31日間無料トライアル実施中!


『ザ・メグ』(映画)ネタバレやあらすじは?キャストやメガロドンとステイサムの結末も

巨大なサメとの戦いが描かれる映画『ザ・メグ』が2018年9月に劇場公開されます。

主演は、肉体派俳優として名高いジェイソン・ステイサムです。

アクションを得意とするジェイソン・ステイサム対サメということで、どんな作品となっているのか非常に気になりますね。

今回は映画『ザ・メグ』のあらすじやキャストについて紹介していこうと思います。

Sponsored Links

『ザ・メグ』はどんな映画?

監督はボブスレーを題材にしたコメディ映画『クール・ランニング』で有名なジョン・タートルトーブ監督。

脚本は2012年公開の映画『アメイジング・スパイダーマン』で脚本を務めたジェームズ・ヴァンダービルトです。

原作は1997年に出版されたスティーブ・アルトン著のSF小説『Meg: A Novel of Deep Terror』です。

角川書店から邦訳版が発売されているため、映画公開前や公開後にチェックすると、より楽しめるのではないかと思います。

Sponsored Links

『ザ・メグ』のあらすじは?

あらすじについてはまだ紹介されていません。

トレーラーを見てみると、海中に施設のような建物があり、その施設が巨大なサメやイカに襲われてる様子が描かれています。

その後には海水浴場や船を襲う姿もあり、ジャンルとしてはパニック映画といえるのではないかと思います。

『ザ・メグ』というタイトルは、最大で約20メートルもの大きさを持つ太古の巨大サメ、メガロドンからきているそうです。

ジェイソン・ステイサム演じるジョナス・テイラーは古生物学者であり、メガロドンの歯と思われる化石が発見されたことから、現在もまだ生きているのではないかと疑います。

そんなある日にメガロドンと出会い、戦うことになるようです。

ジェイソン・ステイサム対メガロドンの結末はどうなるのでしょうか。

気になるところですね。

タイトルにもなっているメガロドンとは?

メガロドンとは150万年ほど前に存在していた巨大なサメです。

その時代は現在と比べると海が暖かく、多くの大型哺乳類が存在していたそうです。

そんな中でもメガロドンの大きさは、10~20メートルにも及ぶと言われています。

マンションの高さに例えると、約6階分に相当します。

想像しただけでゾッとするような大きさですね。

動画を見ていただいてもわかるようにホホジロザメに近いとされているようで、ジョーズのモデルとなった種類です。

あれだけでも既に獰猛なのにそれの倍くらいの大きさ。

しっぽだけで小型ボートなら吹き飛びそうですね。

人間はひとたまりもないでしょうね。

鯨ともまともに戦えそう・・・。

200万年前に絶滅したとされているそうですが、映画ではこれを復活させたという流れになることでしょう。

ジュラシックパークのように琥珀に含まれる蚊から遺伝子をとったのかな?

海の中なので、歯の化石とか?

どっちにしてもそんな空想に近い動物とステイサムが闘うのは見ものです。

サメが登場する映画は他にどんな作品がある?

サメが登場する映画は数多く存在しますが、なんといっても1番有名なのはスティーヴン・スピルバーグが監督作品『ジョーズ』だと思います。

1975年に映画化され、1978年には『ジョーズ2』、1983年には『ジョーズ3』、1987年には『ジョーズ’87 復讐篇』と続編も作られています。

『ジョーズ』ではホオジロザメと人との戦いが描かれています。

『ジョーズ』に登場するホオジロザメは約8メートルの大きさであるため、『ザ・メグ』で登場するメガロドンはその約2倍もの大きさです。

ですので、より迫力を感じられるような作品になっているのではないかと思います。

Sponsored Links

『ザ・メグ』のキャストは?

ジェイソン・ステイサム(ジョナス・テイラー役)

1967年生まれ、イギリス出身の俳優さんです。

過去に水泳の飛び込み選手として活躍していたこともあり、肉体派でアクションが非常に映えます。

代表作と言われている『トランスポーター』でも、キレのあるアクションを披露しています。

リー・ビンビン(スーイン・ザン役)

1973年生まれ、中国出身の女優さんです。

メインとしているのは中国や香港の映画ですが、『バイオハザードV リトリビューション』や『トランスフォーマー/ロストエイジ』などにも出演されており、注目の女優さんです。

目鼻立ちがくっきりとしており、その美貌でも話題になっています。

ルビー・ローズ(ジャックス・ハード役)

View this post on Instagram

Leo highlights

A post shared by Ruby Rose (@rubyrose) on

1986年生まれ、オーストラリア出身でモデルやアーティストとして活躍されています。

2008年に映画『Fleur』で女優としての活動を始め、2015年にNetflixで公開されたテレビドラマ『Orange is the New Black』に出演し、話題になりました。

また、2014年には自らがプロデューサーを務めたショートフィルム作品『Break Free』が注目され、有名になりました。

ウィンストン・チャオ(ドクター・ミンウェイ・ザン役)

1960年生まれ、台湾の俳優さんです。

元々はフライトアテンダントをされていましたが、1993年に俳優に転身。

中国版『孤独のグルメ』で主人公を演じており、日本でも話題となっています。

アメリカでは既に大ヒット?

米ウェブサイト「Box Office Mojo」によると、8月10日に公開された海洋パニック映画『MEG ザ・モンスター』(日本9月7日公開)の北米週末興行収入が、4540万ドル(約50億円)を突破し、初登場首位となった。同作に続き2位になったのは、前週トップだった『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(公開中)で、興収は1935万ドル。3位はディズニーの『プーと大人になった僕』(日本9月14日公開) の1290万ドルと、超大作を相手に大奮闘。
引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/15185316/

まあジェイソンステイサムが出演する映画は結構はずれがないですよね!

完璧なアクションとイケメン、かっこいいしかない。

Sponsored Links

まとめ

今回は『ザ・メグ』を紹介しました。

映画のジャンルの1つとして人気のある、サメのパニック映画が公開ということで、要チェックですね。

アクションを得意とするジェイソン・ステイサムが主演ですので、アクションにも注目です。

映画『ザ・メグ』は2018年9月に公開予定です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

Sponsored Links
Sponsored Links


SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)