フェイスオフ(リブート)キャストやあらすじも解説!ニコラスケイジの出演はあるのか?

『ジョン・トラボルタ』+『ニコラス・ケイジ』

1997年のヒット作品『フェイス/オフ』

『パラマウント・ピクチャーズ』が、リブート製作の準備に入りました!

監督『ジョン・ウー』

ハリウッド進出後、初めて自分の好きな様に撮れたと誇る作品です!

脚本『マイク・ワーブ』『マイケル・コリアリー』

テロリスト『トロイ』によって、最愛の息子を失うFBI捜査官『アーチャー』

アーチャーは、細菌爆弾の情報を得ようと、昏睡状態のトロイの顔を移植して、刑務所へ潜入する。

トロイも、アーチャーの顔を自分に移植する。

互いの顔を取り替えた2人が死闘を繰り広げる、SFクライムアクション!

奇想天外な設定が話題を呼び、日本配給収入『11億5000万円』

世界興行収入『2億4500万ドル』の大ヒットを記録!

フェイスオフ(リブート)キャストやあらすじも解説!ニコラスケイジの出演はあるのか?

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『フェイス/オフ』ネタバレ・あらすじ ※ネタバレありです

FBI捜査官『ショーン・アーチャー』

6年前、遊園地のメリーゴーラウンドで幼い息子『マイケル』と遊んでいた。

そこへ、テロリストの『キャスター・トロイ』が現れる。

アーチャーは、狙撃され直線上にいた息子も撃たれて殺されてしまう。

その日以来、トロイの行方を執念深く追う。

6年後、弟『ポラックス・トロイ』とともに、空港から逃亡を図るとの情報を掴む。

罠を張り、激戦の末に、アーチャーを逮捕。

アーチャーは自宅に帰り、妻『イヴ』に、逮捕の報告をする。

6年間、キャスターを捕まえることだけを考え、家族と向き合うことがなかった。

イヴに、6年間の償いをすると約束。

高校生で反抗期の娘『ジェイミー』には、相手にされなかった。

その頃、ポラックスの持っていたフロッピーディスクから、キャスターがロサンゼルスを壊滅させるほどの威力を持つ『時限式細菌兵器爆弾』を何処かに仕掛けていた事が判明。

キャスターは、逮捕時に頭を打って昏睡状態。

ポラックスは、兄以外の人間は信用せず、話をはぐらかし爆弾の場所を聞き出すことが出来ない。

アーチャーに、特殊班から極秘指令が下る。

最新医療を用いた移植手術で、アーチャーの顔の皮膚を剥がし、キャスターの顔の皮膚を完全移植してキャスターに成りすまし、ポラックスが収監されているエアワン刑務所に入獄する。

