ミッション:インポッシブル7のネタバレやあらすじ!キャスト予想や日本公開日など

今回紹介させて頂く作品は大人気シリーズ最新作「ミッション:インポッシブル7」についてご紹介させて頂きます。

今作は1966年から開始したアメリカの人気テレビドラマシリーズ「スパイ大作戦」を新しく映画化したものであり1996年から公開された1作目から現在も続いており回を重ねるごとに大ヒットとなっている作品です。

主人公であるイーサン・ハントの力強いアクションシーンやハラハラするようなシーンが大人気で続編を楽しみに待っているファンもたくさんいます。

そんな今作の最新作がどのような映画になっているかご紹介させて頂きます。

Sponsored Links

「ミッション:インポッシブル7」ってどんな映画?あらすじやネタバレ!

まずは前作のあらすじやネタバレから簡単にご紹介させて頂きます。

何者かが複数の巨大な放射性物質、プルトニウムを強奪する事件が発生し世界各地の三都市を標的に同時核爆発を企んでいるとの情報が入る。

イーサン・ハントと秘密組織IMFのチームは、同時核爆発を未然に阻止するミッションを命じられる。

タイムリミットは72時間、手がかりが少ない正体不明の敵追うことに苦戦しながらも刻一刻と時間が迫る中イーサンやIMFの前に現れたCIAの敏腕エージェントウォーカーとの対決。

限られた残り時間で次々と降りかかる困難を乗り越え果たして彼らは世界の絶体絶命の危機を救えるのか。

簡単なあらすじをご紹介させて頂きました。

今回の司令の内容は盗まれた核爆弾の材料である3つのプルトニウムを回収することです。

このプルトニウムを盗んだ”アポストル”というテロ組織であり前回の敵であったテロ組織”シンジゲート”の残党達が新たに結成した組織です。

盗まれたプルトニウムを今はマフィアが持っているとのことでありイーサンは仲間のベンジーとルーサーと共にマフィアとの取引に向かいます。

しかし取引の最中謎の集団に襲われマフィア達は全員殺害されてしまいプルトニウムは3つとも強奪されてしまいます。

イーサン達はプルトニウムから爆弾を製造した科学者を拘束し科学者の機密情報のパスコードを入手します。

パスコードを入力し機密情報を見ると謎のテロリストである”ラーク”と闇売買の仲介人の”ホワイト・ウィドウ”という女性がパリのクラブでプルトニウムの取引を行うという情報を手に入れます。

CIAの飛行機を借りてパリに向かおうとしますがCIA長官はイーサンがプルトニウムを奪われたことによく思っておらずCIAエージェントであるウォーカーという男を監視役で同行させるようにイーサンに言います。

イーサンとウォーカーはパリのクラブに潜入し、テロリスト”ラーク”を眠らせ”ラーク”に変装し”ホワイト・ウィドウ”に接触する作戦を立てます。

“ラーク”を眠らせるはずでしたがウォーカーのミスにより”ラーク”らしき人物に勘付かれてしまいイーサンが打たれる間一髪のところで司令で潜入捜査をしていたイギリス諜報機関MI6のエージェント”イルサ”(前作に登場)が現れ”ラーク”を撃ち殺してしまいます。

変装することができなくなってしまったイーサンは変装なしで”ラーク”の振りをして”ホワイト・ウィドウ”との取引に向かいます。

“ホワイト・ウィドウ”と接触するもたくさんの殺し屋に狙われ”ホワイト・ウィドウ”の屋敷まで護衛したイーサンは”ホワイト・ウィドウ”からテロ組織「シンジゲート」のボスである”レーン”を引き渡すことをプルトニウムの交換条件として出されます。

“レーン”が移送されてくる日にイーサンは”レーン”の乗った護送車を川に落としベンジーとルーサーがボートで”レーン”を回収しました。

しかしMI6の司令により”レーン”を殺そうするイルサに襲撃されイルサを巻き警察にばれないように”レーン”に埋め込まれた発信機を取り外し別の発信機を埋め込み”レーン”を確保することに成功します。

“ホワイト・ウィドウ”とのプルトニウム取引に”レーン”に変装したベンジーを連れて行きプルトニウムを回収し”レーン”も渡さない作戦で取引に向かいます。

ウォーカーと拘束状態の”レーン”以外は全員取引に向かい全員が秘密基地から出ることを確認したウォーカーは拘束されている”レーン”を逃がそうとするも先にウォーカーの正体こそが謎のテロリスト”ラーク”だと気付いていたイーサンは変装したベンジーをウォーカーの元に置いていました。

さらに先に準備していたビデオ通話ですべての会話をCIA長官も聞いていたためウォーカーの裏切りがバレウォーカーは拘束されます。

CIA長官は他にも裏切り者がいると秘密基地に特殊部隊を送り込みイーサン達全員を確保しようとしますが送り込んだ部隊の中に裏切り者がいたため銃撃戦が始まりそれに便乗した”レーン”とウォーカーに逃げられIMF長官が殺されてしまいます。

“レーン”の首の発信機の信号を追ってイーサン達はカシミールへと向かいます。

“レーン”は核爆弾を爆発させインドの水源となっている川を放射能汚染させることで世界人口を減らそうと考えていました。

カシミールにある医療キャンプで爆弾の場所を探すためイーサン達は手分けして探している時イーサンの元妻であるジュリアと遭遇します。

ジュリアは新しい夫である医師と医療キャンプでボランティアのため訪れており”レーン”がこの場所で爆弾を爆発さる理由の1つにイーサンの大切なものを奪うという目的もありました。

