キングダム(映画)最新ネタバレと鑑賞した感想も!原作との違いはどこなの?

2019年4月19日より、ヤングジャンプにて掲載中の

大人気漫画『キングダム』がついに実写映画化されました!

超豪華キャストによる実写化ということもあり、

原作の世界観をしっかりと表現できているのか、

が原作ファンとしては見どころです!

そこで今回は、映画「キングダム」のあらすじと

ネタバレをご紹介させていただきます。

Sponsored Links

『キングダム』ってどんなストーリー?

時は紀元前245年、戦争孤児の少年、信と漂は、

自分の力だけで奴隷からのし上がり、

「天下の大将軍」になることを夢見ていた。

日々、2人で鍛練を重ねていたが、ある日、

大王の部下である昌文君が彼らを見た。

すると、漂だけを一人王宮で働くことを命じた。

しかし漂が王宮で働きだして数日後、

納屋で眠る進を訪ねたのは危篤状態の漂だった。

そして「俺と信はいつも一緒にいる。

託したぞ。」と言って息を引き取る。


漂に託されたのは地図で、そこに向かった信は

信じられない人を見る。

そこには、しんだはずの漂がいたのだった。

だが実際には、漂にそっくりの顔をした

政(大王)だったのだ。

漂は大王のふりをして敵を欺いた結果

殺されてしまい、大王が生き残っていた。

漂の仇をうちたい信だったが、

大王が言った「中華統一」の夢を一緒に叶え、

天下の大将軍になることを再度誓う。

信は政とともに、中華統一のため、数々の敵と

戦うこととなる。


漫画のあらすじをざっくりと語るとこんな感じなんですが、

この中華統一までの道のりのなかには、

数々の将軍たちとの戦いや、

信や仲間たちとの絆などが書かれており、

一言では言い表せないほどの面白さが詰まっています。

今回の映画では原作のほんの最初の部分のみ、

信と政が出会い、ひとつの反乱を収めるところ

までしか書かれておりません。

Sponsored Links

映画『キングダム』のあらすじとネタバレ

漂が王宮に行ってしまったあとも、信は約束だった

「天下の大将軍」になるため、ひとりでも

剣術の練習を怠りませんでした。

一足先に王宮へ行った漂に遅れをとらないよう、

毎日毎日稽古をしています。


しかし数日後の夜に、戸を叩く音が。

扉を開けると、漂が倒れこんできました。

そして漂はこういうのです。

「王宮で大王の弟が反乱を起こした。

血を追って追手が来るが、知らない者が

納屋で死んでいた、ということにしろ。

信、おれたちは心も体も1つだ。

これをお前に託した。

俺を天下に連れていってくれ。」

そして息を引き取ってしまうのです。

幼いころから戦争孤児として、夢を追いかけてきた

兄弟よりも強い絆で結ばれていた漂が

亡くなったことで、信は泣きわめきます。

しかし、漂に託された地図と

漂が持っていた剣を持って、

村を後にしました。




地図の場所に向かう途中、敵が現れますが、

毎日練習を繰り返していた信は簡単に

その敵を倒してしまいます。

その様子を見ている者が1人いました。


地図に記された場所に到着すると、

そこには漂と同じ顔を持つ少年がひとり。

彼は政という名の、秦国の大王でした。

今回は大王の腹違いの弟、成蟜が大王の座

を狙った反乱をおこし、政は命を奪われそうに

なっていたのだった。

しかし怒りをぶつける暇もなく、政と信の前には、

政の首を狙う暗殺者「朱凶」が現れる。

数々の人間を殺してきた朱凶は殺しのプロで、

目の前で政がやられそうになっているのを

信はまじまじと見せつけられる。

だが、漂の仇を取るべく、怒りに震えあがった

信が朱凶を殺す。

信に命を助けられた政だったが、

まずはこの地から逃げ出し、唯一の協力者である

大臣の昌文君と落ち合う場所まで行く、

と告げる。


だが、すでに政の場所は成蟜率いる軍が

取り囲もうとしており、逃げ場がない。

しかし、2人の前にある人物が現れた。

鳥のような格好をした人物は

「河了貂」と名乗り、道を教える代わりに

政が王宮に戻ったらお金が欲しい、と訴えた。

政はその願いを聞きいれ、道案内を頼む。


道すがら信は漂のことを聞いた。

「もし自分に何か会った時は、

信にお掴まりください。

信は、誰よりも高く飛ぶ。」

そういって信のことを話すときの漂が

1番嬉しそうだった、と。

漂は自分が政の身代わりとなることを

理解しており、それでもなお、それを

超えた際には、大将軍になれる、と信じていた。


昌文君との集合地につく前にも再び、

成蟜が用意した刺客が3人を襲った。

鍛練はこなしたものの、実際の人を切るのは

はじめてに近い信は、どうしても相手の気迫に

押されて1歩下がろうとしてしまう。

すると政が言うのだった。

「こんなところで止まっていては、

いくつ命があっても足りない。

下がるな、前へ。」

それを聞いた信は前進し、またもや

刺客を殺すことに成功する。

Sponsored Links

信はここをどう乗り越える?