兄として、情報を聞き出すことだった。

有り得ない命令に、最初は取り合わなかったアーチャー。

家族はおろか、FBI局長にも明かせない極秘任務。

味方や支えとなってくれる人間が実質的にいないに等しい任務に、精神的苦痛を感じて苦慮する。

しかし、大都市に起こるかもしれない危険を阻止する使命を優先。

覚悟を決めて、任務遂行を決意。

FBI特殊班の研究所で、移植手術が行われる。

アーチャーは、声までも完璧に、キャスターとなる。

キャスターの手下である『ディートリッヒ』の自白により、爆破まであと8日と判明。

すぐに、エアワン刑務所に送り込まれた。

事情を知らない所員から、凶悪犯としての扱いを受ける。

有名なテロリストで、敵が多かったことから、囚人たちとのいざこざに巻き込まれる。

屈辱に耐えながらも、何とかキャスターを演じたアーチャー。

ポラックスから、爆弾の場所を聞き出すことに成功する。

その頃、手術が行われた研究所では、昏睡状態だったキャスターが奇跡的に意識を回復。

部下に連絡を取り、医師を拉致。

保存状態のアーチャーの顔の皮膚を、自分に移植させる。

手術後、医師をはじめ、任務を知るアーチャーの上司までも抹殺。

アーチャーの顔になったキャスターは、刑務所でアーチャーと面会する。

自分をアーチャーだと知る者がいなくなり、刑務所を出られなくなったことに愕然とする。

キャスターは、アーチャーの自宅に行き、妻のイヴに会う。

夫の態度や言動の変化にとまどうイヴだったが、疑うこともなく仕事に出掛ける。

部屋にいたジェイミーは、父親の豹変ぶりに目を丸くする。

キャスターはFBIに戻ると、ポラックスを刑務所から釈放。

爆弾の場所を自白させる芝居をする。

自ら爆弾の時限装置を解除、一躍ヒーローになる。

刑務所のニュースで事態を知り、自分の顔・地位・家族を奪われたアーチャー。

キャスターに復讐を果たすべく、覚悟を決める。

所内で暴動を起こし、刑務所を脱獄する。

脱獄したアーチャーは、キャスターのアジトである『ディートリッヒ』の自宅を訪れる。

ディートリッヒの妹で、キャスターの恋人『サーシャ』と幼い息子の『アダム』がいた。

アダムの姿に死んだマイケルを重ね、アダムを力いっぱい抱き寄せるアーチャー。

そこへ、キャスター率いるFBIが急襲。

キャスターは、アーチャーがこのアジトへ来ることを予想して、ポラックスに見張らせていた。

激しい銃撃戦となり、ディートリッヒは、キャスターの銃弾に倒れる。

アーチャーは、サーシャとアダムを逃がす。

お互いの顔をまとったキャスターとアーチャーは、鏡を挟んで銃を構えて対峙。

撃ち合いの末、逃げようとして屋上に上がったアーチャーを見つけたポラックス。

捕らえようとするが振り払われ、その反動でポラックスは屋上から落下し即死、アーチャーは逃走した。

弟の死を悲しむキャスターは、逃げ切ったアーチャーへの怒りを募らせる。

翌日、FBI本部に戻ったキャスター。

老齢の管理職上司『ラザロ』から、昨日の無謀な行動に関して小言を言われる。

弟を殺され怒り心頭のキャスターは、衝動的にラザロを撲殺、心臓発作と偽る。

アーチャーは、我が家に侵入。

怯える妻に、自分が本物のアーチャーであることを力説。

2人だけが知る想い出を語り、半信半疑のイヴに、キャスターの血液型はABだと教える。

医師でもあるイヴは、その夜、眠りについたキャスターから血液を採取。

鑑定してみるとAB型で、夫のO型ではないことを知る。

イヴと夫しか知り得ない恋のエピソードを語るアーチャーが、本物の夫であると確信する。

後日、キャスターに殺されたラザロの葬儀が教会で行われ、イヴはキャスターと共に出席するという。

それぞれの家族を巻き込みながら、アーチャーとキャスターの最後の戦いが始まる・・・

葬儀が終わり、誰もいなくなった教会で、1人祈るアーチャー。

そこへ、キャスターが現れる。

部下を使って、イヴとジェイミーを人質に取り、アーチャーとまとめて殺そうとする。

アーチャーには、兄のディートリッヒを殺されたサーシャと仲間が、キャスターへの復讐のため味方についていた。

教会は一瞬にして、激しい銃撃戦が展開。

妻と娘を必死に守りながら、キャスターを狙うアーチャー。

サーシャが『アダムを悪の道に入れないで』とアーチャーに託して、銃弾に倒れる。

双方の仲間も倒れ、アーチャーとキャスターの一騎打ち。

戦いは海上に移り、2台のモーターボートの壮絶な大追跡。

やがてボートが岸に激突し大破。

浜に放り出された2人は、肉弾戦を繰り広げる。

激闘の末、アーチャーは落ちていた水中銃で、キャスターの胸を撃ち抜いた。

イヴの連絡で駆けつけたFBIによって、アーチャーはキャスターと共に病院に運ばれる。

FBIは、イブから全ての経緯を聞き、アーチャーの顔を復元する手術を行う。

自分の顔を取り戻したアーチャーが、自宅に帰って来た。

待っていたイヴとジェイミーと熱い抱擁を交わす。

アーチャーは、2人にサーシャの息子アダムを紹介。

ひとりぼっちになったアダムを、家族の一員としてともに暮らそうと言う。

監督ジョン・ウー(呉宇森)
出身中国・広州市
生年月日1946年5月1日
経歴1998年『サターン賞』監督賞『フェイス/オフ』
1994年『サターン賞』監督賞(ノミネート)『ハード・ターゲット』
『第9回 香港電影金像奨』最優秀監督賞『狼 男たちの挽歌・最終章』
『第23回 金馬奨』最優秀監督賞『男たちの挽歌』

