『恐怖の報酬』(リメイク)ネタバレやあらすじは!キャストやラストの結末が気になる!

アクション・スリラー映画『恐怖の報酬』(Sorcerer)は、1977年公開のアメリカ映画です。(1978年 日本公開)

1953年公開のフランス・イタリア制作『恐怖の報酬』(Le Salaire de la peur)のリメイク作品になります。

日本をはじめとする北米以外では、大作でありながら監督に無断で、約30分カットされた状態で公開されます。

複雑な権利問題で、日本では『再公開』『DVD/Blu-ray発売』も出来ませんでした。

『ウィリアム・フリードキン』監督が、権利者を特定したことにより、4Kデジタル修復に着手します。

日本公開から40年以上経過して遂に、4Kデジタル・リマスター『オリジナル完全版』日本公開が決定しました!

『恐怖の報酬』(リメイク)ネタバレやあらすじは?キャストやラストの結末が気になる!

紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

『恐怖の報酬』ネタバレ・あらすじ

ジャングルに囲まれた南米ポルベニール。

そこは犯罪者や、ならず者などが暮らす街でもあった。

ある日、ポルベニールから300キロほど離れた山の上の油田が、反政府ゲリラによって爆破される。

石油会社の支配人は、この爆発の炎を爆薬を運び込んで鎮火するしか手はないと判断する。

しかし倉庫には、少しの衝撃で大爆発を起こしかねないニトログリセリンしかない。

石油会社は、多額の報酬を条件にポルベニールからニトロ運搬の希望者を募集する。

賭場荒らしの際にマフィア幹部の弟に重傷を負わせたため裏組織から追われる『ドミンゲス』

不正融資で多額の焦げ付きを作って逃亡した元銀行家『セラーノ』

ナチス残党狩りの殺し屋『ニーロ』

過激派グループの爆弾犯として警察に追われる『カッセム』

4人の犯罪者が『1万ドルの報酬』と引き換えに、危険なニトログリセリン運搬を引き受ける。

二台のトラックでジャングルを渡り、ぬかるみ・雨・崩落寸前の吊り橋・道を塞ぐ巨大な倒木・反政府ゲリラなど、想像を絶する困難が待ち受けていた。

道なき道300キロを突き進む男たちの運命は・・・

『恐怖の報酬』オリジナルは、1953年フランス・イタリア制作『アンリ=ジョルジュ・クルーゾー』監督作品です!

『第6回 カンヌ国際映画祭』グランプリ・男優賞受賞『第3回 ベルリン国際映画祭』金熊賞受賞。

原題の『SORCERER』意味は『魔法使い』『魔術師』です。

直近で『エクソシスト』を監督した『ウィリアム・フリードキン』らしいタイトルになっています。

アメリカ以外では『Wages of Fear』とタイトルが改題されて上映。

後に発売されたビデオは、アメリカ公開版が収録されています。

『ユニバーサル・ピクチャーズ』『パラマウント・ピクチャーズ』の共同出資で『2000万ドル』現在の100億円相当を掛けて製作されました。

3大陸5カ国の大規模なロケを行い、2年を超える製作期間を費やします。

公開1か月前となった『1977年5月25日』ある作品が公開されます。

『ジョージ・ルーカス』監督『スター・ウォーズ』

アメリカの各映画館は、子供やマニア向けのB級映画と『低評価』で上映を渋ります。

配給会社の『20世紀フォックス』も、他の作品との『抱き合せ』で売り込みを行わざるを得なくなります。

しかし、32館から公開されてすぐに『スターウォーズ』フィーバーが起きます。

週ごとに上映館数が増えて、最大1,096館までになり、12月中旬まで公開が続きます。

アメリカ国内のみの総合興行収入(インフレーション調整版)は、歴代2位です。

そのような状況下で『恐怖の報酬』は『1977年6月24日』公開されます。

100億円相当を投じた作品の興行は、とてつもない『大失敗』に終わります。

『ボックスオフィス』の興行成績は、データが存在しません。『n/a』(Not available)として扱われています。

日本をはじめとする北米以外でも、大作でありながら監督に無断で約30分カットされた92分『短縮版』が配給されました。

そして、全世界で正当な評価を受けることなく公開が終了してしまいます。

メジャースタジオの共同出資が原因で、権利者不明状態に陥り、長きにわたって世界中で上映不可という憂き目にもあいます。

北米以外では、DVDも発売出来ませんでした。ファンの間では『幻の作品』『失われた傑作』と位置づけられていました。

2011年『ウィリアム・フリードキン』監督が『ユニバーサル・ピクチャーズ』『パラマウント・ピクチャーズ』を相手に訴訟を起こして、映画の権利者を特定します。

2013年、監督が権利者を特定したことにより、121分『オリジナル完全版』4Kデジタル修復に着手します。

2013年『ベネチア映画祭』プレミア上映を皮切りに、2014年『ロサンゼルス』2015年『パリ』2016年『カンヌ映画祭』2017年『ロンドン』と世界各地で上映されます。

そしてついに『恐怖の報酬』『オリジナル完全版』が、日本公開です!

作家『スティーブン・キング』は『人生で最も好きな映画』と公言しています!

監督『クエンティン・タランティーノ』は自身の『オールタイム・フェイバリット』12本の1本に選んでいます!