昌文君と壁将軍率いる軍が集合すると

作戦会議が始まった。

だが相手の軍政の数と、味方の数の差が

大きくどうやって戦うべきか、悩んでいた。

しかし1つだけ手立てがあった。

それは集合場所にもなっていた、

かつての王の避暑地に隠されていた秘密だった。


かつて秦国の王は、民族同士の壁をなくそうと

山に住む「山の民」たちと友好関係を結ぼうと

同盟を組んでいた。

山の民たちも秦の民と一緒になって暮らしていたが、

その王が亡くなったことで、事態は急変。

秦の民たちは山の民を残虐し、

ふたたび山へ帰してしまった。

だが、それから何年もたっているというのに

避暑地は相変わらずきれいに保たれていた。

「もしかしたら、山の民が援軍となるかもしれぬ。」


山の民の説得

山を登り彼らに会いに行くと、早速

威嚇され今にも攻撃されそうな雰囲気で

彼らが近づいてきた。

しかし山の王「楊端和」の前へ。

かつての話を持ち出した楊端和は

「裏切られた過去がある。

こちらは秦国の大王の首をとる」

と宣言した。

だが政が、中華統一の話をすると楊端和は黙った。

山の民たちは中華統一の話を聞いても、

また裏切られるので、と言い政や

信たちの首をはねようとする。

そんなとき、信が言ったのだ。

「本当に過去の亡くなった彼らのことを思うのなら、

彼らの夢をかなえてあげることが本当の弔いになるのでは」と。

それを聞いた楊端和は政の援軍になることを決めた。


そして王座奪還の作戦が決まる。

成蟜のもとへ全員が山の民のふりをして

王宮に入り、再び同盟を組むことを宣言し、

入りこんだ隙に2手にわかれて

成蟜を狙うもの・軍を引きとめるもの

とで王座を奪還する、と。


援軍がほしい成蟜は、急に山の民が

王宮に近づいてきたにも関わらず、

疑うことなく彼らを王宮に招き入れた。

そして、ついに開戦となる。

もちろん、口火を切ったのは政だった。



数が少なかった政の軍であったが、

山の民の力も強く、さらにはどんどん

剣術を上達させ力をみなぎらせる信の

活躍もあり、多くの敵を倒す。

政はおとりとなり、軍を引きとめていた。

その隙に信は成蟜のもとへ近づいて行った。

ランカイと左慈との戦い

成蟜のもとへ近づくと、成蟜が飼いならしている

巨漢のランカイが襲ってきた。

圧倒的な力で山の民たちも血を流す。

だが、天下の大将軍を目指す信は

山の民、バジオウやタジフの力も借りて

チームとなってランカイを倒す。


そして成蟜のいる部屋に近づくと

信は成蟜に話しかける。

だがそれを聞いた成蟜は

「王に話しかけたものは死罪。

同じ空気を吸ったら死罪。」

と言って冷たくあしらう。

信は笑ってこう言った

「王は政だ。」

信の前には元将軍で剣豪の左慈が姿を現した。



左慈は凄腕の剣豪だったが、

「天下の大将軍になる」という信の夢を笑った。

「そうやって夢を語るものほど

愚かな負け方をするのだ」

そう言って信は左慈の剣を次々と受ける。

倒れこんだ信は立ち上がることも出来なかった。

左慈はゆっくりと近づいてきて、

信に最後の刀を向けた。


だが信の頭には漂の顔が浮かんでいた。

2人で何度も何度も交えた剣術。

「戦争孤児の奴隷は、その子供も奴隷。

ずっと抜け出せない。

ただ、大将軍になれば抜け出せる。

天下の大将軍になろう。」

そして最後に漂が言った言葉を思い出した。

「俺を天下に連れていってくれ」

信は左慈の剣を止め、左慈を討ち取った。


味方のいなくなった成蟜は、政たちのもとへ。

それを追って信も政と対面した。

