか?

「レモネード・マウス」で演じたのは、賢くて恥ずかしがり屋の女の子。

厳格なお父さんのいいなりで優等生をでしたが、
4人の友人と出会ってから少しずつに変わっていき、ロックガールに変身します。

バンドではベースを担当ですが、ドラマの中で見事な歌声を披露していますね。

多くの批評家にこの映画を好意的で、絶賛され、
その後の2015年公開「オデッセイ」では、日本人役を演じ、
こちらもかなりの存在感を発揮、一気に人気を高めることになりました。

ですが、あまりその演技力には疑問もあるようです。

あらら。

チャーリーズエンジェルではアクションも問われることになりますし、
前作のイメージのままだと、かなり弾けて欲しいのですが。

逆に、イメージを一新するきっかけになるかもしれないですね。

エラ・バリンズカ

エラ・バリンズカはイギリス出身の俳優さんです。

海外のサイトでは「新人」などと書かれていますが、
イギリスのテレビドラマ「バーナビー警部」に少し出演しているようです。

ただ、本当に情報がないです。

まさしく「抜擢」なキャストだと言えそうですね。

オフィシャルサイトを除いても、年齢すらわかりませんでした。

となると、演技力も未知数ですね。

そのちょっと謎めいたような雰囲気と、大きな瞳が、
とても魅力的なのは間違いないですね。

アクションを含め、その演技力は今作で問われそうです。

Sponsored Links

まとめ

映画化、ドラマ化のたびに話題になるチャーリーズエンジェル。

今作もキャスト発表の時点で、かなり話題を呼んでいますね。

アメリカ公開は2019年9月と言われているので、もう脚本もあがっているはずです。

キャストは派手なアクションに耐えるべく、肉体改造に挑んでいるのではないでしょうか。

再起動された新生エンジェルズ、会うのが楽しみですね!!

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)