監督『ウィリアム・フリードキン』William Friedkin
出身アメリカ・イリノイ州・シカゴ
生年月日1935年8月29日
経歴1971年『フレンチ・コネクション』(The French Connection)『第44回 アカデミー賞』8部門ノミネート。作品賞・監督賞・主演男優賞・脚色賞・編集賞の5部門受賞。

主な監督作品

1973年『エクソシスト』(The Exorcist)1980年『クルージング』(Cruising)
1985年『L.A.大捜査線/狼たちの街』(To Live and Die in L.A.)
2000年『英雄の条件』(Rules of Engagement)2011年『キラー・スナイパー』(Killer Joe)

Sponsored Links

映画『恐怖の報酬』キャスト

ドミンゲス『ロイ・シャイダー』(Roy Scheider)

名前『ロイ・シャイダー』Roy Richard Scheider
出身アメリカ・ニュージャージー州・オレンジ
生年月日1932年11月10日
経歴ニューヨーク・シェークスピア・フェスティバル出演、1968年『オビー賞』(オフ・ブロードウェイ・シアター・アワード)受賞
1963年、映画初出演。アカデミー賞2回、ゴールデングローブ賞・英国アカデミー賞1回ノミネート。

主な出演作品

1971年『フレンチ・コネクション』The French Connection 1975年『ジョーズ』Jaws
1976年『マラソンマン』Marathon Man 1978年『ジョーズ2』Jaws 2
1979年『オール・ザット・ジャズ』All That Jazz 1983年『殺意の香り』Still of the Night
1983年『ブルーサンダー』Blue Thunder 1990年『ロシア・ハウス』The Russia House
1993年『蜘蛛女』Romeo is Bleedings 1997年『レインメーカー』The Rainmaker
2004年『パニッシャー』The Punisher

セラーノ『ブルーノ・クレメル』(Bruno Crémer)

名前『ブルーノ・クレメル』Bruno Crémer
出身フランス・イル=ド=フランス地域圏
ヴァル=ド=マルヌ県・サン=マンデ
生年月日1929年10月6日
経歴『フランス国立高等演劇学校』で演劇を学ぶ。1952年デビュー。1991年ドラマ『メグレ警視』
シリーズで主人公のジュール・メグレを演じた。

主な出演作品

1966年『パリは燃えているか』Paris brûle-t-il? 1967年『異邦人』Lo straniero
1978年『ありふれた愛のストーリー』Une histoire simple 1985年『ゴダールのマリア』Je vous salue, Marie

ニーロ『フランシスコ・ラバル』(Francisco Rabal)

名前『フランシスコ・ラバル』Francisco Rabal
出身スペイン・ムルシア州・アギラス
生年月日1926年3月8日

主な出演作品

1958年『旅路はるか』L’uomo dai calzoni corti 1961年『ビリディアナ』Viridiana
1962年『太陽はひとりぼっち』L’eclisse 1966年『修道女』La religieuse
1967年『華やかな魔女たち』Le streghe 1967年『昼顔』Belle de Jour
1988年『デスティニー/愛は果てしなく』A Time of Destiny

カッセム『アミドゥ』(Amidou)

名前『アミドゥ』Hamidou Benmessaoud
出身モロッコ・ラバト
生年月日1935年8月2日

主な出演作品

1981年『勝利への脱出』Victory 1998年『RONIN』
2000年『英雄の条件』Rules of Engagement 2001年『スパイゲーム』Spy Game

Sponsored Links

『恐怖の報酬』ラストの結末が気になる!

日本では、アメリカ公開版が収録されたビデオが発売されています。

高額ですが、購入も可能です。

『ネタバレ』が嫌な方は、飛ばしてください。

『短縮版』のラストは、ドミンゲスが生き残って終る『ハッピーエンド』で終わる『エンディング』でした。

無事に生還して一安心するドミンゲス。

しかし、追われる身のドミンゲスに安息はなかった。

ドミンゲスを追うマフィアの刺客が『ポルベニール』で待っていた・・・

本来の『エンディング』は『バッドエンド』を予感させて終わります。

ドミンゲスはその後・・・生きていたのか、それとも・・・そんな事を想像させますね。

この描写がカットされているために『エンディング』は、全く異なったものになっています。

Sponsored Links

まとめ

映画『恐怖の報酬』『オリジナル完全版』を、まとめてみました。

日本公開から40年以上『スターウォーズ』の陰に隠れてしまった作品。

『4Kデジタル・リマスター』鮮明な画像で、あのときが蘇ります。

『オリジナル完全版』失われた描写が、鑑賞できます。

配給は『コピアポア・フィルム』です。http://copiapoafilm.com/

2018年11月24日(土)『シネマート新宿』『ヒューマントラストシネマ有楽町』ほか、全国順次ロードショーです!

映画館シネマート新宿
住所東京都新宿区新宿3丁目13番3号
新宿文化ビル6F・7F
TEL03-5369-2831
アクセス東京メトロ 丸ノ内線・副都心線 都営新宿線
『新宿三丁目駅』B2出口より徒歩1分
映画館ヒューマントラストシネマ有楽町
住所東京都千代田区有楽町2-7-1
有楽町イトシア・イトシアプラザ4F
TEL03-6259-8608
アクセスJR山手線『有楽町駅』中央口 徒歩1分
有楽町線『有楽町駅』D7-b出口 徒歩1分
銀座線・日比谷線・丸ノ内線『銀座駅』C-9出口 徒歩2分

あなただけの『映画』探してみてはどうですか!

読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)