主な監督作品
1973年『カラテ愚連隊』1976年『ジャッキー・チェンの秘龍拳/少林門』『帝女花』
1977年『マネー・クレイジー』1978年『剣聖たちの挽歌』
1980年『滑稽時代/モダン・タイム・キッド』『ジョン・ウーの億万長者』
1981年『アーメン・オーメン・カンフーメン!』 1982年『八彩林亞珍』
1984年『笑匠』1986年『ソルジャー・ドッグス』
1986年『男たちの挽歌』1987年『男たちの挽歌 II』
1989年『ワイルド・ヒーローズ/暗黒街の狼たち』『狼 男たちの挽歌・最終章』
1990年『ワイルド・ブリット』1991年『狼たちの絆』
1992年『ハード・ボイルド 新・男たちの挽歌』1993年『ハード・ターゲット』
1996年『ブロークン・アロー』1997年『フェイス/オフ』
1998年『ブラックジャック』2000年『ミッション:インポッシブル2』
2001年『ウインドトーカーズ』2003年『ペイチェック 消された記憶』
2005年『それでも生きる子供たちへ』
2008年『レッドクリフ part I』2009年『レッドクリフ part II -未来への最終決戦-』
2010年『レイン・オブ・アサシン』※共同監督
2014年『The Crossing ザ・クロッシング Part I』
2015年『The Crossing ザ・クロッシング Part II』2017年『マンハント』






Sponsored Links

『フェイス/オフ』キャスト

ショーン・アーチャー『ジョン・トラヴォルタ』

名前ジョン・トラヴォルタ(John Travolta)
出身アメリカ・ニュージャージー州・イングルウッド
生年月日1954年2月18日
経歴『ナショナル・ボード・オブ・レビュー』主演男優賞
『サタデー・ナイト・フィーバー』
『ロサンゼルス映画批評家協会賞』主演男優賞
『ロンドン映画批評家協会賞』男優賞
『ストックホルム国際映画祭』男優賞
『パルプ・フィクション』
『第53回 ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)
『ゲット・ショーティ』

主な出演作品
1975年『魔鬼雨』1976年『キャリー』1977年『サタデー・ナイト・フィーバー』
1978年『グリース』1979年『年上の女』1980年『アーバン・カウボーイ』
1981年『ミッドナイトクロス』1983年『ステイン・アライブ』『セカンド・チャンス』
1985年『パーフェクト』1989年『エキスパーツ』『ベイビー・トーク』
1990年『リトル・ダイナマイツ ベイビー・トークTOO』
1991年『チェインズ/翳りゆく街』『myベスト・フレンズ』『過ぎゆく夏』
1993年『ベイビー・トーク3 ワンダフル・ファミリー』1994年『パルプ・フィクション』
1995年『ジャンクション』『ゲット・ショーティ』
1996年『ブロークン・アロー』『フェノミナン』『マイケル』
1997年『シーズ・ソー・ラヴリー』『フェイス/オフ』『マッド・シティ』
1998年『パーフェクト・カップル』『シン・レッド・ライン』
1999年『シビル・アクション』『将軍の娘/エリザベス・キャンベル』
2000年『バトルフィールド・アース』『ラッキー・ナンバー』
2001年『ソードフィッシュ』『ドメスティック・フィアー』
2002年『オースティン・パワーズ ゴールドメンバー』2003年『閉ざされた森』
2004年『炎のメモリアル』『パニッシャー』『ママの遺したラヴソング』
2005年『Be Cool/ビー・クール』
2007年『ヘアスプレー』『ロンリーハート』『団塊ボーイズ』
2009年『サブウェイ123 激突』『オールド・ドッグ』
2010年『パリより愛をこめて』2012年『野蛮なやつら/SAVAGES』
2013年『キリングゲーム』2014年『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』
2015年『クリミナル・ミッション』『アルティメット・サイクロン』
2016年『バレー・オブ・バイオレンス』『リベンジ・リスト』
2018年『ギャング・イン・ニューヨーク』『Trading Paint』『Speed Kills』
2019年『Trading Paint』『The Poison Rose』『The Fanatic』




キャスター・トロイ『ニコラス・ケイジ』

名前ニコラス・ケイジ(Nicolas Cage)
出身アメリカ・カリフォルニア州・ロングビーチ
生年月日1964年1月7日
経歴『ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ノミネート)
『月の輝く夜に』
『インディペンデント・スピリット賞』主演男優賞(ノミネート)
『バンパイア・キッス』
『ゴールデングローブ賞』主演男優賞(ノミネート)
『ハネムーン・イン・ベガス』
『第68回 アカデミー賞』主演男優賞
『第53回 ゴールデングローブ賞』主演男優賞
『第30回 全米映画批評家協会賞』 主演男優賞
『第61回 ニューヨーク映画批評家協会賞』主演男優賞
『第21回 ロサンゼルス映画批評家協会賞』主演男優賞
『リービング・ラスベガス』
『第75回 アカデミー賞』主演男優賞(ノミネート)
『アダプテーション』

