『マイティソー バトルロイヤル』ネタバレやあらすじは?キャスト紹介も

映画『マイティソー』シリーズというと主人公のムキムキマッチョ、クリスヘムズワースさんが最高ですよね。

イケメンですし、ひげもダンディ、まさにヒーローと言っても良いです。

ロキ役のトムヒドルストンもイケメンで劇中では兄弟げんかをしているところばっかりですけどね。

そんなマイティーソーシリーズの第3弾『マイティソー バトルロイヤル』が公開されます。

そこで『マイティソー バトルロイヤル』のネタバレやあらすじ、キャストについても紹介していきたいと思います。
 

Sponsored Links

『マイティソー バトルロイヤル』ってどんな映画?ネタバレ・あらすじ

『マイティソー バトルロイヤル』は『アベンジャーズ エイジオブウルトロン』のあとのシリーズになります。

アメコミのヒーローはいろんな作品に参加しているためちょっとごちゃごちゃするかもしれませんが、『マイティソー バトルロイヤル』はソーが主演で繰り広げられる映画です。

マイティーソー(2011年)

マイティーソー ダークワールド(2013年)

の第3作目になります。

ネタバレ・あらすじ

平和となった地球を確認した後、ソーは故郷アスガルドへ戻りましたが、やはり問題児のロキが大事件を起こしています。

というのは今回新しいキャラとして追加された「ヘラ」を解き放ってしまったようです。

ヘラというのは”死の女神”といわれており美しいが非情なことを当たり前のようにやってしまう人物です。

長い間、囚われていたのはそのためである。

強大な力を持っているためだ。

そんなヘラはソーの有名な武器「ムジョルニア」(電撃のかなづち)を破壊してしまいます。

長きにわたって捕えたソーたちの復讐の鬼と化してしまいます。

アスガルドを守るためソーはロキとハルク、女戦士のヴァルキリーでチームを組んでバトルに臨みます

しかしヘラの復讐はソーの運命に関わっている重要な秘密と絡んでいたようです。

どんな秘密なのか?もしかしたらお母さんなの?姉?非常に気になりますよね。

Sponsored Links

『マイティソー バトルロイヤル』のキャストは?

今回は新しいキャラクターが2人加わっていますね。

それは「ヘラ」と「ヴァルキリー」ですね。

管理人はスマホゲーム「パズドラ」をよくするのですが、どちらともキャラクターにいるので妙に親近感がわきました。

既存のキャラを含め主要キャストをご紹介します。

クリス ヘムズワース(ソー役)

以前から同様の主人公「ソー」役はクリスさんですね。

オーストラリアのメルボルン出身のイケメン俳優さんです

1983年8月11日生まれの現在34歳です。

管理人と近い年齢でこんなにも差がついてしまいますか。

身長は191cmと非常に高く、筋肉もムキムキなためソー役には適していると思います。

2010年にはスペインの女優・エルサパタスキーさんと結婚されています。

公私共に順調ですね。

非常に美人な方ですので写真を載せておきます。

映画デビュー作は2009年『スタートレック』がデビュー作品となり、話題になりましたね。

その後の出演作品も以下に記載しておきます。

<映画>

  • スター・トレック:ジョージ・カーク役 2009年
  • パーフェクト・ゲッタウェイ:ケイル 2009年
  • マイティ・ソー:ソー役 2011年
  • キャビン:カート・ヴォーン役 2012年
  • アベンジャーズ:ソー役 2012年
  • スノーホワイト:エリック役 2012年
  • レッド・ドーン:ジェド・エッカート役 2012年
  • スター・トレック イントゥ・ダークネス:ジョージ・カーク役 2013年
  • ラッシュ/プライドと友情:ジェームス・ハント 2013年
  • マイティ・ソー/ダーク・ワールド:ソー 2013年
  • ブラックハット:ニック・ハサウェイ 2015年
  • アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン:ソー役 2015年
  • 白鯨との闘い:オーウェン・チェイス役 2015年
  • スノーホワイト/氷の王国:エリック 2016年
  • ゴーストバスターズ:ケヴィン 2016年
  • ドクター・ストレンジ:ソー役 2016年
  • マイティ・ソー バトルロイヤル:ソー役 2017年
  • アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー:ソー役 2018年