成蟜と政は兄弟喧嘩の決着をつけようと剣をとるが、

すぐに政は、成蟜の手を切りつけた。

血が出た腕を見て喚く成蟜を見て

「どれだけの血が流れたと思っているんだ。

人の痛みを知れ」と言って、政は殴りかかった。


戦争の終わりは天下の大将軍

成蟜がやられたものの、引くに引けない

魏興武官たちであったが、そこに

かつての6大将軍であり、今は戦を

見学している王騎将軍がやってくる。

「戦とは、国同士で行うもの。

これは戦じゃありません。

政、あなたの夢はなんですか、と。」

政は胸を張って答える。

「中華の統一だ。」

それを聞いた王騎は

「動乱が続いた500年、今だかつて

統一はできておらず、統一しようとも

血が流れることになりますよ」

と笑って政に訊ねた。

政はまたもや胸をはってこう答えた。

「今までの500年ではなく、

今、血を流せば向こう500年は

血が流れないだろう」と。

政が目指す中華統一とは、そういうものだった。

すでに描く中華統一の夢があることを

どこか嬉しそうにした王騎は

「これにて終わりです」と言って、軍を撤退させた。


秦国の王座は再び、政のもとへ。

しかし政の夢の第一歩に過ぎなかった。

そして、天下の大将軍を夢みる信にとっても、

まだまだ物語は始まったばかりだったのだ。


Sponsored Links

映画『キングダム』の原作との違いは?

めちゃくちゃ違う、という部分はありませんでしたが、

ランカイと左慈の出てくる順番が逆でしたね。

そのほかはだいぶ原作通りとなっていました。

でも原作ファンの方なら

「もっと山の民説得のシーンやってほしかった!」

「信と漂の仲良しエピソード!!!」

「バジオウとタジフもっと強いから!!!」

といった惜しい場面もあったのではないでしょうか。

しかし比較的原作に忠実となっており、

8万人の軍を率いるシーンなどは圧巻でしたね!

ワイヤーアクションも派手すぎず、

大袈裟でなかったのでよかったです◎

感想

原作ファンとしてはキャスティングも非常に

よかったように思います!

当初は「大沢たかおさんが王騎をやる・・・?」と

不安に感じていましたが、立ち方や話し方も

原作のイメージ通りでしたw

迫力ある感じは再現しようとはしてましたが、

漫画ほどではなかったですね。

「ココココ」が聞けなかったのは残念。

とはいえ、原作に比較的忠実で、原作ファンの方

も気にいっていただける作品となり、

成功といっていいでしょう!



本郷奏多さん演じる成蟜は

「ちょっとキャスティング綺麗すぎない?」

って思いましたが、映画の中では原作通り

憎たらしい成蟜でした。

(今はね、まだ。今は、憎たらしい。

後から全力で謝ることになるよ、ごめんね、成蟜。)

まだまだこの映画の部分は原作の序章に過ぎず

面白いシーンが山ほどあります。

特に映画での出演時間が少なかった王騎将軍

(めちゃくちゃ泣けます)

今回の映画には出てきませんでしたが

信の仲間になり一緒に闘う羌瘣

(これもめちゃくちゃ泣ける)

政が王になるまでの道で彼を支えた紫夏

(死ぬほど泣けて嗚咽並み)

など、泣けて笑えるシーンが盛りだくさんとなっています。

出てくる将軍たちのキャラクターも強く、

推しの将軍が出てくることでしょうw

(ちなみに私は張唐将軍推し。

28巻で私の気持ちをわかってもらえるはず。)

これを機に、ぜひ原作を読んでみてください!

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)