主な出演作品
1982年『初体験/リッジモント・ハイ』1983年『ヴァレー・ガール』
1984年『月を追いかけて』『ランブルフィッシュ』
1985年『ボーイ・イン・ブルー』『コットンクラブ』『バーディ』
1987年『ペギー・スーの結婚』
1988年『月の輝く夜に』『赤ちゃん泥棒』『ハートにびんびん火をつけて』
1990年『バンパイア・キッス』『アパッチ』
1991年『ワイルド・アット・ハート』『ザンダリーという女』『エネミー・ウォー』
1993年『ハネムーン・イン・ベガス』『レッドロック/裏切りの銃弾』
『プロフェッショナル』『アモス&アンドリュー』
1994年『あなたに降る夢』『不機嫌な赤いバラ』1995年『パラダイスの逃亡者』『死の接吻』
1996年『リービング・ラスベガス』『ザ・ロック』1997年『コン・エアー』
1998年『フェイス/オフ』『シティ・オブ・エンジェル』
1999年『スネーク・アイズ』『8mm』
2000年『救命士』『60セカンズ』2001年『天使のくれた時間』『コレリ大尉のマンドリン』
2002年『ウインドトーカーズ』2003年『アダプテーション』『マッチスティック・メン』
2004年『SONNY ソニー』
2005年『ナショナル・トレジャー』『ニコラス・ケイジのウェザーマン』
『ロード・オブ・ウォー』
2006年『ワールド・トレード・センター』『ウィッカーマン』
2007年『ゴーストライダー』『グラインドハウス』
『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』『NEXT -ネクスト-』
2008年『バンコック・デンジャラス』2009年『ノウイング』『バッド・ルーテナント』
2010年『魔法使いの弟子』『キック・アス』
2011年『デビルクエスト』『ドライブ・アングリー3D』『ブレイクアウト』
2012年『ゴーストライダー2』『ハングリー・ラビット』『ゲットバック』
2013年『フローズン・グラウンド』『グランド・ジョー』
2014年『トカレフ』『ラスト・リベンジ』『レフト・ビハインド』『ザ・レジェンド』
2015年『コンテンダー』『ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄』
2016年『ダーティー・コップ』『スノーデン』『パシフィック・ウォー』
『ドッグ・イート・ドッグ』『オレの獲物はビンラディン』
2017年『キング・ホステージ』『ヴェンジェンス』『ダブル/フェイス』
2018年『マッド・ダディ』『ダークサイド』『ヒューマン・ハンター』
『コード211』『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』『トゥ・ダイ』
2019年『A Score to Settle』『Color Out of Space』『Running with the Devil』『Primal』





イヴ・アーチャー『ジョアン・アレン』

名前ジョーン・アレン(Joan Allen)
出身アメリカ・イリノイ州・ロシェル
生年月日1956年8月20日
経歴『アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『英国アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『全米映画批評家協会賞』助演女優賞
『ロサンゼルス映画批評家協会賞』助演女優賞
『ニクソン』
『アカデミー賞』助演女優賞(ノミネート)
『ゴールデングローブ賞』助演女優賞(ノミネート)
『放送映画批評家協会賞』助演女優賞
『クルーシブル』
『放送映画批評家協会賞』助演女優賞
『ロサンゼルス映画批評家協会賞』助演女優賞
『サターン賞』助演女優賞
『カラー・オブ・ハート』
『アカデミー賞』主演女優賞(ノミネート)
『ゴールデングローブ賞』主演女優賞(ドラマ部門)(ノミネート)
『全米映画俳優組合賞』主演女優賞(ノミネート)
『インディペンデント・スピリット賞』主演女優賞(ノミネート)
『ザ・コンテンダー』
『放送映画批評家協会賞』主演女優賞(ノミネート)
『ママが泣いた日』

