キングダム(映画)キャストのきょうかい役は誰?楊端和がいてなぜ羌瘣がいないのか?

今回紹介するのは、2019年4月19日に公開を予定している映画『キングダム』についてです。

今作は主演に様々な作品で主演を務めてきた人気実力派俳優の山崎賢人さんを迎え、他メインキャストには吉沢亮さん、橋本環奈さん、大沢たかおさんなど豪華な面々が並びます。

監督は映画『GANTZ』、『アイアムアヒーロー』などの監督を務めるヒットメーカー・佐藤信介監督が務めています。

そんな注目作の羌瘣(きょうかい)というキャラクターについて掘り下げていきたいと思います。

Sponsored Links

『キングダム』羌瘣(きょうかい)とは?

まず、羌瘣(きょうかい)について紹介していきたいと思います。

漫画『キングダム』においては主要人物の一人として取り上げられていたようです。

彼女は伝説の刺客一族である「蚩尤」の後継者として育てられた少女です。

年齢は信より一つ下で、緑穂を使って戦います。

彼女は「蚩尤」を決める祭りで羌象を謀殺され、その恨みから復讐のため里を出て秦魏戦争編の際に信と出会い、飛信隊に入り一緒に戦うようになります。

秦趙戦争編では飛信隊の副長にまでなるほど強く、戦術の立案においても長けていました。

最初は馴れ合いを嫌い、心を閉ざしていたが、徐々に心を開き飛信隊を自分のいるべき場所と感じるようになります。

途中、仇である幽連と遭遇し復讐を果たしたことにより、飛信隊を離れました。

そして飛信隊に帰還し、大将軍になるという夢をかなえるために再び奔走し始めます。

というのが羌瘣というキャラクターのストーリー上の軌跡となっています。

まさに波乱万丈という感じでしょうか。

強く、賢い女というイメージが与えられました。

Sponsored Links

『キングダム』羌瘣(きょうかい)役は誰?

映画『キングダム』での羌瘣役は一体誰なのでしょうか。

実は…、本作に羌瘣は出てきません

つまり、キャストも当然いないということですね。

ただ、キングダム連載10周年実写特別動画という動画に羌瘣が一瞬登場するのです。

どうやらこの俳優さんは、女優の山本千尋さんという方のようです。

山本千尋さんは、現在は女優ですが高校時代までは武術太極拳の選手として活躍していました。

2008年と2012年に世界ジュニア武術選手権大会では、金メダル1枚と銀メダル2枚を獲得し2度の世界一に輝いた他、2010年から2012年のJOCジュニアオリンピックカップでは3種目で3連覇を果たしました。

テレビ番組『スター☆ドラフト会議』への出演をきっかけにアクション女優へ転身します。

2013年に女優デビュー、2015年には映画『太秦ライムライト』でジャパンアクションアワードでベストアクション女優賞を受賞しました。

2015年にはアメリカに留学し、演技を学びます。

今回の動画は2015年末に帰国した直後に撮った動画だったようです。

もし、映画『キングダム』に羌瘣がキャストとして追加されるのならば、キャストは彼女かもしれませんね。

Sponsored Links

『キングダム』楊端和がいてなぜ羌瘣(きょうかい)はいないのか?

漫画『キングダム』は非常に長い長いストーリーがあり、今回映画化されるのはそのほんの一部のストーリーのようです。

キャストから見ていくと、恐らく漫画『キングダム』の1~4巻のストーリーである王弟反乱編が映画『キングダム』のストーリーに使われているようです。

羌瘣というキャラクターは5巻からの登場なのでキャストに含まれていなかったようですね。

原作を読んでいる方からしたら、メインキャストの羌瘣をキャストに含んでいないのは不自然だったのかもしれませんが、仕方ないですね。

次回作が公開されるとしたら、そこには羌瘣がいるかもしれません。

Sponsored Links

まとめ

今回は映画『キングダム』のキャラクター・羌瘣について掘り下げてきました。

豪華キャストに、大ヒット漫画『キングダム』が原作ということで、どのような映画になっているのか非常に楽しみですね。

本作は2019年4月19日に公開予定です。

公開を楽しみに待ちましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。



SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)