キングダム(映画)左慈役坂口拓のプロフィールや経歴!漫画での強さってどうなの?

キングダム、大好評で続編もこれはあるなと思えるくらいです。

しかしこのスピードだと3部作じゃ終わらないような気もしますが。

キングダム(映画)ですが、華麗な身のこなしから「本当に剣士なのでは・・・?」とまで思えた左慈がいましたよね。

宮殿でのラスボスでしたが、キングダム(映画)左慈役の俳優さんはいったい誰なのでしょうか?

Sponsored Links

左慈役の俳優さんは「坂口拓」さん!

名前坂口 拓
出身石川県
生年月日1975/03/15
身長175cm

アクション俳優として活躍してみえる坂口さん。

左慈として映画に出演すると、

「なんか、身にまとってる空気感が

他の役者と全然違うんですけど・・・

まじで山崎賢人くん殺されちゃわない?」

とまで思いましたwww

アクション俳優として活躍しながらも、

監督やアクションコーディネータという肩書でも

活躍してみえるそうなので、アクションのプロですね!

代表作は「VERSUS -ヴァーサス-」「あずみ」

「RE:BORN」「地獄でなぜ悪い」です。

またアクションの演出としては

「愛のむきだし」「ヒミズ」「TOKYO TRIBE」

といった園子温さんの作品を多く手がけている印象です。

そのほかにも「HiGH&LOW THE RED RAIN 」の

アクションも手掛けて見えます。


冷たい雰囲気をまとった顔立ちと、

冷血な雰囲気が左慈のキャラクターとぴったり。

ムダのない殺陣が、ほかの俳優さんとは

どこか違うな、と素人目に見てもわかりました!

「これは、ほんとうの剣士なのでは・・・?」


左慈役の坂口さんを見た観客の方たちも

私と同じような感想をお持ちですねw

皆さん口をそろえて

「とんでもない人がいる」

と感じていたみたいですねww

原作での左慈は強いの?

映画でも少し説明はありましたが、

左慈はもともと剣士として活躍していました。

左慈については実際に三国志などでも

存在した、といわれています。

映画のイメージ同様、服を汚されただけで

人を切ってしまうような気の短い性格で、

剣の使い手としてはかなり優秀でした。


今回映画では、ランカイ→左慈の流れで戦いますが、

原作では、左慈→ランカイで書かれており、

ランカイのほうがラスボス的な扱いでした。


なぜ順番を逆にしたのか、といわれると

きっと大人の事情があったのでしょうw

ランカイはどうしてもアップにしてしまうと

作り物感が出てしまいます。

左慈役の坂口さんの剣術の腕を見込んで、

左慈をラスボス的な扱いにしたんではないでしょうか。



ちなみに左慈は映画のラストで、

信が高く飛び、上からグサっと一点を指されて

死んでしまいます。

これは漂が王宮へ行った後、ひとりで鍛練を

重ねていた信が習得した技でした。

原作では、ラスボスのランカイが巨人すぎて、

山の民たちと力を合わせて封じこみ

最後は、上からぐさっと一点を指して

倒すことができたのです。


漂が王宮へ行った後、ひとりで練習して戦っていた信が

初めて仲間と一緒に敵を倒す、という点でも

見ごたえのあるシーンでした。

ランカイをラスボスとして持ってきたのは、

こういったチームを信が作る素質がある、

というのをアピールするためだったように思います。


原作ではストーリーが進んでいくうちに、

信とその仲間たちの絆がどんどん深くなるのを

感じることができます。

左慈は確かに強いですが、最新刊の信を見れば

「左慈はちょろかったな・・・」とまで

思ってしまうのではないでしょうか。

Sponsored Links

まとめ

大沢たかおさん演じる王騎や、

吉沢亮さん演じる政もまた、

原作に近いキャスティングだった、と

言われていますが、1番近かったのは

坂口さん演じる左慈だったのではないでしょうか。

圧倒的な人斬りの冷たさを放ち、

思わず観客までも鳥肌がたってしまいました!

今後、坂口さんのアクション注目したいと思います!

彼は本物です・・・!!!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)