主な出演作品
1985年『ジュディスの告発』
1986年『刑事グラハム/凍りついた欲望』『デブリン・パニック』『ペギー・スーの結婚』
1988年『タッカー』1989年『ブルース・ウィリス/イン・カントリー』
1993年『哀愁のメモワール』『ボビー・フィッシャーを探して』『弟はミュータント?』
1995年『マッド・ラブ』『ニクソン』1996年『クルーシブル』
1997年『アイス・ストーム』『フェイス/オフ』
1998年『カラー・オブ・ハート』1999年『イッツ・ザ・レイジ』
2000年『ザ・コンテンダー』
2004年『きみに読む物語』『ボーン・スプレマシー』 『愛をつづる詩』
2005年『ママが泣いた日』2007年『ボーン・アルティメイタム』2008年『デス・レース』
2009年『HACHI 約束の犬』2012年『ボーン・レガシー』
2014年『スティーヴン・キング ファミリー・シークレット』2015年『ルーム』





サーシャ・ハスラー『ジーナ・ガーション』

名前ジーナ・ガーション(Gina Gershon)
出身アメリカ・カリフォルニア州・ロサンゼルス
生年月日1962年6月10日
経歴『サターン賞』女優賞(ノミネート)
『バウンド』
『サターン賞』助演女優賞(ノミネート)
『トロント映画批評家協会賞』助演女優賞
『キラー・スナイパー』

主な出演作品
1986年『暴力ハイスクール!/ブラック・コブラ』
『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』
1987年『上海娼館からの脱出』1988年『レッドブル』『カクテル』
1991年『ゾンビ・サーガ/死霊のいけにえ』 『アウト・フォー・ジャスティス』『希望の街』
1992年『ザ・プレイヤー』1994年『処刑アーチスト』1995年『蘇える狼』『ショーガール』
1996年『バウンド』1997年『ファイヤーワークス』『Touch タッチ』『フェイス/オフ』
1998年『レア魔性の肉体』『ルル・オン・ザ・ブリッジ』『NY殺人捜査線』
『プラハ・デュエット』
1999年『写真家の女たち』『インサイダー』 『ブラック&ホワイト』
2001年『ドリヴン』『ピクチャー・クレア』 2002年『DEMONLOVER デーモンラヴァー』
2003年『プレイ・フォー・ラケンロゥル』
2004年『スリーウェイ 誘う女たち』『ファイナル・ショット』
2005年『たとえば願いが叶うなら』2006年『男と女の大人可愛い恋愛法則』
2007年『P.S. アイラヴユー』2008年『ミス・ウォンテッド 美しき女怪盗の罠』
2010年『ターゲット・イン・NY』『バレット・ライン』2011年『キラー・スナイパー』
2012年『ライアー・ハウス』2014年『ザ・スクリブラー』
2015年『スタテン・アイランド・サマー』2016年『バッドガール 最狂の女子高生』
2017年『ナインイレヴン 運命を分けた日』『結婚まで1%』『ダブル/フェイス』
2018年『ブロッカーズ』『リトル・マーメイド 人魚姫と魔法の秘密』『American Dresser』



Sponsored Links

『フェイス/オフ』ニコラスケイジの出演はあるのか?

エンターテインメント情報『Deadline』によれば、リブート版は新たなキャストで製作されます!

脚本は『オーレン・ウジエル』

脚本・原案『クローバーフィールド・パラドックス』

監督・脚本『美しい湖の底』

脚本『フリークス・シティ』『22ジャンプストリート』

などの作品に、携わっています!

プロデューサーは『ニール・モリッツ』

製作総指揮『プリズン・ブレイク』ドラマシリーズ

製作『ワイルド・スピード』シリーズ『メラニーは行く!』『トリプルX』

『グラスハウス』『ブルー・ストリーク』『クルーエル・インテンションズ』

『ルール』シリーズ『ラストサマー』シリーズ『ボルケーノ』

などの作品に、携わっています!

製作総指揮は『デヴィッド・パーマット』

オリジナル『フェイス/オフ』の製作を、担当しています!

現在、リブート版『フェイス/オフ』の出演者・監督は、未定です!

もしかすると『ニコラス・ケイジ』の出演シーンが、あるかもしれませんね!

Sponsored Links

まとめ

映画『フェイス/オフ』を、まとめてみました。

今度は、誰の顔が交換されるのか?楽しみですね!

ジョン・ウー監督のアクションシーンを引き継ぐのは、誰になるのか?楽しみですね!

『MoviesFan』では、追加情報が分かり次第、随時掲載します!

読んでいただき、ありがとうございました。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)