爆弾を解除するためには”ホワイト・ウィドウ”との取引の際に手に入れた1つのプルトニウムと残る2つのプルトニウムを使った2つの爆弾のコードを同時に切り、起爆スイッチをオフにする必要があります。

1つめの爆弾を医療キャンプ内で見つけたルーサーは爆弾の解除に取り掛かり2つめの爆弾を小屋の中でイルサが見つけますが”レーン”が現れ拘束されてしまいますが、そこへベンジーがかけつけ”レーン”と対決しベンジーの危機に拘束をほどいたイルサが”レーン”を倒しベンジーを救います。

残る起爆スイッチはウォーカーが持ちヘリで飛び立ってしまいますがイーサンは他のヘリを乗っ取りウォーカーの乗っているヘリにぶつけ両機墜落させウォーカーとイーサンとの一対一の対決となり残り時間わずかのとこで起爆スイッチをオフにすることに成功します。

苦戦しながらもまたミッションを遂行することに成功し世界を救いました。

今作での情報はまだ明らかにされていないものの主演であるトム・クルーズさんは製作前からすでに今作の構想が思い浮かんでいると語っていました。

Sponsored Links

「ミッション:インポッシブル7」の見所とは?

前作である昨年公開された「ミッション:インポッシブル・フォールアウト」はシリーズ全6作中で最高となる世界興行収入7億9000万ドルの大ヒットを記録しており批評家からも絶賛の嵐でありシリーズ史上No.1と言われるほどの作品でした。

また前作の6作目と5作目の2作連続で監督を務めたクリストファー・マッカリーさんが今作でも脚本・監督を続投することが正式に決まりシリーズ前3作で製作総指揮を手がけた米スカイダンス・プロダクションCEOのデビッド・エリソンさんが再びプロデュースに努めることも明らかになりました。

トム・クルーズさんと何度も仕事を共にしているクリストファー・マッカリーさんインタビューにて「トムはすでに大きなアイディアを出していて世界一のスゴいものを考えている。」とのこと。

次回作の舞台が宇宙になるのでは?という噂について直撃したところ「それは完全にスペースXとNASA次第なんだ。彼らの協力が必要になるだろうから。あとはパラマウント・ピクチャーズがどのくらいこの作品に投資したいのかにもよる」と語っておりもしこの件が良い方向に向かうとなるとシリーズで初めての宇宙規模のミッションになると考えられます!

シリーズ7作目にもなると今までの作品よりも壮大でスリル溢れる危険なミッションでのアクションも挑戦していこうという製作陣の意気込みも感じられますね!

Sponsored Links

「ミッション:インポッシブル7」のキャストは?

今作シリーズの主要キャストをご紹介させて頂きます。

トム・クルーズ

名前トム・クルーズ
出身アメリカ
生年月日1962年7月3日(56歳)

「トップガン」や「宇宙戦争」など数々の名作に出演されている有名な俳優さんです。

アクションシーンなどにワイヤーや命綱などを使わずに挑む演技でも有名で前作の「ミッションインポッシブル・フォールアウト」でもビルとビルを飛び越える際に自力で演出し足の骨を折ったことでも有名です。

今作では主人公イーサン・ハント役として出演しています。

サイモン・ペグ

View this post on Instagram

Simon Pegg returns as Benji Dunn in #MissionImpossible Rogue Nation.

Mission: Impossibleさん(@missionimpossible)がシェアした投稿 –

名前 サイモン・ペグ
出身イギリス
生年月日 1970年2月14日 (年齢 49歳)

イギリスのコメディアン・俳優・脚本家として有名な方で「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」や「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」などコメディー作品を中心に出演されていますが、「スタートレック」や「スターウォーズ」シリーズにも出演しており幅広いジャンルで活躍しています。

今作のシリーズではイーサンの友人でありチームメイトのベンジー役として出演しています。

ヴィング・レイムス

View this post on Instagram

Ving Rhames is back as Luther Stickell in #MissionImpossible Rogue Nation.

Mission: Impossibleさん(@missionimpossible)がシェアした投稿 –

名前 ヴィング・レイムス
出身アメリカ
生年月日 1959年5月12日 (年齢 59歳)

アメリカの俳優さんでたくさんの作品に出演しています。

代表作品は「パルプ・フィクション」や「コン・エアー」などの作品に出演されています。

今作のシリーズではイーサンの友人でありチームメイトのルーサー役として出演しています。

レベッカ・ファーガソン

名前 レベッカ・ファーガソン
出身スウェーデン
生年月日 1983年10月19日 (年齢 35歳)

スウェーデン出身の女優さんで2013年にはTVドラマ「The White Queen」で主演を務めゴールデングローブ賞のテレビ映画演技賞の主演女優賞にノミネートされました。

また大ヒット作品「グレイテスト・ショーマン」では”スウェーデンのナイチンゲール”と呼ばれる歌手を演じ華麗な歌唱力を披露しています。

今作のシリーズでは前々作や前作でも登場したIMFのエージェントのイルサ役として出演しています。

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたでしょうか。

回を追う事にド派手なアクションで人気シリーズの続編である今作のミッションも見逃せません!

今回ご紹介させていただきました「ミッション:インポッシブル7」は7作目を2021年7月23日に、そしてその続編の8作目を2022年8月5日に全米公開すると公式が発表しました。

日本公開日は未定となってます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)