『興奮した雌牛』(映画)ネタばれやあらすじ!キャストのドンソクの筋肉美に期待!

2018年11月に韓国で公開予定のアクション映画『興奮した雌牛』。

主演は『新感染/ファイナル・エクスプレス』などで知られているマ・ドンソクです。

ドンソクは、一度怒ると急変するというドンチョル役を務めました。

今回は映画『興奮した雌牛』のあらすじやネタバレ、キャストなど紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『興奮した雌牛』ってどんな映画?

『興奮した雌牛』でメガホンを取ったのは、韓国の監督キム・ミンホ。

Sponsored Links

『興奮した雌牛』のあらすじやネタバレは?

『興奮した雌牛』のあらすじなどの情報は、まだ出回っていないようです。

明かされている情報は、“主人公のドンチョルが拉致された妻を救うために奮闘する”とのこと。

なんとも韓国映画らしいストーリーが想像できますね!

ドンソクもかなり今回のために肉体改造してそうです。

男の戦いみたいなものが見れそうで楽しみです。

詳しい情報が出ればまた更新します。

Sponsored Links

『興奮した雌牛』のキャストは?

マ・ドンソク(ドンチョル 役)

View this post on Instagram

국내최초 팔뚝 액션 #챔피언 ! 많은 기대 부탁드려요~^^

마동석さん(@madongseok_)がシェアした投稿 –

名前マ・ドンソク
出身アメリカ
生年月日1971年3月1日
主な作品『隣人-The Neighbors-』

『悪いやつら』や『殺されたミンジュ』、『新感染/ファイナル・エクスプレス』などに出演しているマ・ドンソク。

2013年にはサスペンスホラー作品『隣人-The Neighbors-』にて、百想芸術大賞の映画部門で助演男優賞を受賞しました。

『興奮した雌牛』では、主人公・ドンチョルを演じました。

ソン・ジヒョ(ジス 役)

名前ソン・ジヒョ
出身韓国
生年月日1981年8月15日
主な作品『新しき世界』

2003年に映画『狐階段』にて、スクリーンデビュー。

その後は、『霜花店(サンファジョム) 運命、その愛 』や『拝啓、愛しています』、『新しき世界』など数々の映画作品に出演しています。

『興奮した雌牛』では、主人公であるドンチョルの妻・ジスを演じました。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?

映画『興奮した雌牛』について紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)