管理人としてはラッシュ/プライドと友情がめっちゃよかったイメージがあります。

トムヒドルストン(ロキ役)

英国紳士漂うトムさんですが、1981年生まれの現在36歳で出身はイギリスになります

父親はスコットランド人、母親はイングランド出身の子供として生まれました。

母親が舞台マネージャーをしていたことから演劇への興味は小さいときからあったようです。

ケンブリッジ大学を優秀で卒業するなど学歴もたかいですね。

Look who I found in Beijing. #thorragnarok

Tom Hiddlestonさん(@twhiddleston)がシェアした投稿 –

ソーシリーズにはオーディションで参加していたがクリスと大体身長も同じで演技力の高かったトムは監督の目に留まり「ロキ役を任せる」といわれたそうですね。

<映画>

  • マイティーソー:ロキ役 2011年
  • ミッドナイト・イン・パリ:スコット役 2011年
  • 戦火の馬:ニコルズ大尉 2011年
  • アベンジャーズ:ロキ役 2012年
  • マイティーソー・ダークワールド:ロキ役 2013年
  • クリムゾンピーク:トーマス役 2015年
  • マイティーソーバトルロワイヤル:ロキ役 2017年

ケイトブランシェット(ヘラ役)

1969年生まれのオーストラリア出身で現在48歳です。

メルボルンで生まれており、クリスさんも同じメルボルンだったかと思います。

アメリカの広告会社の重役の父親とオーストラリア出身の母親との間に生まれました。

メルボルン大学を中退し、オーストラリア国立演劇学院で演劇を学んでいました。

1992年に卒業し、舞台女優からキャリアをはじめています。

有名なのはやはり1998年『エリザベス』でエリザベス1世を演じ、ゴールデングラブ賞主演女優賞を受賞されていることでしょうか。

これにより一気にブレイクしました。

他にも『ロードオブザリング』や『アビエイター』などにも出演している。

❤️

Cate Blanchettさん(@cateblanchett)がシェアした投稿 –

48歳には見えない美しさを持っていますね。

おもわずうっとりします。

テッサ トンプソン(ヴァルキリー役)

1983年生まれのアメリカ出身の現在34歳です。

まだ20代と思っていたのでびっくりしますね。

女優をしつつ、ミュージシャンとしての顔も持っています。

テレビドラマ『ヴェロニカマーズ』に出演すると話題となってブレイクを果たしています。

大学在学中の2002年に舞台『テンペスト』に出演している。

これがデビュー作となります。

<映画>

  • ストレンジャーコール:スカーレット訳 2006年
  • グローリー 明日への行進:ダイアン訳 2014年
  • クリード チャンプを継ぐ男:ビアンカ役 2015年
Sponsored Links

『マイティソー バトルロイヤル』予告動画の曲は?主題歌なの?

『マイティソー バトルロイヤル』はすでに予告動画がYoutubeにアップされております。

いやーカッコイイですね。

ソーもかっこいいけど、ヘラの雰囲気も非常に悪そうな感じで演技も光っています。

ケイトには全く見えません。

そこで気になったのはこの曲ですよね。

重厚感のあるベースが聞いた曲ですが、誰の曲なのでしょうか?

この曲はレッドツェッペリンの「移民の歌」となるようです。

1970年のアルバムに収録されている曲になります。

 

かっこいいのでぜひ聞いてみてはどうでしょうか?

非常に有名なグループです。

Sponsored Links

まとめ

今回は2017年11月3日に公開される『マイティソー バトルロイヤル』についてまとめてみました。

内容は非常に面白そうな話でとくにヘラの活躍とソーとの戦いのアクションも見ものだとおもいます。

新しいキャラクターのヘラとヴァルキリーに目が離せませんね。

ロキの悪がきっぷりもちゃんと見てあげましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
 

SNSで共有しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)